まさか自分の仕事が!?AIに奪われる仕事とは?

2017年2月22日 (2017年3月23日最終更新)
まさか自分の仕事が!?AIに奪われる仕事とは?

AIやロボットなどの技術に代替されることによって、2030年までにはいまある仕事の50%がなくなるとされています。

つまり、家族がもし共働きだった場合、父親と母親のうちどちらかの働いている仕事がなくなるとされているということです。

ただし、いまある仕事がなくなるのと同時に、いまはまだない仕事が生まれてくるとされています。

今まであった仕事が無くなっていく、そんな時代が来る前にスキルをしっかりと備えておきたいものです。

今回は、どんな職業や仕事がなくなるか、逆に生き残るのはどんな職業や仕事なのか、そして今から備えておきたいスキルを解説します。

目次
  1. なくなる職業・仕事はなにか
  2. 生き残るのはどんな職業・仕事?
  3. 備えておきたいスキルとはなにか
  4. クリエイティブスキル
  5. リーダーシップスキル
  6. 起業スキル
  7. まとめ

なくなる職業・仕事はなにか

image

AIによって代わられる職業や仕事には、以下のようなものがあります。

- 銀行の融資担当者 - スポーツの審判 - 不動産ブローカー - レストランの案内係 - 保険の審査担当者 - 動物のブリーダー - 電話オペレーター - 給与・福利厚生担当者 - レジ係 - 娯楽施設の案内係、チケットもぎり係 - カジノのディーラー - ネイリスト - クレジットカード申込者の承認・調査を行う作業員 - 集金人 - パラリーガル、弁護士助手 - ホテルの受付係 - 電話販売員 - 仕立屋(手縫い) - 時計修理工 - 税務申告書代行者 - 図書館員の補助員 - データ入力作業員 - 彫刻師 - 苦情の処理・調査担当者 - 簿記、会計、監査の事務員 - 検査、分類、見本採取、測定を行う作業員 - 映写技師 - カメラ、撮影機器の修理工 - 金融機関のクレジットアナリスト - メガネ、コンタクトレンズの技術者 - 殺虫剤の混合、散布の技術者 - 義歯制作技術者 - 測量技術者、地図作成技術者 - 造園・用地管理の作業員 - 建設機器のオペレーター - 訪問販売員、路上新聞売り、露天商人 - 塗装工、壁紙張り職人 - 電話営業員 - 手縫い裁縫師 - 不動産ブローカー - 税務申告書作成者 - 経理担当者 - データ入力者 - 保険契約の審査員 - 不動産仲介業者 - ローン審査員 - 銀行窓口係 - タクシー運転手 - 法律事務所の事務員、秘書 - レジ係 - クレジットカードの審査員 - 小売営業員 - 医療事務員 - モデル - コールセンターのオペレーター - 飛び込み営業員 - 保険営業員
※英オックスフォード大学、マイケル・A・オズボーン准教授の論文「未来の雇用」で示された職種から抜粋。
出典 http://www.nikkei.com

これらの仕事がAIにとって代わられるとされています。

レジについては今でも機械化が進んでいますし、問い合わせなどもチャットボットでできるようになってきているので、なんとなくなくなりそうな理由がわかる職業も少なくないですね。

生き残るのはどんな職業・仕事?

image

では、逆にこれからも生き残るとされている職業や仕事はなんなのでしょうか?

- ソーシャルワーカー - 聴覚訓練士 - 作業療法士 - 口腔外科医 - 内科医 - 栄養士 - 外科医 - 振付師 - セールスエンジニア - 小学校の先生 - 心理カウンセラー - 人事マネージャー - コンピューターシステムアナリスト - 学芸員 - 看護師 - 聖職者 - マーケティング責任者 - 経営者
※英オックスフォード大学、マイケル・A・オズボーン准教授の論文「未来の雇用」で示された職種から抜粋。 出典 http://www.nikkei.com

以上のような職業・仕事が今後も生き残るとされています。

人間の精神面をサポートするような職業、クリエイティブな仕事を中心にこれからは生き残っていくことがわかりますね。

備えておきたいスキルとはなにか

今ある職業がどんどんと消えていくような状況がこれから訪れるとして、その時までに何を備えておけばよいのでしょうか。

クリエイティブスキル

image

AIができることというのは、基本的に1を100にするようなことです。

たとえば過去の大量のデータを分析して、あるサービスをよりよいものにすることはAIの得意分野です。

しかし、サービス自体をつくること、つまり0から1を作ることはまだまだ人工知能には難しいとされています。

それゆえ、エンジニアやデザイナーのようなクリエイティブ性を要求されるスキルを持っている人の需要は、これからも減ることはないと考えられます。

リーダーシップスキル

image 自動化、機械化がどんどん進み、悪く言えば人間味がなくなっていく世界だからこそ、人間とのコミュニケーションによって他者を導くスキルはより重要性を増していきます。

その中でも、リーダーシップは備えておきたいスキルの一つです。

これからの方向性を示したり、目標を設定したり、メンバー同士のつながりを強化したりと、一言では言えないスキルですが、今後はより一層重要になっていくことでしょう。

起業スキル

image クリエイティブスキルで述べたことと同じことになりますが、起業は0から1をつくることであり、それはAIにはまだまだ難しいことです。

ビジネスセンスや問題解決能力、時流を読む力など、複合的な能力を活かして新しいものをつくることは、人間だからこそなし得ることでしょう。

また、ふつうでは考えないような発想をひらめくことも、人間ならではであり、これから身につけていきたいスキルになります。

まとめ

image いかがでしたか。

AIや機械によって代替されていく職業・仕事の部分では、ドキッとされたかたもいらっしゃったのではないでしょうか。

人間の代わりにAIや機械が仕事をするようになると、今はないような全く新しい仕事ができてくるとも言われています。

ただ、その仕事がなんなのかというのは、人間の仕事が代替されはじめてから本当にはっきりとしていくことでしょう。

また、AIや機械はもちろん万能であるわけではなく、人間にしかできないこともあります。

それらのスキルを今から身につけていくことこそが、これからの世界を生きていく上で大切なのでしょう。

AIについて学習したい方向けにAIの入門書籍もまとめましたので、こちらも合わせて御覧ください。

【初心者向け】人工知能(AI)を知るためにオススメの入門書籍まとめ

黒田剛司
黒田剛司
大学生ライター。大学生活のかたわら、個人でサイト制作を受注。IT全般に幅広く興味あり。初心者でもわかりやすい記事を第一に書いています。

関連記事