Androidアプリ開発をオンラインで学べるプログラミングスクール5選



Androidアプリ開発をオンラインで学べるプログラミングスクール5選

2018年2月現在、日本では依然iOSのシェアが66.24%とAndroidOSを倍ほど引き離している状況ですが、なんと世界ではiOSはシェア20.08%にすぎず、AndroidOSがシェアの74.9%を占めているのです。

image

2018年2月時点、世界のモバイルOSシェア:統計サイト statcounterより引用

世界に通じるアプリ開発者になりたい!という人も、アプリで一攫千金を夢見る人にも、Androidアプリ開発は、とても可能性のある分野ですね!

Androidアプリは Java で作られていることはご存知だと思います。しかし、Javaを学習したことがある方でも詰まってしまうのが例えばこのようなことです。

  • 自分の持っている端末で動かすためにはどうするの?
  • 開発ツールは何を使えばいいの?
  • GooglePlayストアにはどうやって掲載するの?
  • AndroidOSの頻繁なアップデートにはどう対応するの?

ほかにも、実際の開発では、教科書には書いていないような困りごとがたくさん出てくるものです。これを独学ですべて解決するのは、なかなか難しいかもしれません。

そんなときに検討したいのが、スクールで学ぶこと!疑問点や詰まってしまったエラーなどを、専門のテキストや頼れる講師に質問したりなどで解決でき、独学に比べて時間や労力を節約できます。そのぶんアプリのアイディアを洗練することに注げますよ。

今回は、多忙な方や地方に在住の方にもオススメなオンラインスクールに絞ってAndroidアプリ開発を学べるスクールをご紹介します!

目次
  1. 便利さと、きめ細やかさの両立!オンライン家庭教師!
  2. CodeCamp
  3. TECHACADEMY
  4. 侍エンジニア塾
  5. もっと気軽に受講!オンライン動画スクール!
  6. Schoo
  7. Udemy
  8. まとめ

便利さと、きめ細やかさの両立!オンライン家庭教師!

CodeCamp

image

画像出典:Codecamp

こんな人にオススメ:じっくり教えてもらいたい!プログラミングがはじめての方に!
CodeCamp
よみかた コードキャンプ
公式サイト https://codecamp.jp/
運営会社 コードキャンプ株式会社
受講形式 オンライン マンツーマン授業1回40分
開講時間 7:30〜23:40

流行のオンラインビデオチャット形式での授業が受けられるCodeCamp。期間内の受講回数が多く、プログラミングが初めての方でもじっくり教えてもらえることが特徴です。

マンツーマンで、不明点や疑問もすぐに質問することができます。作成課題に沿った自分だけのアドバイスがもらえるなど、効率よく学習が進めていけそうです。

今なら一コマ無料で体験できる体験レッスンキャンペーンを行っています。入学金割引のキャンペーンなどもたまに行っているので、ちょくちょくサイトをチェックしてみましょう。

image

画像出典:Codecamp

Androidアプリ開発が学べるコースの詳細はこちらのアプリマスターコース。iOSでのiPhoneアプリ開発もコースに含まれているお得な学習プランです。Javaも基礎の学習からはじめて、Androidアプリ開発にすすみます。iPhoneアプリ開発についても開発の環境をととのえるところから始めて、Swiftでアプリを開発することろまで行います。両方のアプリをリリースしてみたい人や、作り方の違いを知ってから本格的に開発に入りたい方にもオススメ。

アプリマスター コース
コース名 2ヶ月プラン 4ヶ月プラン 6ヶ月プラン
レッスン回数 20回 40回 60回
受講期間 60日間 120日間 180日間
受講料金(税抜) 148,000円 248,000円 298,000円

注意
2018/2/27時点でのコース・料金となります。
各プラン金額に+100,000円でレッスン回数無制限のプレミアムプラスプランにグレードアップできます。

 

