みんな気になる!Swiftエンジニアの年収はいくら?



みんな気になる!Swiftエンジニアの年収はいくら?
目次
  1. みんな気になる Swift エンジニアの年収</span>
  2. Swift エンジニアの年収
  3. Swift と Objective-C
  4. Swift の求人数
  5. Swift のこれから
  6. まとめ

さて今回で 3回目となるプログラミング言語別の年収レポートですが、今回は 2014年に登場したモダンなプログラミング言語Swiftについてお知らせしたいと思います。

Macファン、必見です!

みんな気になる Swift エンジニアの年収

Swift エンジニアの年収

画像出典:TNW

Swiftエンジニアの年収は、総じて高めです。例えば開発経験10年の38歳の方は年収1300万円、入社8年目の方は1200万円、Objective-CやPHP 、Javaに比べると高めの傾向にあります。

また年俸最大 1000万円で求人を出している企業の割合もSwiftの場合、高い傾向にあります。転職サイト キャリコネ* を参考にしてみるとSwift求人562件中 80件(約15%)が 1000万超えとなり、Objectiv-C(約9%)やPHP(約 4%) 、Java(約 6%)に比べると高い割合を示しています。

Swiftエンジニアの年収が高い傾向にある理由は、求人内容にあると考えられます。Swiftの求人案件には、プロジェクトマネージャーやリーダー、設計など上流工程の求人案件が多くあります。

上流工程の仕事は、高い技術力と幅広い知識、豊富な経験が必要となり、必然的に年収も高い傾向にあります。そのため高額な年収が設定されていると思います。

Swift と Objective-C

画像出典:SkilledUp

Swiftが登場(2014年6月)して 2年以上なりますが、iPhoneアプリの開発現場ではObjective-Cの方が人手不足のようです。

【求人比率】 Objective-C : Swift = 2:1

参考/パイザ *、キャリコネ*

Objective-Cのエンジニアを求人する理由は、色々あると思いますが、だいたいがアプリ更新作業や改修 になると思います。

求人比率以外にも Objective-CとSwiftには仕事的に違いがありますので、ご紹介させて頂きます。

【業務案件】 請負開発:自社開発 = 1:1

他のプログラミング言語に比べると、Swift エンジニアは、自社のアプリ開発用求人が多いです。

クライアントとの打ち合わせや作業がチョット大変そうかな、、、自分の考えも積極的に採用してほしいな、という方にSwift 就職は向いてると思います。

また、技術力向上の面でも社内スタッフと切磋琢磨してプログラムを考えていきますので、効率的と考えられます。

【業務レベル】 下流工程 : 上流工程 = 1 : 2

開発経験のあるSwiftエンジニアが少ないせいか、各企業は積極的にマネージャーやプランナークラスの上流工程を任せられる人を求めています。

これに対してObjective-Cは、比較的下流工程の求人が多いように感じます。将来のスキル、高年収を狙うならSwiftエンジアとして上流工程の業務経験は貴重な機会と思います。それに上流工程って単純にカッコイイですよね、例えばAbemaTV*というアプリ開発の求人とか。

また求人一覧(DODA* など)を見ていますと、ソニーや三菱電機グループ、横浜DeNAベイスターズなど大手がSwiftエンジニアを募集しています。大手でプログラマーとして働いてみるのも、一つの経歴としていいかもしれませんね。

上記各比率は、求人サイト キャリコネを一望した感覚的な数字です。ご了承下さい。

Swift の求人数

画像出典:Pinterest

まだまだiOS、OSXのアプリ開発の現場ではObjective-Cの方が求人案件が多いですが、フリーランス市場においては、Swift に軍配があります。

まず 去年の話題になりますが、2015年開発元がフリーランスに求めたプログラミング言語の増加率でSwiftが1位(600%増)になりました。これに対して Objective-C は 138% と微増となっています。(参考

また世界最大のフリーランス市場Upworkにおいては、Objective-Cの仕事580件に対して、Swiftは775件 となっています。

Swift のこれから

画像出典:Udemy

Swiftは、JavaやCのように長い歴史があるわけでもなく、特別求人が多いわけでもないので職業としてSwift大丈夫かな?と不安に思う方もいらっしゃると思います。

ここではそんな不安を解消すべく、Swiftのリアルに迫ってみたいと思います。

まずSwiftエンジニアの根本には、Swiftが動くMacPCやiPhoneなどMac製品の普及が大きく影響してきます。Mac製品が拡大すれば、Swiftのマーケットも拡大し、仕事の増加も見込めるというものです。

また、パソコン部門のシェアは、Macはこの 5年でシェアを1.7%増やし、iPhoneのシェアは横ばい です。しかし、スマホユーザーは世界で増えて* いますのでiPhone利用者の数としては増加傾向になります。

2015年12月にSwiftはオープンソース化されて、Mac PC以外のUbuntu(Linux)でも利用できるようになってきています。また、フレームワーク(例:Perfect*)やライブラリの開発も充実してきて、OSXやiOSの枠を超えて利用が拡大してきています。

このようなことからSwiftの需要は今後も継続し、強いてはSwiftエンジニアの需要も継続すると考えられます。

まとめ

Swiftエンジニアの求人情報を見ていますと、『アプリ開発経験あり』や『実務経験あり』でプロジェクトのリーダーになれたりするみたいなのです。

そのため、早く高い給料を貰いたい、と考えている方には魅力的なプログラミング言語と思います。

Javaの年収をまとめた記事はこちらになります!やはり年収。気になってしまいますよね!

みんな気になる!Javaエンジニアの年収はいくら?

関連記事

黒田剛司
この記事を書いた人
黒田剛司
\ 無料体験開催中!/自分のペースで確実に習得!
オンライン・プログラミングレッスンNo.1のCodeCamp