ゼロから始めるPhotoshop講座Vol.8 グラデーションとパターン



ゼロから始めるPhotoshop講座Vol.8 グラデーションとパターン
目次
  1. ゼロから始めるPhotoshop講座Vol.8グラデーションとパターン
  2. グラデーション
  3. パターン

ゼロから始めるPhotoshop講座Vol.8グラデーションとパターン

グラデーション

グラデーションは、複数のカラー間で段階的な色の移り変わりを表現できます。グラデーションを使ってペイントするには、[グラデーション]ツールを使う他、さまざまなダイアログの設定で使用することができます。

グラデーションの作成

①ツールパネルから、
9030030_010
[グラデーション]ツールを選択します。

②オプションバーで設定します。サンプルボックスの右横の三角をクリックして、グラデーションピッカーを開くと、プリセットからグラデーションを選択できます。 9030030_020

③オリジナルのグラデーションをつくるには、サンプルボックスの上をクリックして表示される[グラデーションエディター]ダイアログで設定します。 9030030_030

④[グラデーションタイプ]セクションで、グラデーションの設定をします。
[グラデーション]

[開始分岐点]をクリックして選択すると、分岐点上の三角が黒くなり、設定を編集できます。[終了点]セクションのカラー選択ボックスをクリックして表示される[カラーピッカー(ストップカラー)]ダイアログでカラーを指定し、[OK]をクリックして、ダイアログを閉じます。
9030030_040

⑥分岐点はドラッグして位置を調整できます。調整すると、[位置]の数値が連動します。

⑦開始分岐点の上部にある不透明度の分岐点をクリックすると、透明度を指定できます。必要に応じて、終了分岐点も同様に設定します。

⑧グラデーション名をつけ、[新規グラデーション]をクリックすると、[プリセット]セクションにグラーデーションを保存できます。保存後、[OK]をクリックして、ダイアログを閉じると、サンプルボックスに作成したグラデーションが表示されます。

⑨グラデーションの種類を指定します。開始点(マウスを押した場所)と終了点(マウスを放した場所)がグラデーションの表示にどのように影響するかが決まります。

モード(合成方法)不透明度(透明度)を指定します。

逆方向にチェックを入れると、グラデーションのカラーの順序が逆になります。ディザ にチェックを入れると、ムラの少ないより滑らかなグラデーションになります。グラデーションの透明度を有効にする場合は、透明部分にチェックします。

⑫ドラッグしてペイントします。

Try  グラデーションを作ってみよう

青〜オレンジのグラデーションをつくってみましょう。 好きな色でオリジナルのグラデーションをつくってみましょう。

パターン

パターンとは、模様のことです。ここでは、Photoshopのライブラリのパターンを使って、ペイントしてみましょう。パターンを使ってペイントするには、[パターンスタンプ]ツールを使う他、さまざまなダイアログの設定で使用することができます。

パターンでペイントする

①ツールパネルから、
9030040_010

[コピースタンプ]ツールを長押しし、後ろに隠れている

9030040_020

[パターンスタンプ]ツールを選択します。

②オプションバーで設定します。クリックしてブラシプリセットピッカーを開き、ブラシの種類・直径(サイズ)・硬さ(ぼけ感)を指定します。 再度クリックすると、ブラシプリセットピッカーを閉じることができます。 9030040_030

③必要に応じて、オプションバーのその他の設定を行います。


[塗りつぶし]ダイアログでペイントする

[編集]メニューから[塗りつぶし]を選択し、[塗りつぶし]ダイアログを表示します。

[内容]「パターン」を選択し、[OK]を選択して、塗りつぶします。

9030040_040

Point パターン

パターンは、バナーやヘッダーなどの背景のアクセントとして使えます。いろんなパターンを試してみましょう。 また、オリジナルパターンの作成は、『ゼロから始めるPhotoshop講座 パスとシェイプ②』の中で解説します。

NEXT LESSON ☛ トリミングの方法

PREV LESSON ☛ カラーペイントの方法

目次 - ゼロから始めるPhotoshop講座 -

CodeCampus編集部
この記事を書いた人
CodeCampus編集部
\ 無料体験開催中!/自分のペースで確実に習得!
オンライン・プログラミングレッスンNo.1のCodeCamp