【初心者必見】Google Apps Scriptを今すぐ学びたくなる3つのメリット



【初心者必見】Google Apps Scriptを今すぐ学びたくなる3つのメリット

突然ですが、あなたはGoogle Apps Scriptを利用していますか?名前をはじめて聞いたという方もいらっしゃれば、バリバリに使っているという方もいらっしゃることでしょう。

今回は、Google Apps Scriptの初心者に向けて、Google Apps Scriptとはそもそもなんなのか、学ぶとどんなメリットがあるのかをお伝えします。

目次
  1. Google Apps Scriptとは
  2. Google Apps Scriptの特徴
  3. Googleサービスと連携している
  4. 開発環境が不要である
  5. 完全無料である
  6. Google Apps Scriptを使用するメリット
  7. 外部アプリケーションとの連携ができる
  8. PCを起動していなくても自動で動作する
  9. JavaScriptを学ぶことができる
  10. まとめ

Google Apps Scriptとは

image

そもそも、Google Apps Scriptという言葉をはじめて聞いた、というかたもいらっしゃることでしょう。Google Apps Scriptとは、その名の通りGoogleが提供をしている、JavaScriptのスクリプト環境のことです。

ゆえに、JavaScriptを書けるという方でなければ、そのメリットを受けるのは難しいかもしれません。Google Apps Scriptでは、Googleのサービス上でJavaScriptを用いることで、オリジナルの機能を作ることができます。

あえて言うなら「VBAのようなもの」

image

よく似た機能としてあるのが、MicrosoftのOfficeソフトに搭載されているVBA(Visual Basic for Applications)です。用途としては、業務の自動化や入力フォームの作成など、様々なものがあります。

ExcelやPowerPointといったMicrosoftOfficeのソフト上で、VBAを使用することで自分の思い通りの機能をつけることができるのです。

Googleのサービス上で使用できるVBAのようなもの、というとわかりやすいかもしれません。Googleが提供しているサービスは徐々に増えつつあるので、想像以上に様々なことができると言っても過言ではないでしょう。

Google Apps Scriptの特徴

image

ここまでで、Google Apps Scriptとはなんなのかについて、大まかな概要はつかめているかと思います。ここからはGoogle Apps Scriptの具体的な特徴についてご説明していきます。

Googleサービスと連携している

image

当然のことではありますが、Googleのサービスとの連携をすることができます。MicrosoftのVBAであれば、ExcelやPowerpoint、さらにはInternetExplorerを操作することが可能です。

これがGoogle Apps Scriptになると、以下のようなサービスを操作することができます。

  • Gmail
  • スプレッドシート
  • Googleマップ
  • Googleカレンダー
  • Google翻訳
上記で述べたサービスを、さらに具体的なシチュエーションで利用するとすれば、以下のようになります。
  • カレンダーにある予定を毎朝8時にメールへ送信する
  • スプレッドシートに英語で入力されている内容を翻訳する
  • スプレッドシートをcsv形式に変換したものをメールで送信する
  • マップ上にスプレッドシートの住所一覧をプロットする
要するに、スクリプトを記入することによって、面倒な単純作業を自動化や効率化して、その手間を省くことができるのです。これによって、本来注力すべきことにしっかりと取り組むことができるようになります。

開発環境が不要である

image

Googleが全ての開発環境をすでに用意しています。なので、必要なものといってもPCとネットワーク環境、そしてGoogleアカウントくらいしかありません。

一般的にプログラミングするとなると、コードを書く前にまず環境を構築する必要があることが多いです。しかし、Google Apps Scriptに関しては何の前準備もなく、すぐにコードを書きはじめることができます。

完全無料である

image

Google Apps Scriptを使用する時、特に追加でお金を支払う必要はありません。完全に無料で自分の作業を効率化したり、自動化したりといった機能を実現することができます。

Google Apps Scriptを使用するメリット

image

今までVBAを使っていた方の中には、なぜVBAではなくGoogle Apps Scriptを利用しなければならないのかと思っている方もいらっしゃるかもしれません。 ここからは、Google Apps Scriptを使用するメリットについてお伝えします。

外部アプリケーションとの連携ができる

image MicrosoftOfficeのVBAとの大きな違いはここにあると言えるでしょう。Google Apps Scriptでは、外部のアプリケーションとの連携までできるようになっています。

業務連絡のツールとして使用されることが多いチャットワークやSlack、さらにはTwitterなどの外部アプリケーションに至るまでをGoogle Apps Scriptで操作することができるのです。

すると、先ほどご紹介した使用例がこのように発展します。

  • カレンダーにある予定を毎朝8時にチャットワークやSlackへ送信する
  • スプレッドシートに入力されている内容を定期的にツイートする
  • スプレッドシートにTwitterでエゴサーチした結果を送る
  • Twitterでエゴサーチした内容の位置情報をスプレッドシートに送り、マップ上にプロットする

PCを起動していなくても自動で動作する

image

VBAである作業を自動化しようとすると、VBAを使用するソフトが入っているPCを起動したままにしなければなりません。つまり、VBAはローカル上でソフトを立ち上げていることが前提になっています。

しかし、Google Apps ScriptにはGoogleのサーバー上で動作するので、ローカルPC上ではなくWeb上で自動化した作業を実行することができるのです。つまり、PCやブラウザを立ち上げることなく特定の時間をスケジュールで動作させたり、自分以外誰かがスプレッドシートを更新したときに動作させることもできるというわけです。

事前にスクリプトを書いてセッティングをしておけば、Googleのサーバー上で自動的に作業を実行してくれるので、PCの不具合で作業が完了しないということもありません。

JavaScriptを学ぶことができる

image

また、MicrosoftOfficeを引き合いに出しますが、VBAを使用するとなると私たちはVBA専用の言語を学ぶ必要が出てきます。しかし、Google Apps ScriptはJavaScriptをベースにしている言語を使用するので、Google Apps Scriptを学ぶと同時にJavaScriptを学ぶこともできるのです。

Web上のいたるところで使用されているJavaScriptは、学んでおいて損のない言語だと言えます。Google Apps ScriptからJavaScriptの勉強をはじめて、Webサイトの制作などに発展させる…ということもできるかもしれませんよ。

まとめ

image

いかがでしたか。Google Apps Scriptについて、概要や利用するメリットを把握することはできましたでしょうか。

自動化できる単純作業はGoogle Apps Scriptにまかせて、生産性より向上させましょう。あなたがGoogle Apps Scriptを学ぶきっかけの一つになれれば幸いです。

関連記事

黒田剛司
この記事を書いた人
黒田剛司
\ 無料体験開催中!/自分のペースで確実に習得!
オンライン・プログラミングレッスンNo.1のCodeCamp