工場勤務からWebデザイナーへ。25才からの挑戦



工場勤務からWebデザイナーへ。25才からの挑戦

工場勤務からWebデザイナーとして働くことを目指して、CodeCampでWebデザインを学習する山本さん。彼がWebデザイナーを目指す理由や、CodeCampをどのように活用していたか話してもらいました。

山本さんは、福岡県にあるパン工場で働いていますが、マニュアル通りの仕事ではなくスキルを身につけ、クリエイティブに働く仕事に興味を持ちWebデザインの学習をスタートしたそうです。

※山本さんが受講したコースはデザインマスターコースです。このコースの特徴は

  • 現役デザイナーによるデザインツールの使い方の基礎から個別指導
  • 未経験から本格的なWebサイト作成まで徹底サポート
  • エンジニアやフリーランスとしてのキャリア構築について、CodeCampの現役エンジニア講師に相談ができるキャリアTalk

デザインツールの使い方の基礎から本格的なWebサイト作成を学ぶコースです。コース詳細はこちらから確認してみてください!▶︎https://codecamp.jp/courses/master_design

目次
  1. スキルを持って、クリエイティブに働きたい
  2. キャリア支援システムを上手く活用して転職活動をしていく
  3. 自分の受けたいタイミングでレッスンを受講できる
  4. 転職が最終ゴールじゃない

スキルを持って、クリエイティブに働きたい

CodeCamp 梅村:まずは、これまでのお仕事の経験とプログラミングを学習した理由を教えてください。

大学を卒業し、特に目的が無いまま工場に就職しました。でも、その会社での仕事はマニュアル通りに作業するだけで仕事を続けることに不安があり、スキルを身につけて働ける仕事に転職したいと考えるようになりました。
そこでWebデザイナーという仕事に興味を持ち、転職する方法を探し始めました。

求人を見てみると、未経験で飛び込むよりも経験者が優遇される職業だったので、デザインやプログラミングの学習をして自分のポートフォリオを作ってからWebデザイナーに就職しようと決めました。

梅村:CodeCampの受講生で転職を目指している人はエンジニアを目指す方とデザイナーを目指す方の2つに大きく分かれるのですが、山本さんがエンジニアではなくデザイナーを目指そうと思ったきっかけはあるのですか?

Webデザイナーに興味を持って学習を始めたので、デザインマスターコースを受講しました。ただhtml,css,javaScriptを学習するにつれて、Webデザイナーに限定せず今学習している内容を活かしたキャリアも考えるようになりました。
例えば、フロントエンドエンジニアはその一つだと思います。

梅村:これからどんな企業の選考を受ける予定ですすか?

まだ具体的な企業までは決まっていないのですが、大切にしている趣味と仕事がある程度は両立できることと、かつ福岡在住なので福岡市内の会社に行きたいと考えています。

これから、CodeCampのキャリア支援を上手く活用しながら転職活動を進めていくつもりです。

梅村:そうですね。弊社と提携しているレバテックをご登録していただくとCodeCampでの学習した証明を含めて支援できるシステムになっていますので、ぜひ上手くご活用ください。

キャリア支援システムを上手く活用して転職活動をしていく

梅村:今回CodeCampを選んでいただいた理由は何ですか?

夜勤があって生活が不規則な仕事なので、スクールに通うのではなくオンライン受講に絞って探しました。 その中で、ネットの評判がよく、レッスンが受講できる時間も朝7時から23時と幅広い時間帯で受講できるということでCodeCampに決めました。

梅村:オンラインでレッスンを受けたり学習をするのは始めての経験だということですが、実際に受講してみての感想があれば教えてください。

そうですね。オンラインで学習するのは初めてでした。でも、始める前からオンランレッスンの方がスクールに通学するよりも効率的で便利だと思っていて、実際に受講してみて期待通り学ぶことができました。

梅村:レッスンではいろんな先生を受講した後、田子森先生のレッスンを軸に学習を進めていましたね。 田子森先生を選んでいたのは相性が合う、もしくは分かりやすいなどありましたか?

そうですね。私の場合は、JavaScriptの部分で「何が分からないのかが分からない」状況になってしまって。その時に田子森先生は自分が躓いていることを理解してくれて、積極的になぜ分からないのかを指摘してくださったのでとても助かりました。

また、松木先生のレッスンを受けた時は、実践的なコードの書き方やショートカットキーなどを教えていただき、自分が着実に成長できていると実感しました。

自分の受けたいタイミングでレッスンを受講できる

梅村:今回はデザインマスターコースを受講していただきましたが、カリキュラムの中で分かりやすい、分かりにくい箇所はありましたか?

基本的に分かりづらい部分はなかったです。疑問に思った部分も受けたいタイミングでレッスンを受講することができたのですぐに解消することができました。

個人的にはBootstrapのレッスンが一番楽しかったです。スマホで文字やデザインが綺麗に見えるレスポンシブデザインを学んだことで、世の中の裏側を覗くことができたのでとても楽しかったです。

梅村:現役でエンジニア、デザイナーとして働く講師にキャリアについて聞くことのできるキャリアTalkを活用されてみてどうでしたか?

キャリアTalkでは、「CodeCampの受講終了後どのようにデザインを学ぶべきか?」であったり「転職するまでの間に取り組むべきことは何か?」などを教えていただきました。
そこでは、転職までの間の期間に自分のポートフォリオを増やしたほうがいいとアドバイスをいただきました。

実際に、クラウドワークスを利用してロゴのデザインコンペに私の作品を投稿して、採用された作品と私の作品の違いを学んだり、レッスンで作品について講師の方にフィードバックをもらいつつ実践的に学習することができました。

梅村:素晴らしいチャレンジですね。お話を聞いていくと、お仕事の両立でかなり忙しそうだなと思ったのですが、1週間どのようなスケジュールで受講されていたのですか?

基本的には、仕事が終わり家に帰ってから1時間自習と制作をして、朝起きてからレッスンを受講していました。休みの日は、レッスンを受ける回数を増やし、レッスン受け先生に言われたことを復習して2時間後にレッスンを入れる流れで学習効率を高めていました。

梅村:お忙しい中でその学習スケジュールだと挫折しそうになったり、辛いと感じたタイミングは無かったですか?

課題が難しくつまづく事は多かったですが、すぐにレッスンを受講して講師の方に聞く事で挫折はしませんでした。幅広い時間帯で受講出来たので不規則な勤務の自分にはとても助かりました。

転職が最終ゴールじゃない

梅村:CodeCampで学習して、これからどんな会社に入社してどのようにキャリア構築していきたいなど、今後の展望についてお聞かせください。

まずは自分でつくったデザインを世の中に出して利用されるようになりたいです。
また、転職することも一つのゴールですが、転職後に生き生きと仕事をするためにも、仲間と共に新しいことにチャレンジし続けたり、やりたい目標が常にある状態にすることが重要だと思っています。

梅村:最後に、これからプログラミングやデザインを勉強する方に何かアドバイスがあれば教えてください。

CodeCampにはたくさん講師がいます。効率的に学習を進めるためにも相性の合う講師を軸に学んでいくことがモチベーションを上げて成長を続けるコツだと思います。

あとは、幅広い時間帯でどこでもレッスンを受講できるので、忙しい人にもオススメできると思います!

関連記事

CodeCampus編集部
この記事を書いた人
CodeCampus編集部
\ 無料体験開催中!/自分のペースで確実に習得!
オンライン・プログラミングレッスンNo.1のCodeCamp