ゼロから始めるIllustrator講座Vol.14 パスの構造



ゼロから始めるIllustrator講座Vol.14 パスの構造
目次
  1. ゼロから始めるIllustrato講座Vol.14パスの構造
  2. パスの構造

ゼロから始めるIllustrato講座Vol.14パスの構造

パスの構造

Illustratorで描画するオブジェクトは、点(アンカーポイント)線(セグメント)パス

10050010_010

パスには、オープンパスとクローズパスの2種類があります。

は、始点と終点が別の位置にあるものです。[線]ツールで描画した直線などがこれにあたります。オープンパス

10050010_020

は、始点と終点が同じ位置にあり、クローズしているものです。[長方形]ツールで描画した長方形などがこれにあたります。クローズパス

10050010_030

Illustratorには、さまざまなツールがありますが、使用するツールが異なっても、最終的に描画したオブジェクトは、パスということになります。中でも、[ペン]ツール


[ペン]ツールによる基本的な4つの描き方

(1)直線のみで描く

(2)曲線のみで描く

(3)直線と曲線もしくは曲線と直線を組み合わせて描く

(4)曲線と曲線を組み合わせて描く

まずは、この基本的な4つの描き方をマスターしましょう。複雑なイラストも、点と線が連続するパスであり、この4つの描き方を組み合わせてできるものです。基本的な4つの描き方をマスターしたら、具体的なイラストをトレースする練習することで、[ペン]ツール上達につながります。

NEXTLESSON直線の書き方直線の書き方

PREVLESSONパスファインダーパスファインダー

目次-ゼロから始めるIllustrator講座目次-ゼロから始めるIllustrator講座

CodeCampus編集部
この記事を書いた人
CodeCampus編集部
\ 無料体験開催中!/自分のペースで確実に習得!
オンライン・プログラミングレッスンNo.1のCodeCamp