ShopifyでNFTを作成・販売できるNFTeapotとは?特徴とメリットについて解説


ShopifyでNFTを作成・販売できるNFTeapotとは?特徴とメリットについて解説

世界NO.1のシェアを誇るECプラットフォームのShopify。国内だけでなく、海外向けにも製品を販売できるのが魅力です。

そんなShopifyに、NFTの作成から販売を簡単に行える「NFTeapot」というアプリが新しくリリースされました。

今回は、Shopifyでnftを作成・販売できるNFTeapotの特徴とメリットについて解説します。

Shopifyを使っているマーチャントの方や、自分でNFTを作って販売したいと考えている方は、ぜひチェックしてみてくださいね!

目次
  1. Shopify専用アプリ「NFTeapot」の特徴
  2. NFTeapotのメリット
  3. NFTを販売・購入するハードルがどんどん下がっている

Shopify専用アプリ「NFTeapot」の特徴

NFTeapotは、ブロックチェーン企業であるCurvegrid株式会社によって開発・リリースされたShopify専用のアプリケーション。アプリの導入からNFTを作成するまで無料で利用できるのが特徴です。

NFTeapotを使って販売しているNFTは、ユーザーがクレジットカードやShopifyペイメントを使って購入可能。NFTを購入する際に必要とされている仮想通貨を使わず購入できるのもNFTeapotの魅力です。

Shopifyは越境ECに対応しているので、NFTeapotを使ってNFTを作り、日本だけでなく世界に向けて自分のNFTを販売できます。

NFTeapotのメリット

NFTeapotを利用するメリットは下記の通りです。

  • ブロックチェーンの知識がなくてもNFTを作成・販売できる
  • クレジットカードやShopifyペイメントなど、仮想通貨を使わずNFTを購入できる
  • 自社商品のブランドと紐づけたNFTを手軽に販売できる

NFTeapotは、ブロックチェーンの知識がなくても販売・購入できます。世界最大手のNFTマーケットプレイスであるOpenSea(オープンシー)では、アカウント登録するために取引所や仮想通貨ウォレットを開設する必要があります。

NFTeapotでは、仮想通貨に関連する取引所やウォレットを使わずにNFT事業を始められるのです。

また、すでにShopifyで自社商品を販売している場合、自社ブランドを活かしたNFTを作って販売して売り上げの向上が見込めるのもメリットのひとつです。

NFTを販売・購入するハードルがどんどん下がっている

2022年2月にリリースされた楽天NFTでは、NFTをクレジットカードで購入できる仕組みを採用しており、仮想通貨を保有していない方でもNFTを購入できるプラットフォームとして注目されました。

今回のNFTeapotでは、Shopifyを使ってNFTの作成から販売での流れを簡単な操作で実行できます。 以前はブロックチェーンや仮想通貨に触れたことがある方が利用する領域だったNFTですが、どんどん利用の幅が広がってきていますね。

NFTの介入でどのようなサービスが生まれ、既存サービスの形を変えるのか今後も注目です!

PRTIMES


関連記事

だーだい
この記事を書いた人
だーだい
\ 無料体験開催中!/自分のペースで確実に習得!
オンライン・プログラミングレッスンNo.1のCodeCamp