画像制作だけじゃない!Canvaの便利な使い方をご紹介


画像制作だけじゃない!Canvaの便利な使い方をご紹介

非デザイナーの方でも直感的にアイキャッチやバナー、名刺やチラシが作れるデザインツールCanvaをご存知ですか? 

プロが作成した豊富なデザインテンプレートを利用して、あっという間におしゃれな画像が完成します。 

Canvaは豊富なメニューが用意されており、幅広い用途で活用できるツールです。 

そこで今回は現役Webデザイナー視点でおもしろいと感じた便利な使い方を、Canvaの基礎知識と合わせてご紹介します。 

ぜひ最後までご覧ください。 

目次
  1. Canva(キャンバ)とは? 
  2. Canvaの7つの特徴 
  3. Canvaは商用利用OK 
  4. Canvaの便利な使い方を7つご紹介 
  5. 1.スマホで作成 
  6. 2.動画・音楽を挿入 
  7. 3.チームで共有 
  8. 4.動画作成 
  9. 5.ホームページデザイン 
  10. 6.QRコード作成 
  11. 7.学校のおしらせ 
  12. Canvaはデザイナーもそうでない方も幅広く活用できる 

Canva(キャンバ)とは? 

image 

➡️ Canva 

Canvaとは、ブラウザ上で利用できるオーストラリア発祥のデザインツールです。 

AdobeのPhotoshopやillustratorのように複雑な操作が必要なく、専門知識なしでもドラッグ&ドロップだけでデザインを作成できます。 

高品質で豊富なテンプレートを無料で利用でき、作成した画像はInstagramやYouTube、TwitterといったSNSに直接アップロードすることも可能です。 

Canvaの7つの特徴 

  • 無料で25万点以上のテンプレートを利用可能
  • 100種類以上のデザインタイプ
  • 5GB〜のクラウドストレージに保存可能
  • Windows・Macのパソコン用アプリを無料で利用可能
  • Android・iOSのスマホアプリでも利用可能
  • 高品質な写真や動画を利用できる
  • チームで共有・編集可能 

Canvaは無料プランでも充実した機能を利用できます。 

素材やテンプレートにこだわりたい場合は単品で素材を購入できますし、有料プランなら42万点を超えるテンプレートと7,500万を超える高品質な写真や動画を利用可能です。 

Canvaは商用利用OK 

Canvaを使って作成したクリエイティブは商用利用可能です。無料プラン・有料プランともにクレジット表記の必要もありません。 

ただし、Canva内の素材を利用して作成したロゴは商標登録できませんので注意が必要です。 

また素材の転売や、被写体である人物を悪く見せるような行為は禁止されています。 

利用できるかどうか迷ったときはCanvaに問い合わせて確認しましょう。 

一流デザイナーのスキルが身に付く

CodeCampの無料体験はこちら

Canvaの便利な使い方を7つご紹介 

ここではCanvaの便利な使い方を7つご紹介します。 

  • 1.スマホで作成
  • 2.動画・音楽を挿入
  • 3.チームで共有
  • 4.動画作成
  • 5.ホームページデザイン
  • 6.QRコード作成
  • 7.学校のおしらせ 

