ゼロから始めるIllustrator講座Vol.28 クリッピングマスク



ゼロから始めるIllustrator講座Vol.28 クリッピングマスク
目次
  1. クリッピングマスク

ゼロから始めるIllustrato講座Vol.28 クリッピングマスク

クリッピングマスク

全体的に仕上がりを確認し、クリッピングマスクで整えて完成しましょう。

Check  クリッピングマスクとは

クリッピングマスクとは、パスを使って、背面のオブジェクトを隠す機能です。クリッピングマスクには、レイヤーのクリッピングマスクと、オブジェクトのクリッピングマスクの2種類あります。ここでは、前者の機能を使っています。レイヤーのクリッピングマスクは、レイヤー内の最上部にあるパスを使って、それ以下のオブジェクトすべてをマスクします。パスの外側にあるものをマスクする(隠す)ので、はみ出しているオブジェクトなどを整えたい場合に便利です。オブジェクトのクリッピングマスクは、写真をパスでマスクする時に使われます。例えば、写真を丸くくり抜いたように見せたい場合、写真の上に、楕円形のパスをつくります。写真とパスの両方を選び、[オブジェクト]メニュー[クリッピングマスクを作成]を選択すると、パスの形で写真がマスクされます。

 

[map]レイヤーを作成し、作成したレイヤーをそのサブレイヤーにする

①[テンプレート]レイヤーを非表示にし、最上部に新規で[map]レイヤーを作成します。

10090030_010

②[map]レイヤーの上に、作成した[道路]レイヤー・[線路]レイヤー・[目印]レイヤーをドラッグして、サブレイヤーにします。

10090030_020

③[map]レイヤーを選択し、最上部に長方形をつくります。この長方形は、道路の長さを整えるためのマスクオブジェクトとなります。

10090030_030 10090030_040

④[map]レイヤーを選択し、[レイヤー]パネル下部の[クリッピングマスクを作成]をクリックします。

[map]レイヤーの最前面の長方形は、[レイヤー]パネルで[クリッピングパス]という名前に変わります。長方形の外はマスクされ、[map]レイヤー内の長方形より下の内容を整えることができます。

10090030_050 10090030_060 10090030_070

⑤クリッピングマスク後の長方形は、透明になります。[レイヤー]パネルのターゲットコラムをクリックすると、二重丸になり、簡単に長方形を選択できます。線に色をつけて完成です。

10090030_080 10090030_090 10090030_100

PREV LESSON ☛ レイヤー

目次 - ゼロから始めるIllustrator講座 -

関連記事

CodeCampus編集部
この記事を書いた人
CodeCampus編集部
\ 無料体験開催中!/自分のペースで確実に習得!
オンライン・プログラミングレッスンNo.1のCodeCamp