どこがオススメ!?7つのプログラミングスクールを価格で徹底比較

どこがオススメ!?7つのプログラミングスクールを価格で徹底比較

昨今のプログラミング・ブームに伴って、全国的にプログラミング・スクールが注目されています。多くのスクールは Web サイトや Facebook などで情報発信していますが、素人にはどこが自分に当てはまるのか分かりにくいでしょう。

そこで今回は、社会人向けの主だったプログラミング・スクールをピックアップし、特徴や値段について触れていき、皆様のフィッティングにお役立ちできればと思います。入ってよかった! と思えるスクールを是非見つけてください。

image

目次
  1. ご紹介の前に、プログラミングスクールに通うことの重要性
  2. プログラミング・スクール一覧
  3. CodeCamp
  4. CodeIncubate
  5. ヒューマンアカデミー
  6. インターネット・アカデミー
  7. RainbowApps
  8. オモドック
  9. KENスクール
  10. まとめ

ご紹介の前に、プログラミングスクールに通うことの重要性

プログラミング学習において今から学習を始める方、挫折されたもしくは挫折中の方で、独学でいこうか?スクール行こうか? 悩まれている方もいらっしゃるでしょう。

そこで、まず最初にプログラミング学習に挫折する傾向についてご紹介しておきたいと思います。

挫折、というとネガティブな印象を受ける方が多いと思いますが、現役プログラマーの多くも挫折は経験しています。

例えば、

  • サンプルコードさえも実行できないなど、多くの挫折も経験しました STORYS.JP のエンジニア 和田さん
  • 反省や挫折を繰り返して、人は成長すると私は思う 在宅女性プログラマー
  • 独学での習得は挫折しているため、同じようにやってもダメだ ぽこぽこさん

挫折はつきものだ、という認識を持つと共に、こうした先輩方から学ぶことがあります。

それは、独学や交流なしではプログラミング習得の難易度が上がり、挫折してしまうリスクが高まり、逆にいえば、独学ではなく教師(メンター)がいれば挫折リスクは大幅に低減できる、ということです。

そこで、独学ではなく教師がいるものといえば、スクールでしょう。ただし、スクールの場合コストが大きなデメリットです。ところが、昨今のエンジニア不足を受けて、無料〜低価格でプログラミング・スクールを受講できるところも出てきています。今から学習を初めてプログラマーを目指す方にとっては絶好の好機といえるでしょう。

受講料の分割払いなどで経済的負担を和らげ、未来の自分に投資することができるようになってきています。今は、何をどこで学ぶために、どれくらいコストをかけるべきか検討してみてはいかがでしょうか。

プログラミング・スクール一覧

CodeCamp

画像出典:CodeCamp

Webマスターコース 148,000円など

日本初の全講師現役エンジニアによるオンライン・マンツーマンのプログラミングスクールです。例えば、忙しくてスクールに通えない社会人向けに習時間の利用枠を朝7時から24時まで提供していたり、現役エンジニアが教えてくれるので実用的な技術を身につけられたりとプログラミング初学者にとっては頼りになるスクールです。

プログラミングはPHP、MySQL、Javascript、JQuery、Javaに対応、他にも、Androidアプリやiphoneアプリ、Webデザインコースもあります。Webデザインコースは現役デザイナーが教えてくれます。

時間と場所を選ばないオンラインの強みを最大限に活かされたサービスです。


CodeIncubate

image

画像出典:CodeIncubate

受講料実質 0円

こちらは2016年にリリースされたエンジニア養成型のプログラミング・スクールです。プログラミング初心者でも2ヶ月間のレッスンで教育を受け、即戦力となるようにプログラミング以外のビジネス、IT スキルも高め、就転職を斡旋してくれます。

既にプログラミング・スクールとして高い実績を納めている CodeCamp 社が運営していますので、エンジニアとして働きたい!という方にはおすすめのスクールです。

*入会時に10万円など受講料支払いが必要(分割可)ですが、就転職が成功すれば全額キャッシュバックされます。


ヒューマンアカデミー

image

画像出典:ヒューマンアカデミー

Webプロフェッショナルコース 529,000円 など 通学形式のプログラミング・スクールの中で最も教室が多いところです。通学が不便で、という挫折要因を払拭してくれます。Webサイトのデザインや開発で挫折経験がある方にむいているスクールです。

上記のWebプロフェッショナルコースは若干高いですが、Webデザインやコーディング、プログラミングなど一通り網羅した内容になっています。


インターネット・アカデミー

image

img : Internet Academy Facebook

画像出典:インターネット・アカデミー

Webプロデューサーコース 814,114円(税込)など20年以上の実績と 25,000名以上の生徒を送り出し、グループには Web デベロッパー大手の ITRA 社があり、都内で通学形式で学ぶなら検討したいスクールです。生徒さんの受講スタイルもフレキシブルで、スクール・マンツーマン・オンデマンドと自身の都合で学習形態を変えることができます。

Web アプリケーションについては、PHP、Java に対応し、Android や iPhone のアプリ開発の取り扱いはありません。


RainbowApps

image

画像出典:RainbowsApp

RainbowApps

iPhoneアプリ開発コース 大人 99,800円 学生 49,800円 など RainbowApps は、アプリ開発専門のスクールで、現在全国に5箇所教室を構えてサービスを展開しています。2009年のサービス開始から今年で 6000名以上の方が卒業し、高い実績を上げています。

生徒の約8割がプログラミング初心者といわれていますので、これからアプリ開発を始めようと考えている方も気落ちせずに堂々と申し込むことができます。


オモドック

image

画像出典:オモドック Python データサイエンス35回コース ¥238,000など こちらのスクールは、25年以上の実績と高い技術力が自慢のスクールです。定番の PHP や Java、C/C++ に加えて、Python や R もカリキュラムに入っています。

データサイエンス、統計学で挫折した経験がある方は参考になるサービスです。

KENスクール

img : グースクール

画像出典:KENスクール

iPhone & Androidアプリ開発コース 272,000円など

こちらは、通学形式のスクールで、ユーザー・レビューによると先生 1人に対して生徒3人の割合が多く、主にテキストに沿った自習形式で、分からないところを先生に聞く、というスタイルで学習が進められます。

はじめてプログラミングを学習したり、アプリ開発する人にとっては十分なサービスとコメントされています。また最大の特徴は、安さにあります。

iPhone と Android アプリ開発コースでは、1時間あたりのレッスン料が3,090円なので、一般的なスクールより2割から3割安い計算です。

まとめ

プログラミング・スクールの学習コストは、家電製品の様に対象物が均一でないため一概に”安い””高い”というのが分かりにくいですが、自分の学習目標(キャリアアップ、就職・転職、独立企業)、サービス全体とユーザー・レビュー、トータル費用を考えていくと、自分なりの高い・安い、というのが見えてくるでしょう。。

image

オシママサラ
ライター
オシママサラ

関連記事