【Mac・WindowsどちらでもOK】 Localを使ってWordPressをインストールする方法を解説


【Mac・WindowsどちらでもOK】 Localを使ってWordPressをインストールする方法を解説

ローカル環境にWordPressをインストールできるLocal(ローカル)。MacとWindowsに対応しているため、ほとんどのパソコンで利用できます。

今回は、Localを使ってWordPressをインストールする方法について解説します。

Localを使うことで、データベースやサーバーなどWordPressの環境構築に必要な環境を簡単に作れます。

この記事の手順通り進めるだけで簡単に環境構築できるので、ぜひ試してみてくださいね!

目次
  1. Local(旧Local By Flywheel)とは
  2. LocalでWordPressのローカル環境を作る手順
  3. Localをインストールする
  4. Localの初期設定を行う
  5. LocalにWordPressの情報を入力する
  6. 作成したWordPressサイトにログインしてみよう
現役エンジニアからデザインツールの使い方やWeb制作を学ぶならCodeCampのデザインマスターコースがおすすめ!

➡️未経験からWebデザインをオンラインプログラミングスクールで習得

Local(旧Local By Flywheel)とは

Local(ローカル)は、WordPressを構築する環境を自分のパソコンに作成できるソフト。以前はLocal By Flywheelという名前で運営されていました。

WordPressの環境構築を前提として作られており、クリックしつつ特定の個人情報を入力するだけで利用できる手軽さが魅力です。

WindowsやmacOS、Linuxに対応しているので、OSに囚われずに利用できるのも特徴。また、起動が早くて動作が軽いため、スペックの低いパソコンでも操作できます。

LocalでWordPressのローカル環境を作る手順

Localを使ってWordPressの開発環境を作る方法を、実際の画像を使いながら解説していきます。

本記事を読みながら実際に手を動かすことで、簡単にWordPressの開発環境を作れるので、ぜひ試してみてくださいね!

Localをインストールする

初めに、Localの公式サイトにアクセスします。下記の画面が表示されたら、赤枠で囲われている「OR DOWNLOAD FOR FREE」というボタンをクリックしましょう。 Localをインストールする 「Please choose your platform」というボタンの右側にある三角ボタンをクリックし、表示されたメニュー欄から自分のパソコンに該当するOSを選択します。

 LocalでWordPressのローカル環境を作る手順1 OSを選択すると個人情報の入力欄が表示されます。各情報を入力したあと、画面下にある「GET ID NOW」ボタンをクリックするとダウンロードを開始します。

LocalでWordPressのローカル環境を作る手順2

Localの初期設定を行う

ダウンロードしたLocalのアプリはアプリケーションフォルダにあります。

LocalでWordPressのローカル環境を作る手順3 Localのアプリをダブルクリックすると、下記の画面が表示されるので「開く」ボタンをクリックします。

LocalでWordPressのローカル環境を作る手順4

Localのアプリを開くと、下記のような初期画面が表示されます。チェックボックスをクリックして「I agree」ボタンをクリックしましょう。

LocalでWordPressのローカル環境を作る手順5

エラーが発生した時のレポートを送信するかどうかの設定画面が表示されます。どちらのボタンを押しても問題ありませんが、今回は「Turn on error reporting」というボタンをクリックします。

LocalでWordPressのローカル環境を作る手順6

次の画面でも同じく「Turn on usage reporting」ボタンをクリックしましょう。

LocalでWordPressのローカル環境を作る手順6 下記の画面が表示されたら、画面中央にある「Create a free acount」ボタンをクリックします。

LocalでWordPressのローカル環境を作る手順7 名前とメールアドレス、パスワードの入力欄が表示されるので、各内容を入力して「Create your account」ボタンを押します。

LocalでWordPressのローカル環境を作る手順8

すると、入力欄に指定したメールアドレス宛に認証メールが送信されます。

LocalでWordPressのローカル環境を作る手順9

下記のメールを受信したら、メール内にある「Verity email address」という緑のボタンをクリックしましょう。

LocalでWordPressのローカル環境を作る手順10

以上でLocalの初期設定は完了です。

LocalにWordPressの情報を入力する

メール認証が終わると下記の画面がブラウザ上に表示されます。WordPressをLocalのアプリで動かすために、画面右上にある「Open Local」というボタンをクリックしてアプリを起動しましょう。

LocalにWordPressの情報を入力する1 アプリケーションを開く許可の有無に関するボックスが表示されたら「Localを開く」ボタンをクリックします。

LocalにWordPressの情報を入力する2 下記のようにLocalのアプリが起動したら、画面中央にある「Create a new site」ボタンを押して、WordPressの初期設定を行います。

LocalにWordPressの情報を入力する3 「Whats your sites name」という画面が表示されたら、一番上の空欄にWordPressのタイトルを任意で入力します。

ドメイン名とURLの変更も可能。特にこだわりがなければ、そのままの状態で画面右下にある「Continue」ボタンをクリックします。

LocalにWordPressの情報を入力する4 下記の画面では「Preferred」を選択して「Continue」ボタンをクリックしましょう。

LocalにWordPressの情報を入力する5

次に、WordPressのログイン情報や仕様について設定します。各入力欄には、次のように任意のログイン情報を指定しましょう。

  • WordPress username:任意のユーザー名を指定
  • WordPress password:任意のパスワードを指定
  • WordPress e-mail:任意のメールアドレスを指定

メールアドレスに関しては、初期設定されている内容のままでも問題ありません。上記のユーザー名とパスワードは、WordPressへログインする際に使用するため覚えておきましょう。

「Is this a WordPress Multisite?」では、WordPressに複数のサイトを追加するかどうかを指定できます。

今回はひとつのサイトのみ作るため「NO」を選択しましょう。最後に画面右下にある「Add Site」ボタンをクリックするとWordPressサイトが作成されます。

ocalにWordPressの情報を入力する6

未経験からすぐにWebサイトを作りたい!という方は、CodeCampのWordPressコースがおすすめ!

➡️未経験からWordPressでサイト制作をオンラインプログラミングスクールで習得

Webサイト制作スキルが身に付く

CodeCampの無料体験はこちら

作成したWordPressサイトにログインしてみよう

WordPressサイトの作成に成功すると、下記のようにLocalアプリの表示画面が変わります。 WordPressにログインするには、画面右上にある「WP Admin」ボタンをクリックしましょう。

作成したWordPressサイトにログインしてみよう1

WordPressのログイン画面が表示されたら、先ほど指定したのログイン情報のユーザー名とパスワードを入力します。 最後に「Log In」ボタンを押すとWordPressサイトへログインします。

作成したWordPressサイトにログインしてみよう2 下記のようにWordPressの管理画面が表示されれば、無事WordPressのインストール完了になります。

作成したWordPressサイトにログインしてみよう3 以上の流れで、Localを使って自分のパソコンにWordPressをインストールできます。手軽にWordPressをインストールしたい方は、ぜひ試してみてくださいね!


だーだい
この記事を書いた人
だーだい
\ 無料体験開催中!/自分のペースで確実に習得!
オンライン・プログラミングレッスンNo.1のCodeCamp