CryptoGamesがAstar Network上でDappsサービスの公開へ


CryptoGamesがAstar Network上でDappsサービスの公開へ

2022年1月17日に公開されて、現在は海外取引所に上場していて大きな注目を浴びているAstar Network。

イーサリアムと互換性があることや、ステーキングすることで利益を得られる仕組みなど、利便性に優れた機能が魅力のブロックチェーンです。

今回は、CryptoGames社がAstar Networkとパートナー契約を結び、共同でDappsサービスを公開することについて解説します。

この記事を読むことで、Astar NetworkやDappsの特徴について理解できるので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね!

目次
  1. CryptoGames社とAstar Networkがパートナー契約
  2. Dappsはブロックチェーン上のアプリケーション
  3. Astar NetworkはDapps開発と相性がよい
  4. 中央集権型のアプリから分散型のアプリへ

CryptoGames社とAstar Networkがパートナー契約

CryptoGames社とAstar Networkがパートナー契約 ブロックチェーンゲームの開発やNFTマーケットの運営を行っているCryptoGames社が、日本発のパブリックブロックチェーンであるAstar Networkとパートナー契約を結びました。

Astar Networkによるプロジェクトへの支援と、CryptoGames社のアプリ開発経験を活かして今年の春にDappsサービスの公開が予定されています。

Astar Networkには、dApp Stakingという開発者とトークン保持者に仮想通貨の報酬が配られる仕組みを採用しています。これから公開されるDappsを利用することで、収入が得られる可能性があります。

Dappsはブロックチェーン上のアプリケーション

Dappsとはブロックチェーン上で動くアプリのことで、従来のアプリとは下記のような違いがあります。

Dapps 従来のアプリ
管理者 ユーザー同士 開発会社や開発者
稼働時間 常に稼働 メンテナンス中は利用できない
透明性 誰でも確認できる 開発者が管理
契約の権限 スマートコントラクト 開発者
セキュリティ⠀⠀⠀⠀ 利用者同士で同じデータを管理するのでハッキングや改ざんがほぼ不可能。 開発者が管理。システムに穴があるとハッキングされる可能性がある。

上記のように、Dappsは従来のアプリに比べて透明性があり、セキュリティが高いという特徴があります。 CryptoGamesがAstar Network上でどのようなDappsサービスを作るのか楽しみですね!

Astar NetworkはDapps開発と相性がよい

Astar NetworkはDapps開発と相性がよい Astar Networkは、dAppStakingにより開発者が報酬を得られるシステムなので、持続的にアプリを作成できます。

ほかのブロックチェーンに比べてGas代(手数料)が安いのも魅力のひとつ。ガス代が安いとユーザーが仮想通貨を購入しやすくなるので、Dappsのユーザー獲得に影響します。

Astar Networkを使うことで、開発者とユーザーの双方にメリットがあるのです。今回CryptoGamesがリリースするアプリの反響によっては、Dappsの認知度アップも期待できます。

中央集権型のアプリから分散型のアプリへ

中央集権型のアプリから分散型のアプリへ CryptoGames社がAstar Network上にDappsを開発するように、今後はブロックチェーン上のアプリ開発がメジャーになっていくかもしれません。

アプリのほかにも、DAOとして運営されるコミュニティが増えてきたように、ブロックチェーン技術によってWeb3.0の時代が近づいているのを感じますね。

これからも、既存の仕組みがブロックチェーンによってどのように変わっていくのか要チェックです!


関連記事

だーだい
この記事を書いた人
だーだい
\ 無料体験開催中!/自分のペースで確実に習得!
オンライン・プログラミングレッスンNo.1のCodeCamp