PHP研修を受けるならここ!プログラミング研修が受けられる企業5選

PHP研修を受けるならここ!プログラミング研修が受けられる企業5選

今回はPHPの研修を提供している企業についてレポートいたします。 PHP研修は以前にご紹介したJavaと比較すると研修内容が様々で、データベースやフレームワークなど+αの部分がコースによって違ってきます。

目次
  1. PHPのプログラミング研修を提供している企業5選
  2. CodeCamp
  3. リナックスアカデミー
  4. シンクスバンク
  5. アイクラウド研修サービス
  6. CTC 教育サービス
  7. まとめ

PHPのプログラミング研修を提供している企業5選

CodeCamp

コードキャンプのプログラミング研修|CodeCamp-PHP CodeCamp

  • 研修体系/マンツーマン・オンライン
  • 場所/オンライン
  • 時間/10:00~23:40
  • 講師/現役エンジニア
  • 目標/PHPの基礎からデータベースの応用まで
  • 費用/148,000円(Webマスターコース)

マンツーマン・オンライン・レッスンのCodeCampでPHP研修を受講することができます。 PHP研修は数多く開催されていますが、本格的なオンライン研修を受講することができるのはCodeCampのみです。

初期設定が不要で、時間場所を選ばずに学習ができる環境をはじめ、ユーザビリティが高い管理画面などプログラミング初心者でも学習を進めやすいように配慮されている点が特徴的です。


リナックスアカデミー

リナックスアカデミーリナックスアカデミー

  • 研修体系/集団(少人数)
  • 場所/新宿、横浜の2校
  • 時間/9:30~18:00(PHP入門コース)
  • 講師/現役エンジニア
  • 目標/webアプリとPHP、PHP基本構文、webセキュリティーの理解
  • 費用/75,000円(PHP入門コース、15時間)

2001年からIT研修を提供しているリナックスアカデミーで、PHPを受講することができます。 研修の中でもLAMP(Linux + Apache + MySQL + PHP/Perl/Python)に関する講義が好評で、そのこともあってか受講コースは『オーダーメイド型』と『定期開催型』の2パターンが用意されています。 また研修の様子を拝見できる「施設見学」は、オープンソース専門スクールらしい計らいですね。

シンクスバンク

シンクスバンク

  • 研修体系/集団
  • 場所/新宿、池袋、北千住、横浜、名古屋、梅田
  • 時間/10:00~21:30(PHPベーシック講座)ただし木曜日と土日は終了時間が19:30もしくは18時
  • 目標/PHPの基礎からデータベースの応用まで
  • 費用/103,000円(PHPベーシック講座、20時間)

シンクスバンクは、コンピューター教育で28年の実績をもつKENスクールが運営する研修サービスになります。 長年の実績と選べる受講スタイル、充実の講師陣に定評があります。 受講スタイルは3タイプ提供されていて『通学型』『集合型』『派遣型』があります。 PHPの研修内容は、『PHPベーシック講座』『PHP+WordPress』『PHPショッピングサイト』『PHPフレームワーク(Zend Framework)』の中から受講できるようになっています。

アイクラウド研修サービス

アイクラウド研修サービスアイクラウド研修サービス

  • 研修体系/集団
  • 場所/自社もしくは日本橋会場、青山会場、新宿会場、名古屋、大阪、福岡
  • 時間/9:00~17:30
  • 目標/PHP、データベース、フレームワークCodeIgniterの習得と応用(PHP 経験者向け26日コース)
  • 費用/487,500円(PHP経験者向け26日コース)

ウェブマーケティングやコスト削減&業務効率化に特化した研修を提供する『アイクラウド研修サービス』では、一般的なPHP教養に加えてたくさんの演習問題をこなすことができます。演習問題の事例としては、ログイン認証の実装やページ分割機能の実装、メール送信などがあります。 PHP開発者を養成したい企業にとっては、有効な研修内容になっていると思います。


CTC 教育サービス

CTC 教育サービスCTC教育サービス

  • 研修体系/集団
  • 場所/全国40会場以上
  • 時間/9:30~17:00(PHPプログラミング演習)
  • 講師/現役エンジニア
  • 目標/PHPの基本文法、データベース、webアプリの理解と実践
  • 費用/86,400円(PHPプログラミング演習2日間)

ITコンサル・施工・保守管理を提供するCTCテクノロジーの教育サービスになります。 伊藤忠テクノソリューションズの豊富な経験・ノウハウを活かして、より実践的なプログラミング研修を受けられる特徴があります。 全国に15の施設を持ち、施設全体の同時収容人数は400名など大規模な研修に対応することができます。 PHP単体の研修は回数が少なく、基本的にはカスタマイズ研修が主流となっています。

まとめ

PHPの研修を検討する際は、研修で使う開発環境も重要な要素になってきます。PHPの開発環境としては、Eclipse(IDE:総合開発キット)を使うパターン、テキスト+XAMMPやMAMPを使うパターンなどがあります(CodeCamp 社の場合は、アカウント開設時に PHP 環境構築済み)。

実際にやってみると分かるのですが、初めての方にとっては本題に入る前の開発環境の構築ですらイライラすることがあります。このようなことから時間があれば、まずは研修ご担当者様が体験されてみるとよいかもしれません。

コードキャンプのプログラミング研修|CodeCamp

オシママサラ
ライター
オシママサラ

関連記事