TECHACADEMY

image

画像出典:TECHACADEMY

こんな人にオススメ:自分でもある程度進められそうだけど、サポートが欲しい!
TECHACADEMY
よみかた テックアカデミー
公式サイト https://techacademy.jp/
運営会社 キラメックス株式会社
受講形式 オンライン メンタリング
チャットサポート
メンタリング1回30分
開講時間 チャットサポート:15時〜23時

オンラインプログラミングスクールのTECHACADEMY。週に1〜2回のメンタリング(進捗状況の確認や不明点の質問など)を軸に、チャットサポートを受けながら自分で課題を進めていく形式です。すこしでも独学したことがある方や、学習の時間が平日でも取れる方であれば、自分のペースでどんどんこなしていけるので効率がいいですね!

もっとも嬉しいのは、チャットサポートもメンタリングも、専任のメンターさんがついてくれること。毎回担当が変わって話が伝わりづらい・・・ということもなく、安心して受講できますね。大幅な学生割引があるのも魅力です。

image

画像出典:TECHACADEMY

Androidアプリ開発が学べるコースの詳細はこちら。学習の時間が取れるなら、短期間での受講がお得になっています! Javaでの基本的なプログラミング技術にはじまり、AndroidStudioを使用しての開発手法、GitHubを使用したソースコードの管理、Firebaseを利用したユーザーデータの管理まで、企業やチームでのAndroidアプリ開発にも実践的に役立つスキルを一通り身につけられるコースとなっています。

iPhoneアプリ開発とのセットコースや、3Dゲーム開発ができるUnityとのセットプランもあります。目的に合わせてどうぞ!

コース詳細
コース名 Androidアプリコース iPhoneアプリ+
Androidアプリコース
Unity+
Androidアプリコース
目標 オリジナルアプリをGoogle Playへ公開 オリジナルアプリをGoogle Play+AppStoreへ公開 オリジナルゲームアプリをGoogle Playへ公開
受講期間 4週間 8週間 12週間 16週間 8週間
(他プランもあり)
8週間
(他プランもあり)
メンタリング回数 7回 15回 23回 31回 14回 14回
料金:(税抜) 社会人:129,000円
学生:89,000円
社会人:179,000円
学生:119,000円
社会人:229,000円
学生:149,000円
社会人:279,000円
学生:179,000円
社会人:228,000円
学生:148,000円
社会人:228,000円
学生:148,000円

 

侍エンジニア塾

image

画像出典:侍エンジニア塾

こんな人にオススメ:作りたいアプリやサービスがはっきりしている!Android以外に必要なことも覚えたい!
侍エンジニア塾
よみかた サムライエンジニアジュク
公式サイト https://www.sejuku.net/
運営会社 株式会社侍
受講形式 オンライン 動画授業+専属講師によるマンツーマンマンツーマンレッスン90分/週1回
開講時間 8:00〜22:00

自分が目指すサービスやなりたい姿のカウンセリングを元に、自分だけのオーダーメイドカリキュラムを組み立ててくれるところがポイントの侍エンジニア塾。

たとえばAndroidアプリでサービスを作るなら、Javaのプログラミング、データベースでのデータ操作、アプリのデータをWebサービスと連携・・・など、Androidアプリだけでなくサービス全体を構築するための、柔軟なカリキュラムを組み立ててもらえます。オーダーメイドなので、時には他の言語のカリキュラムを追加したり不要な学習は省くなど、効率の良い学習スケジュールが立てられるのです。

プログラミングについては主に動画授業となりますが、不明点などは学習コミュニティですぐ質問可能。週に一度の専属講師によるマンツーマンレッスンもあり、安心して学習が進められますね。

コース詳細
コース名 ビジネスコース フリーランスコース
目的 フロントサイド・サーバーサイド双方のプログラミングが可能なエンジニアになる
サービス、企画・運用など高単価案件の獲得スキルを習得
主にフロントサイド(HTML/CSS/JavaScript)を扱い、サーバーサイド技術も扱えるエンジニアになる
受講期間 6ヶ月 3ヶ月
価格(税抜) 598,000円 378,000円

 

もっと気軽に受講!オンライン動画スクール!

