IoT だけじゃない!私を便利にするスマートデバイス 10選



IoT だけじゃない!私を便利にするスマートデバイス 10選

昨今 IoT が騒がれていますが、もうチョット規模の小さいネットワークで私達の生活を便利にするものとして『スマートデバイス』があります。 今回は、IoT と スマートデバイスの違いをはじめ、『えっ!これいいやん』と直感的にフィーリングを感じるアイテムを厳選してみました。

目次
  1. IoT と スマートデバイス の違い
  2. スマートデバイス10選
  3. スマートな植木鉢
  4. スマートな椅子
  5. スマートな縄跳び
  6. スマート・サッカーボール
  7. スマートな体重計
  8. スマートな眠り
  9. スマートなコーヒータイム
  10. スマートなオーブン
  11. スマートな歯ブラシ
  12. スマートな夜の営み
  13. まとめ

IoT と スマートデバイス の違い

image pc tech

IoT は、モノのインターネット、と言われるように、ネットを介してモノを操作するシステムのことをいいます。 それに対して、スマートデバイス(Smart Device)は、Wi-Fi や Bluetooth、NFC など限定的なネットワークの環境下で操れるモノのことをいいます。

よく IoT とスマートデバイスは混同して取り上げられますが、使用環境などが違ってきますので注意する必要があります。例えば、ある記事で 『IoT 10選 』で取り上げられていた商品が、実は 家の Wi-Fi 環境下のみでしか使えないなど、思っていたのと違う、ガッカリするかもしれないからです。

スマートデバイス10選

スマートな植木鉢

Parrot Pot

image Parrot Pot/参考価格 $123.82

こちらはドローンメーカーでも有名な Parrot 社が作っている スマート植木鉢になります。

どこがスマートかというと、植木鉢内の土の水分量や栄養状態、日照時間をスマホで管理することができます。また水分が足りていないようならスマホをワンタップすると水やりまでやってくれます。加えて、電池式なので場所を選ばずに利用できます。

これでもう悩まずにエレガントにお花を管理できますね。


スマートな椅子

AXIA SMART ACTIVE

image BMA/価格要問い合わせ

仕事で高いパフォーマンスを出すために椅子にこだわっている方も多いのではないでしょうか? こちらの椅子は、人間工学はもとより、椅子内部に組み込まれたセンサーと専用アプリによって、効率のいい 座り、働き方を教えてくれます。

疲れや集中力が切れる前に『ブルブルッ』と椅子が振動し、適度な運動を促してくれます。そして自分がどのぐらいの時間座っていたか、今週の座りは良かったか、アプリで管理できる品物になります。尚、こちらの椅子はオランダ製となっています。


スマートな縄跳び

Smart Rope Pure

image TANGRAM/参考価格 $59.99

アナログのイメージが強い縄跳びを、スマホでスマートに管理できる品物になります。 専用のアプリとスマート縄跳びを Bluetooth で接続し、自分の運動を記録することができます。 またアプリを Facebook などと連動させると他のスマート縄跳びユーザーと競争し、運動量の継続や増加に期待できます。

こちらのスマート縄跳びは、2015年に KICKSTARTER で 2,000万円ほどの資金調達に成功し、現在では Amazon などで購入することができます。 レビューを拝見すると、ちょっとアプリと接続できないこともあるみたいですが、まずまずの評価となっています。またロープが光るタイプ(Smart Rope)も販売されていますが、こちらは直ぐに光らなくなったり、表示がずれたり、いろいろ難点があるようです。


スマート・サッカーボール

adidas Smart Soccer Ball

image Amazon/adidas Smart Soccer Ball/ 参考価格 ¥35,640

サッカー好きのみならず、試しに蹴ってみたくなるスマートなサッカーボールになります。 サッカーボールの中に Bluetooth 機能が搭載せれていて、ボールの状態をスマホに飛ばしてくれます。

スピードや回転数、弾道を可視化して蹴る楽しみやサッカーの上達に役立てることができます。 またアプリには、プロ並みの蹴り方を教えてくれる機能も搭載されています。


スマートな体重計

TANITA インナースキャンデュアル

image YouTube/TANITA/参考価格 ¥51,710

お腹周りや運動不足、健康診断が気になり始めたらスマートな体重計が必要かもしれません。 従来の体重計は、測って終わり、でしたが、 Bluetooth 機能搭載の体重計なら計測結果をスマホに残すことができ、体重の変化を簡単に確認することができます。