順番に解説していきますね。 

1.スマホで作成 

image 

CanvaはAndroid・iOSのアプリを提供していますので、スマホひとつで簡単にデザインを作成できます。 

image 

スマホで撮影した写真や動画を出先で編集したり、さっとデザインに反映させてデザインを作成可能です。 

パソコンで作成したデータを読み込み、スマホで編集できるため外出先でもさっと修正や変更を完了できます。 

場所を選ばず、とにかく早くデザインを作って利用したいという方にはうれしい機能ですね。 

2.動画・音楽を挿入 

image 

Canvaでは動画や音楽の素材も豊富に揃っており、自由に追加可能です。 有料素材も多数掲載されており、数百円から単品で購入できます。 

動画に音楽を追加することはもちろん、カードや名刺、チラシといったデザインにも音楽を追加可能です。 

例えば音楽付きバースデーカードを作ってスマホでさっと友人に送信、といった使い方もできますね。 

3.チームで共有 

image 

Canvaは複数人でコメントを入れてデザインのフィードバックをしたり、リアルタイムで共同編集をしたり、チームで共有して制作する環境が整っています。 

無料プランでも10人のメンバーと共有できるため、個人や学生でもチームで利用しやすいのが魅力的です。 

制作したデザインデータは共有可能なフォルダで保管できますので、データがどこにあるのか探し回る必要はありません。 

特定のメンバーとだけデザインを共有して共同編集することも可能です。 

4.動画作成 

image 

Canvaでは豊富な動画テンプレートを提供しています。 

例えばスマホで撮影した動画をさっとアップロードしてテキストを入れ替えるだけで、あっという間にオリジナル動画が完成です。 

  • 子どもとお出かけをした思い出のシーンをかわいく仕上げてInstagramにアップ
  • 外出先で出会った衝撃シーンをさっと動画に仕上げてTwitterにアップ
  • YouTube動画をスマホひとつで制作・公開 

このように、自分が撮影した動画を利用したSNSの投稿におすすめです。 

5.ホームページデザイン 

image 

Canvaではホームページのテンプレートも豊富に揃えている上に、作成したサイトをすぐに公開できます。 

テンプレートから写真や動画・テキストを入れ替えるだけでデザイン完了です。 

  • シングルページ
  • ヘッダーナビゲーション付きの通常サイト
  • スライド形式 

といったスタイルを選択して公開をクリックすると、Canva独自のURLを割り振られて一般公開できます。 

オリジナルドメインは利用できませんのでご注意ください。 

キャンペーンの告知サイトやイベントの案内ページといった、1回限りの告知ページを素早く公開したいときにおすすめです。 

6.QRコード作成 

image 

CanvaではQRコードをワンクリックで作成できます。 

QRコードはスマホで読み込み、サイトやSNSのアカウントにさっとアクセスできるためおすすめです。 

  • 名刺に自分のサイトやSNSへのリンクを貼りたい
  • チラシから情報を発信しているSNSヘリンクさせたい
  • ポスターにプレゼント応募用のリンクを貼りたい 

このような場面での集客力アップにQRコードが活躍します。 

使い方は簡単。 リンクさせたいURLを入力して「コードを生成」をクリックするだけです。 

デザインの好きな場所ににQRコードを配置して集客に活用してみてください。 

7.学校のおしらせ 

image 

学校関係や保護者の集まり、自治会といった場面では、まだまだ紙のお知らせが必要になるシーンも多いのではないでしょうか。 

Canvaではお知らせのテンプレートも豊富に揃っていますので、季節や行事に合わせて利用できます。 

写真や文章を入れ替えて、専門知識がなくても5分でパッと制作が可能です。 

そのまま印刷してもいいですし、データとしてメールに添付や、コミュニケーションツールで送信してもいいでしょう。 

忙しい先生や保護者の方にこそ、時短で制作できるためおすすめです。 

Canvaはデザイナーもそうでない方も幅広く活用できる 

Canvaはデザイン初心者や専門知識がない方でも、直感的な操作によって短時間でクオリティの高いクリエイティブを制作できます。 

そのため画像の細かい編集やカスタマイズはできません。 

手早く作成して公開したいときや、ABテストといったような場面で制作をスピーディーに回したいときにおすすめのツールです。 

まずは無料アカウントを登録して試してみてください。 

利用シーンや環境に合わせてCanvaを上手に活用して、あなたの生活や制作現場にゆとりを作りませんか?


関連記事

今村真理子
この記事を書いた人
今村真理子
\ 無料体験開催中!/自分のペースで確実に習得!
オンライン・プログラミングレッスンNo.1のCodeCamp