Schoo

image

画像出典:Schoo

こんな人にオススメ:少ない予算で手軽にはじめたい!スキマ時間を生かしたい!
Schoo
よみかた スクー
公式サイト https://schoo.jp/
運営会社 株式会社Schooo
受講形式 オンライン 動画授業の閲覧

プログラミング以外にもキャリアアップ、ライフハックなど幅広い生放送授業が特徴のSchoo。プログラミングについても多数の講座があり、基本的には録画授業を閲覧しながら、自分で学習を進めるという形式です。エンジニアや研究家など、各方面で第一線で活躍する人物を招いた講座が多数あることも特徴です。

月額980円からの有料プランに加入すると、ターミナルを利用することができます。ターミナルでは、スキル取得に必要な授業がラインナップされ、課題提出などの目標設定がある「Androidエンジニア ルート」に参加できます。講師や受講者とコミュニケーションをとれる生放送授業へ参加したり、作成したアプリを講師にレビューしてもらえるなど一歩進んだライブ体験ができますよ。

無料登録でも一部の録画授業が閲覧できるので、気軽にのぞいてみてはいかがでしょうか。

image

コース詳細
コース名 Androidエンジニア ルート
講義時間・回数 37授業/8コース
完了目安 9週間
受講料金(税込)
プレミアムプラン プレミアムプラスプラン
月額 980円 1,980円
年額 9,800円 19,800円

Udemy

image

画像出典:Udemy

こんな人にオススメ:Kotlinを学習したい!知識を深めたい!
Udemy
よみかた ユーデミー
公式サイト Udemy
運営会社 Udemy, Inc
受講形式 オンライン 動画授業
質問サポート なし

世界的なオンライン学習プラットフォームであるUdemyにも、多数のAndroidアプリ開発が学べるコースが開講されています。講座は動画の授業を閲覧する形式です。初級者向けの入門講座から、上級者向けに技術を深める講座まで、幅広くラインナップされていますよ。講座ごとに購入するシステムなので、気兼ねなく自分のペースで学べますね。

image

画像出典:Udemy

Androidアプリ開発が学べる、高評価レビューの多いコースは以下のようなものがあります。Androidアプリの次世代開発言語、Kotlinが学べるコースは興味深いですね!

コース詳細
コース名 【Kotlin】ゼロからはじめる一番やさしいAndroidアプリ開発入門
<初めてのアプリ作成からリリースまで>[初級編]
レッスン回数 201レクチャー 合計17.5時間
受講料金(税抜) 24,000円
コース詳細
コース名 【3日でできる】はじめてのAndroidアプリ開発入門
【Android Studio 2.1~2.3・Java 8対応】
レッスン回数 51レクチャー 合計6時間
受講料金(税抜) 10,800円

 

まとめ

通常のプログラミング学習よりも、アプリ開発については独学でなくスクールを利用するのが大幅な近道になる傾向があります。なぜかというと・・・スマートフォンのOSはパソコンよりもアップデートが頻繁なので、伴って開発用のツールやプログラム部品が頻繁に更新されます。ネット上や書籍の情報がすぐに古くなってしまい、最新の情報を得るのは特に入門者には難しいのです。

開発ツールの使い方やテスト方法、エラーの対応など、入門者が詰まってしまうことの多い部分でも、最新情報が得られる・頼れる講師に質問できるというのは、少々投資をしてもメリットが大きいですよ!

早くアイディアを形にしたい方や、独学で詰まってしまった方は、ぜひスクールも検討してみてくださいね!

関連記事

のりぴよ
この記事を書いた人
のりぴよ
\無料体験開催中!/自分のペースで確実に習得!
オンライン・プログラミングレッスンNo.1のCodeCamp