WordPressだけじゃない!便利すぎるCMSツール6選

WordPressだけじゃない!便利すぎるCMSツール6選
目次
  1. Joomla! 洗練されたデザインが美しい!
  2. Movable Type ウェブログシステムの代名詞!
  3. OpenPNE 日本人好みのSNSが構築できる!
  4. XOOPS 日本発の定番コミュニティ構築ツール!
  5. Drupal 洗練された高機能CMS!
  6. WordPress 圧倒的シェアのブログシステム!

WordPressに代表される「CMS」とは、コンテンツマネージメントシステム(Content Management System)の略称で、今まではHTMLやCSSなどが書ける人しか触れなかったWebコンテンツを、Web担当者以外が簡単に管理できるように開発されたシステムのことです。例えば「ブログ」を思い浮かべてください。ウェブページを作るということを意識することなく、記事に挿入したりお気に入りの画像を選択し、文章を打ち込めばボタンひとつで記事が公開され世界中の人が閲覧できる状態になります。

しかし、CMSの可能性はそれだけではありません。

ここでは、そんなCMSの中から日本でも人気のあるものをいくつかチョイスして解説します。

Joomla! 洗練されたデザインが美しい!

joomla

デザイン的な洗練度NO.1のCMSです。ユーザー向け画面が洗練されているのはもちろん、管理画面も非常に機能的でクールなデザインで統一されています。一目見てすぐに機能が分かるアイコン、考え抜かれたレイアウトなど、管理画面を見ていてこれほどクリエイティブな気持ちにさせてくれるCMSは他にはないでしょう。

joomla2

豊富なデザインテンプレートや高機能な拡張機能(エクステンション)の多くは無料でダウンロードでき、専門的な知識があまりない方でも直感的に導入しやすく、かっこいいCMSサイトがすぐに作れてしまいます。

joomla1

■ 最新バージョン:Joomla! 3.4.1
■ 最新バージョン特徴:改良されたフロントエンドモジュールの編集、ウェブリンクの分離、コンポーザーの統合、グーグルの新しいreCAPTCHAと、ファイル名やファイル内容を調べることによって、最も悪質なアップロードを検出することができるUploadShieldコードを実装
■ システム使用条件: PHP 最低使用条件 5.3.10以上 推奨 5.4
MySQL 最低使用条件 5.1以上 推奨 5.1

■最新バージョン:Joomla!3.4.1

Movable Type ウェブログシステムの代名詞!

movable

ブログシステムとして老舗中の老舗と言えるのが、Six Apart社Movable Type (MT)です。Perlによって記述され、ブログにとどまらず、ウェブサイトのコンテンツを生成・管理するサーバソフトで、Apacheなどの標準的なWebサーバとMySQLなどのデータベースに組み込んで利用します。

MTの大きな特徴は「サイトの再構築」というシステムがhtmlファイルをWebサーバー上に生成してブログ(サイト)を構築するという機能です。

mt1

■最新バージョン:Movable Type 6
■ システム使用条件:
Perl 最低使用条件 5.8.1 以上 推奨 5.14.x
MySQL 最低使用条件 5.0 以上

OpenPNE 日本人好みのSNSが構築できる!

openpne

ミクシーのようなSNSが手軽に構築できます。日本人になじみの深い「あしあと機能」を初め、「マイフレンド」「メッセージ」「写真付き日記」「コミュニティー検索」などの機能を手軽に実装でき、デザインテンプレートも豊富。

pne1

もちろんPCからだけでなく、スマホやガラケーからもアクセスできます。

pne3

■最新バージョン:OpenPNE 3.8

■ システム使用条件:
PHP 最低使用条件 5.2.11以上
PHP の mbstring 拡張モジュールを使用可能
PHP の XML 拡張モジュールを使用可能
PHP の PCRE 拡張モジュールを使用可能 (UTF-8 サポート)
PHP の PDO 拡張モジュールを使用可能 (利用する DBMS のドライバも含む)
PHP の JSON 拡張モジュールを使用可能
PHP の mcrypt 拡張モジュールの使用を推奨
PHP の APC 拡張モジュールの使用を推奨
MySQL 最低使用条件 4.1以上 推奨 5.1

