【Java入門】独学で使えるおすすめ勉強サイト10選



【Java入門】独学で使えるおすすめ勉強サイト10選

Javaを習得しようとして「Java 学習 サイト」などとネット検索をしてみたものの、どのサイトで学習しようか迷ったことはないですか? Javaは歴史が長いだけあって、様々な個性を持った学習サイトが数多く存在します。サイト選びにも迷ってしまいますね。

そこでプログラミングをどうやって学ぼうか考えている人や、じっくり腰を据えて習得したい人に向けて、役立つサイトを10個まとめました。どれも有用なものばかり。あなたに合ったサイトが見つかるかもしれませんので、ぜひ実際にサイトをみてチェックしてみてください!

※できるだけ無料のサイトをまとめましたが、一部有料のコンテンツを持つサイトもあるのでご注意ください

image

目次
  1. Javaの基礎を固めたい人に
  2. わかりやすい説明「JavaDrive」
  3. 図解でわかりやすい「Java初心者入門講座」
  4. 追加情報続々「エンジニアの入り口」
  5. アプリを作りたい人に
  6. 初心者に寄り添う構成「一番かんたんなJava入門」
  7. 圧巻の無料テキスト「Tech Institute」
  8. 他のプログラミング言語なら経験がある人に
  9. 教科書・備忘録に「Java入門」
  10. C言語→Javaに挑戦「ほぷしぃ」
  11. どう学習すればいいかわからない未経験者に
  12. 動画で学ぶ「ドットインストール」
  13. マンガ+解説「マンガでわかるJava入門講座」
  14. 手を動かしてみよう「CODEPREP」
  15. まとめ

Javaの基礎を固めたい人に

わかりやすい説明「JavaDrive」

image

画像出典:JavaDrive

公式サイト

  • 特徴:初心者向け、見やすいレイアウト・構成の解説

「初心者の方でも分かりやすい学習サイト」であるJavaDrive。コンテンツのひとつ「Java入門」では、Javaについて初心者向けに解説されています。プログラムの作成手順から用語の解説、実際に試せるサンプルコードまで丁寧に説明されており、入門編としては十分な範囲をカバー。

他にも「Android入門」や「Eclipse入門」、「Java正規表現の使い方」といったコンテンツがあります。

※Eclipse:開発に必要なツールがそろった統合開発環境。Javaによる開発でよく使われる

図解でわかりやすい「Java初心者入門講座」

image

画像出典:Java初心者入門講座

公式サイト

  • 特徴:図解付きで丁寧、初心者向けの解説

Javaプログラミングの面白さから始まり、環境設定や基礎知識などを図解で学べるサイト。

このサイトで使用しているJavaのバージョンがJava 6、画像も古いのが難点ですが、手順をひとつひとつ丁寧に解説されているのが大きなポイントです。

追加情報続々「エンジニアの入り口」

image

画像出典:エンジニアの入り口

公式サイト

  • 特徴:初心者向け解説、現在更新中

Javaの知識を順番に少しずつ学べるような構成になっているサイト。初心者向けの解説記事と、1つのテーマを深堀した記事が混在していて、わかる部分は飛ばして先に進めることもできます。

現在も随時新しいコンテンツが追加されているので、連載のように読むことができるでしょう。

アプリを作りたい人に

初心者に寄り添う構成「一番かんたんなJava入門」

image

画像出典:一番かんたんなJava入門

公式サイト

  • 特徴:初心者に親しみやすい文体

プログラミング初心者ながら、学習を経てアプリリリースまで行った経験を持つ管理人による超入門サイト。初心者に寄り添った文章の書き方で、Javaとアプリ開発の初歩的な知識が網羅されています。書籍や参考サイトなどの紹介もあるので、わからないところをどう調べればよいかのヒントになることでしょう。

アプリを作る目標があるものの、どうやって学習を進めればよいかわからないのであれば、同じ境遇を味わった人の作ったサイトで勉強すると心強いのではないでしょうか。

圧巻の無料テキスト「Tech Institute」

image

画像出典:Tech Institute

公式サイト

  • 特徴:Android開発を網羅するテキストが無料で公開

プログラミングスクール「Tech Institute」が無料で公開している「アプリ開発者養成講座テキスト」。Androidアプリ開発に必要な知識が、教科書として幅広く記載されています。Javaに関しても基本的な知識を説明した140ページ弱のファイルがあります。

