初心者向け!WordPressの固定ページを作る簡単な方法



初心者向け!WordPressの固定ページを作る簡単な方法

WordPressは更新性のあるサイトを運営する際に便利なCMS(Webサイトのコンテンツを作成・管理できるシステム)ですが、古い投稿であればあるほどユーザーの目につきにくくなります。

企業サイトであれば会社紹介など、またブログであればプロフィールなどは、他の投稿に埋もれないようにしたいものです。そんなときに利用すべきなのが、固定ページという機能です。

とはいえ、固定ページと投稿の何が具体的に違うのかわからないかたもいらっしゃるかと思います。そこで今回は、WordPress初心者に向けて、固定ページの概念から制作・管理の方法までをまとめました。

目次
  1. 固定ページとは?
  2. 固定ページの作り方
  3. 固定ページ作成後の作業
  4. 固定ページをさらに便利にするプラグイン
  5. 順番を簡単に変えるなら:Intuitive Custom Post Order
  6. お問い合わせフォームを作るなら:Contact Form 7
  7. サイトマップを作るなら:PS Auto Sitemap
  8. レイアウトを変更したいなら:Page Builder by SiteOrigin
  9. まとめ

固定ページとは?

固定ページは、おもにコンテンツとは独立したページを作る際に使用します。会社紹介、自己紹介であったり、お問い合わせページなど、常に閲覧者がチェックできるようにしておきたい情報を記載するのに便利です。

投稿と大きく違うところは時系列で表示されない点、「カテゴリ」や「タグ」などの設定ができない点にあります。

固定ページの作り方

ここからは、実際に固定ページを作る画像を交えながら、固定ページの作り方を説明していきます。

ダッシュボードから「固定ページ>新規追加」とアクセスします。

image

「新規固定ページを追加」の画面になったところで、固定ページの内容を編集していきます。投稿と同じく、タイトルと本文に分かれています。

image

そして入力が完了したところで、画面の右にある「公開」ボタンをクリックすると、いま編集していた固定ページが公開されます。公開前にページのレイアウトなどを確認しておきたい場合は「プレビュー」から確認することができますよ。

image

これで固定ページの作成はおしまいです。やっていることは投稿とほぼ変わらないことがお分かりいただけましたでしょうか。

固定ページ作成後の作業

固定ページを作成したら、ちゃんと管理をしていくことが大切です。新規追加と同じくダッシュボードから「固定ページ>固定ページ一覧」にアクセスします。

すると、全ての固定ページを一覧で確認することができるので、修正をしたい場合はタイトルをクリックしましょう。

image

固定ページの表示順を変えたいときは、まず編集画面にアクセスします。そして、「ページ属性」欄にある「順序」の値を編集して、表示順を変更していきましょう。

image

何も操作していない状態であれば「0」が値として入っていますが、ここに数値を入れることで数字が小さい順に固定ページのリンクが表示されます。1、2、3…と入力してそれぞれの順番を管理しましょう。

固定ページをさらに便利にするプラグイン

image

ここからは発展編として、固定ページをさらに便利に変えるプラグインを紹介していきます。

*注意:WordPressのプラグインをインストールやアップデートする際に、不具合が発生することがあります。確率はごくまれですが、念のためWordPressのバックアップを取得する、もしくはローカル環境でのテストを行いましょう。

順番を簡単に変えるなら:Intuitive Custom Post Order

image 先ほどは、数値を入力して固定ページの順番を変更する方法をご紹介しましたが、より簡単に操作したいのであればプラグインを導入することをおすすめします。

この「Intuitive Custom Post Order」があれば、ドラッグアンドドロップで簡単に順番を並び替えることができるのです。設定も簡単なので、ぜひ導入してみてはいかがでしょうか。

Intuitive Custom Post Order

お問い合わせフォームを作るなら:Contact Form 7

image 自分のサイトにお問い合わせなどのフォームを作りたいのであれば、固定ページに設置することをおすすめします。その際は、Contact Form 7を使うと簡単に機能的なフォームを作ることができますよ。

読者との思わぬ交流や依頼が入ることもあるので、ぜひお問い合わせフォームは作っておきたいですね。

Contact Form 7

サイトマップを作るなら:PS Auto Sitemap

image SEOという観点でも大切なサイトマップ。サイトの内容を一覧で確認することができるサイトマップを作りたいのであれば、固定ページで「PS Auto Sitemap」を使って作成しましょう。

サイトマップというと難しい印象を受けるかたもいらっしゃるかもしれません。ただ、こちらのプラグインであれば自動でサイトマップを生成してくれるので、心配はご無用です。

PS Auto Sitemap

レイアウトを変更したいなら:Page Builder by SiteOrigin

image 固定ページのレイアウトを変更したいのであれば、一度「Page Builder by SiteOrigin」を試してみることをおすすめします。アイデア次第で様々な固定ページのレイアウトを実現できますよ。

このプラグインは、固定ページに好きなウィジェットを設置することができ、かつレイアウトも好きなものにできます。デフォルトでレスポンシブデザインなのもうれしいところですね。

Page Builder by SiteOrigin

まとめ

WordPressの固定ページについて、基本的な知識をご紹介しました。かなり簡単にコンテンツを管理できることがお分かりいただけたかと思います。投稿ページだけではなく、固定ページも活用していくことでその表現の幅はさらに広がりますよ。

関連記事

黒田剛司
この記事を書いた人
黒田剛司
\無料体験開催中!/自分のペースで確実に習得!
オンライン・プログラミングレッスンNo.1のCodeCamp