未経験者が独学でプログラミングを学んで就職するまでにしたい5つのこと

未経験者が独学でプログラミングを学んで就職するまでにしたい5つのこと

プログラマー不足が深刻です。

ICT業界では、Fintech、IoT、VR/AR/MR、ロボティクス、ビッグデータ等、今後もサービスや新技術の開発が積極的に行われていきます。

総務省のホームページに掲載されている情報通信白書平成29年度版では日本は企業単位でICT技術を取り入れ、生産性を高める努力が必要だと記載しています。

特に地方創生においては、ふるさとテレワークの普及などICT技術を積極的に導入し、地域のICTリテラシーの向上と起業家や地方自治体の双方へ高度なICT人材を育成することを検討しています。

こうした取り組みが進むことで、プログラミングができる人材は多方面で活躍が期待されています。

今回は、独学でプログラミングを勉強し、就職するまでコツを紹介します。

目次
  1. 独学でプログラミングを学んで就職できるか?
  2. 独学で学んで就職したい人がしたい5つのこと
  3. プログラミング言語と同じくらい必須スキルの「英語」を習得する
  4. インターンシップに参加し、社風や評価方法、相性などなるべく肌で感じておく
  5. Wantedlyを使って会社訪問する
  6. ハッカソンに参加する
  7. 5 就職活動をする
  8. まとめ

独学でプログラミングを学んで就職できるか?

独学でプログラミングを習得することはできるでしょうか?

答えは、「YES」です。

一昔前は、プログラミングはサーバーの購入が伴うなど資金的ハードルが高く、理系か専門学校を出ていないと取り組みづらいものでした。

しかし、今はFacebookやWordPressで使用されている「PHP」は、自宅で使用するPCで十分プログラミングが可能です。

「イラストでよくわかるPHP はじめてのWebプログラミング入門」(基本) や「PHP+MySQLマスターブック」(中級)「プログラミングPHP 第3版」(上級)などレベルに応じた本を通じて習得することができます。

基本から中級へ、中級から応用へ学習を進めていくといいでしょう。

学習につまづかないコツは次の3つです。

  • インターンシップに参加したり、ハッカソンに参加しプログラマー仲間を増やすことです。
  • できることではなく、創りたいものをつくること。
  • グーグルやGithubで検索して、構文が開示されている数が多いメジャーな言語を選ぶこと。

独学で学んで就職したい人がしたい5つのこと

プログラミング言語と同じくらい必須スキルの「英語」を習得する

image

プログラミングは、GIthubなど世界中で日々情報が交換されています。さらに、プログラマーの多くは英語圏であり、情報交換や有力な情報や参考となるサービスは英語表示が基本です。

日本語だけでもサービスを完成させることはできますが、熟練度を上げていく過程で英語は避けて通れません。

英語を習得する方法は次の3つです。

DMM英会話レアジョブ英会話など安価で習えるオンライン英会話で習得すると早く身につくでしょう。

1日30分などコンスタントに勉強できる場合、DUOTOEICの教材を使う

週に1、2回、ベルリッツなど英会話スクールに通う

上記の方法で定期的に英語に触れ、集中的に習得すると良いです。

転職市場で、英語ができる人さらに中国語やドイツ語などバイリンガルな人材は高く評価され、お給料も高い傾向があります。

理由は、アメリカやヨーロッパなどは国が隣り合っており、進学や就職、親戚が別の言語を使用するなど自然と「バイリンガル」になる環境で育っています。

日本は単一民族であり親族も同じ日本人であることが多いため、母国語で過ごすことが多いです。しかし、プログラミングは世界中の人と腕を競います。

トレンドや新しい技術を習得するために、英語は習得しておきましょう。

インターンシップに参加し、社風や評価方法、相性などなるべく肌で感じておく

image

就職のミスマッチはお互い時間や労力を無駄にしてしまいます。

規模拡大や事業のターニングポイントである場合、通常よりもプレッッシャーがあり、また時間の拘束が発生します。

就職をする方としては、ライフイベントなどお互いのタイミングもあるので長くいい関係が築けるようにネットだけではなく多くの情報を得て判断しましょう。

その際、インターンシップ制度が便利です。

最近は、既卒者向けのインターンシップも登場しています。      

 

Wantedlyを使って会社訪問する

WantedlyというFacebookのつながりを利用して、お互いの考え方や企業のカラーを「お茶しにいく感覚会社訪問をするサービス」があります。

ものづくりとは、息が合うか。また、発想が似ているかなど、本来の求人広告では表現しきれない要素があります。

こうした企業と就職者をフランクにつなぐのが、Wantedlyです。  

ハッカソンに参加する

image

ハッカソンは、全国や世界中で行われています。

大企業も「協業」と掲げ、アンテナを張っています。アイディアや取り組みが社会に浸透する基盤があるので、プログラマーはとてもやりがいを感じる時代でしょう。

ハッカソンに参加すると次の3つメリットがあります。

習得した技術がどのくらいのレベルなのかを知ることができます。 プログラミングを理解したことで新しい発想を得てビジネスを考えることができます。 出資などを得て、ビジネスを拡大できるチャンスがある

上記のように、自宅で始めたサービスが世の中に広がるチャンスが転がっています。 ICT業界は、欧米も含め次の投資対象を積極的に探しています。これほど熱視線を浴びている業界は稀です。

ハッカソンは仲間探しや、エンジニア友達を作る上で自然とつながりが深くなりやすく、多くのメリットを受けられます。

5 就職活動をする

image

これまでの4つを行い、就職活動を行いましょう。

漠然とプログラミングに興味があるというレベルから、自身のキャラクターや興味、仕事として取り組みたいことが明確になります。

スピード感や確実性などどういう仕事が自分自身の能力を発揮しやすいか。 どのくらいの規模の組織が合うかなど、納得して選ぶことができるでしょう。

ワクワクすることと、仕事として求めることが違うことに気がついたり、どういう環境が自分と会社にとって相乗効果があるかなど、求人サイトだけでは見えないことまで理解して取り組めます。

求人サイトは次のものがあります。

面白い求人方法として、 自分で能力を会社に売り込める

在宅ワークが可能な

フリーランス(個人事業主)として安定収入を得たいなら

こうしたサイトから、応募をしてみるといいでしょう。

応募前に、ハローワークでキャリアカウンセラーに相談をし履歴書やエントリーシートをチェックしてもらうと内定が早いです。相談は予約制で無料対応してもらえます。      

まとめ

プログラミングの独学は、「受験勉強」のようにやるよりも「つくりたいもの」をあらかじめ決めてから取り組むといいでしょう。自身で作ったコードが動くと面白さを感じ習得スピードが上がります。

リリース日を決め、最短スケジュールで取り組みましょう。

有料のスクールでは、座学と並行しながらサービスやサイトを卒業制作としてつくり講座を終了とするカリキュラムを組んでいることが多いです。

学校の勉強とは違い、技術は実践を通じて習得した方が社会で役に立つためです。

最初はスクラッチから始めなんとなくプログラミングの感覚を掴み、つくりたいサービスをぼんやりと決め、そこから言語習得に移る方法もあります。

「理系」「専門的」「難しいもの」と決めつけずに、柔らかい頭を持って取り組みましょう。

これを機会に、プログラミングとたった一台のパソコンで世界を変えられる面白さを体験してください。

Machiya
ライター
Machiya

関連記事