2014年6月~12月時点の情報なので最新情報は各自補足する必要がありますが、アプリに関する知識とJavaの習得を同時に行いたい人には充分なほど圧巻のテキスト量です。

Mid_IV_Hatagishi

他のプログラミング言語なら経験がある人に

教科書・備忘録に「Java入門」

image

画像出典:Java入門

公式サイト

  • 特徴:長年公開。超初心者~中級者向けの解説

Javaの基礎、制御文、配列、クラスの基礎といったようなカテゴリ分けで解説、それぞれがある程度深堀されています。

プログラミング未経験者には難しく感じるかもしれませんが、他の言語でプログラミングを経験しているなら読みやすい内容ではないでしょうか。

少し前のバージョンでの解説なので情報が古くないかどうかの確認が必要ですが、それでも入門~中級の知識を得るには十分な内容です。プログラミングで困ったときに、備忘録として読むエンジニアもいるのだとか。

C言語→Javaに挑戦「ほぷしぃ」

image

画像出典:ほぷしぃ

公式サイト

  • 特徴:C言語習得済みが前提、比較しながら学習

Javaは元々C言語とC++を参考に作られた言語。IT技術関連情報と長野県の紹介をするポータルサイト「ほぷしぃ」内に、C言語を学んだ人向けのJavaの学習コンテンツがあります。

C言語をまったく知らないと厳しい内容ですが、過去C言語を学んだことのある人なら、無駄と感じる説明が少ないので進めやすいかもしれません。

どう学習すればいいかわからない未経験者に

動画で学ぶ「ドットインストール」

image

画像出典:ドットインストール

公式サイト

  • 特徴:いつでも見られる3分程度の動画
  • 価格:一部機能は無料、すべての機能が使えるプレミアム会員は月額980円(税込)

「3分動画でマスター」と銘打つ、初心者向けのプログラミング学習サイトです。HTML入門、JavaScript入門といったシリーズが組まれ、動画レッスンが無料で提供されています。動画は1本3分程度。各言語の学習からアプリ開発の基礎、ツールの使い方まで、カテゴリは多岐に及びます。

Javaに関しては、  

  • 「Java 8 入門」(全43回のうち第5回まで無料)
  • 「Androidアプリ開発入門」(全10回)

があります。

プレミアムサービス(月額980円・税込)では中上級者向けの動画とテキスト、ソースコードを見ることができます。

マンガ+解説「マンガでわかるJava入門講座」

image

画像出典:マンガでわかるJava入門講座

公式サイト

  • 特徴:全104話832ページの漫画と解説

漫画で学べるサイト「マンガPG」内に「マンガで分かる Java入門講座」があります。テーマごとに、漫画→解説と続く構成(コラムだけのものもあります)。漫画でハードルが下がる分、詳しく書かれている解説がしっかり頭に入りそうです。2013年から作成されたものですが、その後も随時更新されています。

Javaの他に、未経験者が警戒してしまいそうなプログラミング用語も漫画で解説されているので、楽しみながら学習できそうですね。

手を動かしてみよう「CODEPREP」

image

画像出典:CODEPREP

公式サイト

  • 特徴:オンライン教材を使い、穴埋めドリル形式問題を解く

無料提供されているオンライン教材(ブック)をこなすことで、直感的にプログラミングを書く習慣をつけながら学んでいくことができるサイト。

Javaに関しては「はじめてのJava」「JavaのMapを理解する」が公開中。環境構築がいらず、簡単な穴埋めから始まるのでサクサク進みます。所要時間は1冊10分~30分、飽きることのない時間設定となっています。

自力で解決できない問題は、各ボードに設置された「ディスカッションボード」で質問することが可能。進捗状況も明確に表されており、学習を続ける習慣が身につきそうです。

Webサイト担当者としてのスキルが身に付く

CodeCampの無料体験はこちら

まとめ

高度な内容になってくるとコンテンツが少なく有料となることもあるのですが、基礎的な内容であれば無料のサイトはたくさんあります。ぜひ自分に合ったサイトを見つけてください。

※各サービスの内容は2017年5月時点の情報です。最新情報は各サイトでご確認ください。

image

関連記事

murase miho
この記事を書いた人
murase miho
\ 無料体験開催中!/自分のペースで確実に習得!
オンライン・プログラミングレッスンNo.1のCodeCamp