全て無料!?高品質な日本語対応WordPressテーマ10選



全て無料!?高品質な日本語対応WordPressテーマ10選

WordPressの基礎を学んで「さぁ作るぞ」と思って最初に悩むことが「テンプレート」になると思います。テーマは星の数程あれど、そのほとんどが英語ですので、初心者の方や英語が苦手な方にとってはとても不安ですよね。そこで今回は、安心して簡単にかっこいいおしゃれなデザインを無料で使いたい!と思っている方のために日本語対応のレスポンシブデザインから定番系までのテンプレート10選をご紹介します。

こちらの記事も人気です!

目次
  1. 日本語対応テーマ10選
  2. Stinger5ver
  3. Gush
  4. Sixteen
  5. AltitudeLite
  6. Shotoku
  7. Responsive
  8. Simplicity
  9. StoryThemeforWordPress
  10. Tistheseason
  11. Tanzaku
  12. まとめ

image

日本語対応テーマ10選

Stinger5ver

stinger5ver

・Stinger5ver|http://wp-fun.com/dl/

日本人が開発し、国内利用者も多いテンプレートになります。Googleアドセンス広告を前提とした設計は、多くのブログ・ユーザーからも好評を得ています。

またテンプレート管理画面でいくつかのカラー変更も簡単にできてオリジナリティーを演出しやすく、レスポンシブデザインのテンプレートです。デメリットは、標準搭載されているSNSツールなどの好みが分かれる点と思います。⇒デモサイトはこちら

Gush

gush

http:/gush.naifix.com/gush-download/

Stinger5ever同様にGushも国産のテンプレートになります。レスポンシブデザインでレイアウトがシンプルに作られている特徴があります。

ページ下部にスクロールした際のページトップに移動するアイコンやSNS機能も標準搭載されていて、wordpressに慣れていない方も扱いやすいように設計されています。⇒ダウンロードサイトはこちら

Sixteen

sixteen

・Sixteen|https://wordpress.org/themes/sixteen

デザイン、レイアウト変更に幅があるレスポンシブデザインのテンプレートになります。SNS機能も標準搭載されているので余計なプラグイン設定を行わなくても、ブログを拡散することができます。ただし、管理画面の日本語訳に不十分な部分があり、手動で日本語ファイルをサーバーにアップする手間があります。日本語ファイル(ja.mo)をダウンロードし、Public>wordpress>wp-content>themes>sixteen>languageにアップロードです。⇒デモサイトはこちら

AltitudeLite

altitude

https://wordpress.org/themes/altitude-lite

WordPress無料テンプレートを19作成しているCyberChimpsさんの作品の一つです。シンプルなデザインの中にもレスポンシブ対応やページトップのロゴやヘッダーが編集しやすくなっています。SNS機能などはお好みのプラグインを導入する必要があります。⇒ダウンロードサイトはこちら

Shotoku

shotoku

・Shotoku|http://wp-shotoku.com/download/

写真をブログにたくさんアップしたい方にむいているテンプレートがShotokuです。レスポンシブデザインにもなっていて、色鮮やかでおしゃれなブログサイトを作ることができます。テンプレートには最低限の機能しかありませんので、文字のフォントを変えたり、色を変えるには追加でCSSを記述する必要があります。⇒デモサイトはこちら

Responsive

responsive

https://wordpress.org/themes/responsive

レスポンシブデザイン、SNS設定機能、カスタムCSSなど基本がそろっているテンプレートになります。また各投稿ページ(ブログ記述ページ)毎にページレイアウトを設定できる特徴もあります。サイドバーなしやサイドバーの幅を変更したりできます。⇒デモサイトはこちら

Simplicity

simplicity

http://wp-simplicity.com/downloads/

初心者でもしっかりwordpressを楽しむことのできるテンプレートになります。初期設定で必要なことほぼすべてが、テンプレートのカスタム画面で実行できます。主にSEO設定、広告設定、アクセス解析設定などです。

ただし、レスポンシブデザインにはなっていませんので、スマホでの操作や閲覧を考えている方には不向きかも知れません。またAllInOneSEOなど有力プラグインを検討している方には、機能が重複し、サイトの負荷につながるかもしれませんので注意が必要です。⇒ダウンロードサイトはこちら

StoryThemeforWordPress

story-theme-for-wordpress

http://wpthemejp.com/story-theme-for-wordpress

典型的なブログサイトデザインのテンプレートになります。メニューバーのオレンジ色が特徴的で、右サイドにも2列サイドバーがありますので広告の掲載を考えている方にはマッチすると思います。非レスポンシブで祖形な機能が一切搭載されていないシンプルなテンプレートになります。⇒デモサイトはこちら

Tistheseason

tis the season

http://wpthemejp.com/tis-the-season

ブログ記述欄が見やすく、シンプルな構造が特徴のテンプレートになります。Wordpressもブログも初めて、という方には扱いやすい設計になっています。ただし、トップの画像をお好みのものに変更しようと思うとちょっとややこしいかもしれません。⇒デモサイトはこちら

Tanzaku

tanzaku

https://wordpress.org/themes/tanzaku

新聞的な文字主体のブログにはうってつけのテンプレートです。もちろん画像もトップ画面に表示できますので、個性を前面に打ちだす事が出来ます。

ただし、文字のフォントやバックカラーの変更にはCSSの記述が必要になります。2010年からテンプレートの更新は行われていませんが、まだまだ使えるテンプレートです。⇒ダウンロードサイトはこちら

まとめ

WordPressの公式ホームページ上には現在3,013のテンプレートが登録されており、そのうち日本語に対応しているテンプレートは12(2015.1.29時点)になります。もちろん公式ホームページに登録されていないテンプレート(Gushなど)もありますが、圧倒的に数が少ない現状のが現状です。

こちらの記事も人気です!

image

未経験でも、現役エンジニアの手厚い指導が受けられるCodeCampのレッスン【無料体験】とは?

CodeCamp紹介動画

【CodeCampの無料体験】で知ることができる内容

  • 自分にあったプログラミング言語とは?
  • 初心者のための挫折しない学習の進め方

  • 独学よりも速く、確実にプログラミングを習得する方法

  • 満足度94.2%、現役エンジニアのマンツーマンレッスンとは?

  • CodeCampがプログラミング初心者から選ばれる理由

  • 未経験からエンジニア転職・フリーランスとして活躍するステップ

開催時間:毎日9時〜22時迄(所要時間40分)

PCとインターネットがあれば、日本全国どこからでも受講できます

CodeCampで学習できる言語・技術

HTML5, CSS3, JavaScript, JQuery, Photoshop, Illustrator, Bootstrap, PHP, MySQL, Ruby, Ruby on Rails, Swift, Android, Python, WordPress, Unity

HTML5, CSS3, JavaScript, JQuery, Photoshop, Illustrator, Bootstrap, PHP, MySQL, Ruby, Ruby on Rails, Swift, Android, Python, WordPress, Unity

CodeCampを無料で体験してみる

関連記事

CodeCampus編集部
この記事を書いた人
CodeCampus編集部
\無料体験開催中!/自分のペースで確実に習得!
オンライン・プログラミングレッスンNo.1のCodeCamp