ゼロから始めるPhotoshop講座Vol.6 画面表示に関する操作方法



ゼロから始めるPhotoshop講座Vol.6 画面表示に関する操作方法
目次
  1. ゼロから始めるPhotoshop講座Vol.6画面表示に関する操作方法
  2. 画面表示
  3. 作業の取り消し・やり直し

ゼロから始めるPhotoshop講座Vol.6画面表示に関する操作方法

画面表示

画面表示に関する操作は、頻繁にあるので、効率よくできるようになりましょう。[ズーム]ツール[手のひら]ツール[ナビゲーター]パネル

9020020_010


画面を拡大・縮小する

[ツール]パネル[ズーム]ツール

②目的の箇所にカーソルを合わせます。9020020_020

Point指定範囲を拡大Point

特定の領域をドラッグすると、囲んだ領域を一度で拡大することができます。

option9020020_030


画面を移動する

[ツール]パネル[手のひら]ツール9020020_040


[ナビゲータ]パネル使う

[ウィンドウ]メニュー[ナビゲーター]パネル

9020020_0809020020_060

②スライダーを右に動かすと、画面を拡大でき、左に動かすと、縮小できます。表示倍率はパネル左下の[「ズーム」テキストボックス][ナビゲーター]パネル[表示ボックス]

③[表示ボックス]内にカーソルを合わせると、9020020_040

Try画面表示の操作をしてみましょうTry

  • 画面を拡大してみましょう- 画面を縮小してみましょう- 全体表示にしてみましょう- 100%表示にしてみましょう- 画面を移動してみましょう

download_blue


番外編

作業領域を整える

を2列表示にしたり、よく使うパネルを、使いやすい位置に配置したり、作業領域(ワークスペース)をカスタマイズすることができます。[ツール]パネル


ワークスペースを保存する

①作業がしやすいように、使用領域の高いパネルを整えます。使わないパネルは、閉じておきます。

[ウィンドウ]メニュー→[ワークスペース]→[新規ワークスペース]9020020_080

[新規ワークスペース]ダイアログ

④ワークスペースを保存後、[ウィンドウ]メニュー→[ワークスペース]→[保存したワークスペース名]


ワークスペースをリセットする

作業中は、パネルを動かしたり、ワークスペースが乱雑になることがあります。

を選択すると、簡単にワークスペースをリセットすることができます。[ウィンドウ]メニュー→[ワークスペース]→[(保存したワークスペース名)をリセット]

Pointその他のワークスペースPoint

には、用途に応じた様々なワークスペースが用意されています。ワークスペースを切り替えて、どのように動作するか試してみましょう。[ウィンドウ]メニュー→[ワークスペース]

作業の取り消し・やり直し

作業中に、操作の取り消し・やり直しができます。コマンドを使って操作できる他、[ヒストリー]パネルヒストリー(作業履歴)


取り消し・やり直し

操作を取り消したい場合、[編集]メニュー→[1段階戻る][編集]メニュー→[1段階進む]

Point便利なショートカットPoint

command+z=[1段階戻る]※Windowsはctrl+z


Point[ヒストリー]パネル

ヒストリーとは、作業履歴のことです。[ヒストリー]パネルのヒストリーをクリックすると、その作業時点に戻ったり、進んだりできます。9020030_010

NEXTLESSONカラーペイントの方法カラーペイントの方法

PREVLESSONファイルの操作方法ファイルの操作方法

目次-ゼロから始めるPhotoshop講座目次-ゼロから始めるPhotoshop講座

関連記事

CodeCampus編集部
この記事を書いた人
CodeCampus編集部
\ 無料体験開催中!/自分のペースで確実に習得!
オンライン・プログラミングレッスンNo.1のCodeCamp