エンジニア転職のきっかけは教職現場|ITで解決するため未経験からの挑戦


エンジニア転職のきっかけは教職現場|ITで解決するため未経験からの挑戦

今回は、CodeCampGATEの受講後に、転職でスキルアップに成功した坂本さんにインタビューをしました!

坂本さんはもともと小学校の教員をしていましたが、未経験からIT業界へ転職。さらにスキルアップを目指してCodeCampGATEの受講を決意したそうです。

インタビューでは、学習中に印象に残ったことや転職活動など、貴重な話を伺いました。スキルアップのためにCodeCampGATEを受講するか迷っている方は、ぜひ記事を最後まで読んでみてください。

※坂本さんが受講したCodeCampGATEは4ヶ月で未経験からエンジニア転職を目指すコースです。このコースは

・現役エンジニア講師とチーム開発演習ができる
・学習メンターが学習継続や自走をサポート
・キャリアコンサルタントが自己分析から書類添削、面接対策までフォロー

コース詳細はこちらから!▶︎https://codecamp.jp/gate

目次
  1. 坂本さんの経歴:小学校の教員からIT業界へチャレンジ##
  2. CodeCampGATEの決め手は「現役エンジニア講師のマンツーマンレッスン」##
  3. CodeCampGATEは独学では経験できない発見があった##
  4. CodeCampGATEのおかげで納得して転職先を決められた##
  5. 目標は「お客様の問題をITで解決できるエンジニア」##

坂本さんの経歴:小学校の教員からIT業界へチャレンジ

――まずは坂本さんの経歴を教えてください。

大学を卒業後、小学校の教員として5年間勤務していました。その後IT業界に転職し、2年間エンジニアをしています。働きながらCodeCampGATEで学習をして、次の転職先が決まったところです。

――もともとは小学校の先生だったんですね!なぜIT業界に転職を?

教員は業務量が多いという課題を「ITで解決できるのでは?」と思ったのが転職のきっかけですね。教員はテストの作成や採点、保護者対応など、授業以外の事務作業にも多くの時間を費やしているんです。

IT業界のことは詳しく調べていませんでしたが、未知の領域に挑戦したいと思って、転職を決意しました。

――なるほど。現在はエンジニアですが、どのような業務をしていますか?

自社製品のサービスエンジニアとインフラエンジニアを半分ずつといった感じです。製品に関する問い合わせの対応、不具合が見つかったときの調査を担当しています。構築をするためにお客様のところへ行くこともありますね。

CodeCampGATEの決め手は「現役エンジニア講師のマンツーマンレッスン」

――CodeCampGATEでの学習を始めたきっかけを教えてください。

きっかけは自分で作品やサービスを1から作りたいと思ったことです。現職ではすでに作られたもののサポートをする業務なので、転職するためにスキルを磨こうと決意しました。

――数あるプログラミングスクールのなかでCodeCampGATEに決めた理由は何ですか?

実践開発ができることに魅力を感じたのが決め手です。「現役のエンジニア講師とマンツーマンで学べる」というところにも惹かれましたね。

複数のプログラミングスクールの情報収集をしましたが、CodeCampGATEが1番実践に近いことが学べそうだと感じました。

CodeCampGATEは独学では経験できない発見があった

――実際にCodeCampGATEで4ヶ月間学習してみて、いかがでしたか?

仕事と学習の両立が大変でした。特に前半の2ヶ月はきつかったですね。 でも後半の2ヶ月間は楽しさが勝って、ECサイトを自分で作れるようになったときは今までの努力が報われたと思えましたね。

――よかったです!学習の前半と後半で気持ちが変化した理由は何でしょうか?

学習のペースに慣れたのもありますが、メンターの亀﨑先生からマンツーマンで指導を受けられたのが理由です。

ただ答えを教えるだけでなく「なぜこうなっているのか」まで説明してくれるので、理解が深まりました。実際の現場でのやり方など、教科書以外のアドバイスをもらえたのもありがたかったです。

――現役エンジニア講師だからこそですね。その他に印象に残っていることはありますか?

学習期間の中盤で開催された成果発表会が印象に残っています。機能をたくさん追加して、自分としては自信を持って参加したんです。

でも他の人の発表を見ていると自分には思いつかない機能やデザインがあって、勉強になりました。他の人の作品を見る機会は独学では経験できないので、おもしろかったですね。

CodeCampGATEのおかげで納得して転職先を決められた

――坂本さんの転職活動の話を聞かせてください。CodeCampGATEが役に立ったことはありますか?

職務経歴書の添削です。自分では整理できなかったところを指摘してもらえたので、役に立ちました。転職は1回経験していますが、前回自分だけで書いた職務経歴書よりもブラッシュアップされましたね。

――お役に立てて嬉しいです。転職活動はどのように進めましたか?

求人サイトに自分で応募と、CodeCampGATEのエージェントに企業を紹介してもらいました。CodeCampGATEのエージェントはたくさんの企業を紹介してくれましたし、対応も丁寧でよかったです。

最終的に2社から内定をもらったのですが、引っかかっているポイントも含めてサポートいただけたので助かりました。

――具体的にはどのようなサポートがありましたか?

もっと知りたい部分を私に代わって企業へ質問をしてくれたり、詳しく話を聞くための面談を設けたりしてくれました。CodeCampGATEのエージェントのサポートのおかげで、納得して転職先を決められましたね。

――ありがとうございます!転職先ではどのような仕事をする予定ですか?

Webシステムの開発に携わる予定です。SESとして現場に2年間ほど現場に派遣されて、その後はSESを継続するか自社開発か選べます。

――転職先の決め手があれば教えてください!

2つあって、1つめは必ず開発に携われることです。もともと開発がしたくてCodeCampGATEを受講したので、外せない条件でした。

2つめは、ベテランエンジニアが研修メンターを担当してくれることです。技術的にひっかかるところや、疑問点を解消できる環境で働けることに魅力を感じました。

――働きやすさは大事ですよね。坂本さんのどのようなところが評価されたと思いますか?

今までの経験と、CodeCampGATEでの学習が評価されたようです。そのおかげで予想よりも高い年収を提示していただけました。期待に応えられるように努力していきたいです。

――坂本さんのご活躍を応援しています!

Webサイト担当者としてのスキルが身に付く

CodeCampの無料体験はこちら

目標は「お客様の問題をITで解決できるエンジニア」

――坂本さんの将来像を教えてください。

自分で作品やサービスを1から作れるようになりたいです。もちろん自己満足で作るだけではなく、お客様の問題をITで解決できるエンジニアが目標ですね。そのために技術はもちろん、お客様の潜在的なニーズを把握する能力も磨いていきたいと思います。

――素晴らしいですね。最後に、今後のCodeCampGATE受講生へメッセージをお願いします。

プログラミングの勉強は大変ですが、ちょっとしたことでも「できた」という感動を大事にしてください。小さくてもいいので達成感を積み重ねると、楽しく学習ができるはずです。やってみたいと思った気持ちを忘れずに、継続して頑張ってもらいたいですね。

――貴重なお話をありがとうございました!


関連記事

CodeCampus編集部
この記事を書いた人
CodeCampus編集部
\ 無料体験開催中!/自分のペースで確実に習得!
オンライン・プログラミングレッスンNo.1のCodeCamp