このようなスマート体重計は、¥3,000円*〜¥52,000ぐらいで販売されています、欲しくなりますね。


スマートな眠り

Panasonic × おやすみナビ App

image Panasonic/参考価格 エアコン(¥120,000(6畳用)) + 無線通信セット(¥13,000)

今から約 5年前に始まった Panasonic のスマート家電戦略。 あらゆる家電情報をスマホに集約し、暮らしを便利にするものですが、その中でも 眠り に関するデバイスが良さそうです。

就寝中の温度管理、明かりの管理、音の管理をスマートにこなして、毎日の眠りを強力にサポートしてくれます。 これでもう夏の夜に暑くて起きたり、電気や音楽を付けっぱなしで寝たりする睡眠事故を防ぐことができます。

尚、Panasonic のスマート家電の利用には、空きのLAN ポートと専用の無線通信セット(CF-TA9とCF-TC7B)、専用アプリ(おやすみナビ)が必要になります。

照明/LINK STYLE LED 音楽/Panasonic製のワイヤレススピーカー対応モデル


スマートなコーヒータイム

The Roast

image Panasonic/The Roast/参考価格 ¥100,000 + ¥3,800/月〜

2016年にスマホと連動できるネスプレッソ・マシーンが登場し話題を呼んでいましたが、こちらの商品はコーヒー豆の焙煎をスマホで管理する品物になります。

通常焙煎の工程は一般人では難しいのですが、専用の機械とアプリによって簡単に本格的な焙煎が楽しめるようになっています。 また出来上がったコーヒーは、 SNS でシェアしたりして、喜びをわかちあうことも可能となっています。

本商品の販売は、2017年 4月から予定されています。*


スマートなオーブン

June Intelligent Oven

image june/参考価格 $1,495

月に 1度だったオーブン料理が、1日 2,3回するようになっというスゴイオーブンになります。 専用アプリを使ってスマホと連動することで、オーブン内の様子を確認できたり、撮影したり、余熱完了や調理完了を通知してもらうことができます。

これでクックパッドの投稿もよりスムーズにできるようになると思います。 尚、本製品を 2017年 9月までに購入すると、2年間の製品保証と 100日間の返品保証を得ることができます。(使用電力800W)


スマートな歯ブラシ

Ara by Kolibree

image YouTube/Ara by Kolibree/参考価格 $129

子供にもっとキチンと歯磨きをして欲しい親は、たくさんいることでしょう。 また大人でも磨きムラがあったりしないか、オーラルケアを気にされている方も多いと思います。

そんな毎日の小さいストレスは、こちらの スマート歯ブラシ を使うことによって解消されます。 従来からある記録型電動歯ブラシとは違い、こちらの商品は視覚的にブラッシングをチェックでき、さらに人工知能も搭載していますので、ブラッシングに対する的確なアドバイスにも期待できます。

また歯磨きを促進するための知育ゲームも付録されていますので、この値段で虫歯のストレスから解消されると思うと、買い、ですよね。


スマートな夜の営み

Lovely

image INDIEGOGO/Lovely/参考価格 $169(Lovely)

今年 3月に世界中のメディアを騒がしたスマート・コンドームの I.con。 スピードや時間、カロリーが測定でき、その情報を SNS でシェアまで出来てしまう品物で、£ 59.99 で販売されています。

この分野のスマートデバイスは既にいくつかあって、Lovely($169)や remoji(¥12,990)が有名です。 男性陣にとっては、脅威となるスマートデバイスかもしれませんね。


まとめ

今回ご紹介させて頂いたスマートデバイス以外にも、お掃除ロボットや照明器具、監視カメラ、鍵、Amazon Echo など色々ありますが、どれも今まで人が記憶したり、管理していたことを機械が手伝ってくれます。

また多くのデバイスがスマホと連動し、メーカーによっては API や SDK を提供してくれているところもあります。 例えば、タニタさんの API を使ってオリジナルアプリもたくさん制作されています*。 便利な機能や情報を元に、自分らしいアプリが作れるともっと楽しくなりそうですね。

Thumbnail : flickr/Scott Lewis

オシママサラ
この記事を書いた人
オシママサラ
\ 無料体験開催中!/自分のペースで確実に習得!
オンライン・プログラミングレッスンNo.1のCodeCamp