XOOPS 日本発の定番コミュニティ構築ツール!

xoops

純国産の定番コミュニティ構築CMSです。書籍もネット上にも活用方法やドキュメントなどが豊富で、定番のモジュールを組み合わせるだけで高機能なコミュニティサイトが簡単に作れます。

xoops1

あらかじめコミュニティサイトを作る上で必須なモジュールが同梱されている便利なサードパーティー製パッケージを使うと、インストールしてすぐにXOOPSをフル体験できます。

xoops2

■ 最新バージョン:XOOPS Cube Legacy 2.2.2
■ システム使用条件:
PHP 最低使用条件 5.0以上 推奨 5.2
MySQL 最低使用条件 5.0以上 推奨 5.0
XOOPS X(推奨サードパーティー製パッケージ)
ですぐに使用可能な同梱モジュール
■ システム系
altsys(システムモジュール)
Protector(セキュリティ)
MultiMenu(メニュー)
CubeUtils(ユーティリティ)
HypCommonFunc(携帯・スマホ対応:非モジュール)
hypconf(HypCommonFuncの設定用モジュール)
openid(OpenID認証)

■コンテンツ作成
pico(静的ページ作成)
Bulletin(ニュース)
D3forum(フォーラム)
Xpress(ブログ)
xpWiki(Wiki)
d3pipes(RSSリーダー)
GnaviD3(マップ)

Drupal 洗練された高機能CMS!

drupal

ホワイトハウスも採用している安定度抜群の高機能CMSです。機能的に極めて洗練された高機能モジュールを組み合わせれば、CMSサイトしてできないことは何もないと言ってもいいほどです。

drupal1

クールなテーマも世界中で作られており、有料無料あわせて簡単に取り込むことができます。もちろん現状最新バージョンDrupal7でもレスポンシブデザイン対応のテーマがほとんどで、現在ベータ版のDrupal8からはマルチデバイスが標準対応になります。

drupal2

■ 最新バージョン:Drupal 7
■ システム使用条件:
PHP 最低使用条件 5.2.5 以上 推奨 5.4
MySQL 最低使用条件 5.0.15以上

■次期バージョンの特徴:
おそらく今年中には正式リリースされるであろうDrupal8の最大の特徴は「Symfonyフレームワーク採用」です。
これにより、汎用性のある技術を活用でき、カスタマイズ性が向上します。
Drupal8自体の機能を拡張したり、他のSNSやECシステムとの連携も、柔軟に行うことができる予定です。

WordPress 圧倒的シェアのブログシステム!

wordpress

TIMEやCNNなどの巨大メディア企業のサイトから、日本の中小企業のコーポレートサイトまで幅広く採用されています。公式サイトによれば「インターネット上のサイトの23%がWordPressで構築されています」とのことで、その圧倒的なシェアはまさにCMSの代名詞と言っていいでしょう。

wp1

もちろんブログとしての機能が注目されますが、「Welcart」などのECプラグインを入れればECサイトとしても充分機能します。すぐに使い始めることができて、ECを初めとする高機能なサイトまで作れてしまうところがWordPressの人気の秘密でしょう。

wp2

■ 最新バージョン:WordPress 4.2.2

■ システム使用条件:
PHP 最低使用条件 5.2.4以上 推奨 5.4
MySQL 最低使用条件 5.0以上 推奨 5.5

■■ 最新バージョン特徴:
JIS X 0213の第3・4水準漢字 や 絵文字 がサポートされるようになりました。日本語ユーザーにとってはうれしい対応です。

以上、人気CMSをピックアップしてみました。
プログラミングをやる人は、これらの環境をインストールして触ってみるだけでもかなりの勉強になるはず。ぜひ試してみてください!

Tech 2 GO編集部
ライター
Tech 2 GO編集部

関連記事