【2017版】中高生向けプログラミング教室7校徹底比較

【2017版】中高生向けプログラミング教室7校徹底比較

2020年から小学校でのプログラミング教育の必修化が大きな話題となっていますが、2021年からは中学校、2022年から高校でもプログラミング教育が拡充される方針が発表されています。

まずは小学校約2万校でプログラミングが必修化されるわけですから、文部科学省も様々な方針を発表したり、総務省は若年層に対するプログラミング教育の普及推進事業として日本全国でプログラミング教育のメンターを育成したりなど、様々な動きが出てきてます。

小学生はもちろんのことですが、中学生・高校生がWebサービスやアプリを開発して世の中にローンチしている例も最近では少なくありません。テクノロジーの進化に伴ってプログラミングが必須、中学生・高校生もプログラミングを習い事としてやっていくこともまた当たり前の世の中になってきています。

そこで!小学生向けのプログラミング教室のまとめサイトはあるけど中学生・高校生向けのプログラミング教室のまとめサイトはなかなか、、、という皆様のご要望にお応えして中学生・高校生向けのプログラミング教室をまとめてみました!

目次
  1. 中学生向けプログラミングスクール
  2. 1.CodeCampKIDS(コードキャンプキッズ)
  3. 2.Life is Tech
  4. 3.LITALICOワンダー
  5. 4.TENTO
  6. 5.CoderDojoJapan
  7. 高校生向けプログラミング教室
  8. 6.CodeCamp(コードキャンプ)
  9. 7.N高等学校(番外編)
  10. まとめ

中学生向けプログラミングスクール

1.CodeCampKIDS(コードキャンプキッズ)

image コードキャンプ株式会社が運営する、小学生・中学生向けのプログラミング教室。2017年10月に新規開校する新しいプログラミング教室です。ありそうであまりなかった、新宿教室と大崎教室の2教室で開校です。

オンライン家庭教師のCodeCampが満を時して小学生・中学生向けのプログラミング教育に着手したとして話題になっている教室です。8月より体験授業をスタートしていくようですが、Webサイトを見ると既に埋まってきているレッスンもあるようです。興味をお持ちの方はお早めにWebサイトをチェックしてみてください。

CodeCampKIDSのおすすめポイント

  • 一人ひとりに個別最適化された学びにより、創造力、論理的思考力、問題解決力を育成
  • 企画書・設計書を作成してからオリジナル作品を開発するなど、楽しい!を学びへと繋げる 仕組み
  • 協同的な学びによるコミュニケーション力と発表会を通したプレゼンテーション力の育成
  • ビジュアルプログラミングから、本格的なゲーム、Webサービスやアプリ開発まで学習可能
  • 東証一部上場 フューチャー株式会社グループ会社のコードキャンプ株式会社が運営

CodeCampKIDSをおすすめする人

  • ロボットプログラミングやScratchプログラミングなど初めてプログラミングを学習する方
  • 将来的にはコーディングなど本格的なプログラミングを学習したい方
  • 定期的な習い事としてプログラミングを学んでプログラミング的思考もプログラミングスキルも身につけたい方
            
スクール名CodeCampKIDS(コードキャンプキッズ)
対象年齢小1-中3(目安)
入学金¥10,000
教材・教具費¥0〜¥2,000
月謝¥10,000〜¥15,000
内容ロボットプログラミング、Scratchプログラミング
回数ロボット(40回)、Scratch(60回)※6ヶ月で20回のレッスンを実施
教室新宿教室、大崎教室
目標すべての子ども達の創造性を最大化し次世代のリーダーを育成する
運営会社コードキャンプ株式会社
URLhttps://codecampkids.jp/

2017年10月の開校に向けて体験授業の予約受付中! https://codecampkids.jp/

参考:CodeCampKIDS(コードキャンプキッズ)

2.Life is Tech

image 大学などでのプログラミングキャンプがも人気な中学生・高校生のための本格プログラミング教室です。夏休みや冬休みなどの短期間でのプログラミングキャンプだけでなく、毎週通える教室も大人気。

大学生・大学院生のメンターが憧れの存在。実際にストアにアプリをリリースする中学生・高校生も多数輩出しています。本格的にプログラミングスキルを身に付けたい中学生・高校生の皆さんはまずライフイズテックを覗いてみましょう!

Life is Techのおすすめポイント

  • 「創造力」と「つくる技術」が身につく中高生に特化した教育プログラム
  • 大学生や大学院生がメンターとなり楽しくITスキルを身につけることが可能
  • iPhoneアプリ、Andoroidアプリ、Unity、Webデザイン、Webサービスなど幅広いコースを学ぶことが可能

Life is Techをおすすめする人

  • ストアリリースを目指すなど本格的にプログラミングを学びたい中高生
            
スクール名Life is Tech! School
対象年齢中1-高3(目安)
入学金¥10,000
教材・教具費個人開発用のノートPCの持ち込みが必要
月謝¥20,000
内容iPhoneアプリ、Androidアプリ、Unity、Web
回数月4回(1回180分)
教室白金高輪本校、秋葉原校、横浜校、名古屋校、大阪校、福岡校
目標1年間で基礎からはじめて、ストアリリースするまで実力をつける
運営会社ライフイズテック株式会社
URLhttps://life-is-tech.com/

参考:ライフイズテック

3.LITALICOワンダー

image LITALICOワンダーは、子どもがテクノロジーを道具に、ものづくりをおこなう教室です。

おしゃれな教室で自由に子ども達がプログラミングやものづくりを学ぶ光景は最先端そのものです。発達障害等を持たれたお子様へのサポートなども充実していることも安心ポイントです。 プログラミングだけでなく3Dプリンターやロボットやデザインなど幅広い学習環境が用意されていてとても楽しそうな雰囲気です。

LITALICOワンダーのおすすめポイント

  • プログラミングやロボット、デジタルファブリケーションなどテクノロジーを活用したものづくりの機会を幅広く提供
  • 決まった形のない子ども達に合わせた学習空間
  • 就労支援サービス、ソーシャルスキル&学習教室も展開する株式会社LITALICOが運営

LITALICOワンダーをおすすめする人

  • 子どもたちの自主性や個性を大切にIT×ものづくりの学習を進めたい方
            
スクール名LITALICOワンダー
対象年齢年長-高3
入学金¥15,000
教材・教具費¥1,500
月謝¥10,000〜¥18,000
内容ゲーム&アプリプログラミング、ロボット、デジタルファブリケーション
回数月2回/月4回
教室蒲田、渋谷、中目黒、池袋、秋葉原、川崎、横浜
目標「つくりたい」と思ったものを、自分の力で形にすることができる
運営会社株式会社LITALICO
URLhttps://wonder.litalico.jp/

参考:LITALICOワンダー

4.TENTO

image TENTOは、子どもたちが天賦のクリエイティヴィティを使って、モノをつくる喜びを知る場所です。日本初のプログラミング教室として2011年に開校しています。

タイピングを重視し、将来的には大人と同じプログラミング言語を身につけられるようにすることを目的として、講師陣はエンジニアやSE経験者などが担当しています。

TENTOのおすすめポイント

  • いろんな個性・発達段階の子どもがお互いを尊重し合いながら各自の学習を進める寺子屋形式
  • ビジュアルから一般の言語まで10個以上のプログラミング言語の中から選択して学んでいくことが可能。
  • エンジニア経験者や研究者が指導を担当

TENTOをおすすめする人

  • ITやプログラミングが大好きで自分自身で積極的にプログラミングを学習したい方
            
スクール名TENTO
対象年齢小1-高3
入学金¥5,000
教材・教具費¥0
月謝¥12,000
内容(テキスト)Python、HTML、JavaScript、PHP、Ruby、Java
内容(ビジュアル)ビスケット、プログラミン、Scratch、アルゴロジック、ドリトル、Processing
回数週1回(1回90〜105分)
教室水道橋、自由が丘、湯島、府中、赤羽、さいたま、川口、横浜、市川、静岡
目標子どもたちにつくる力と発表する力を。
運営会社株式会社TENTO
URLhttp://www.tento-net.com//

参考:TENTO

5.CoderDojoJapan

image アイルランドでスタートした世界的なムーブメント。日本では、一般社団法人CoderDojoJapanがボランティアで運営するプログラミングクラブです。最近一般社団法人化してさらに教室数が増加しています。

ボランティアの方々によって支えられて無料でワークショップ的に自由に学べる点がポイントです。

CoderDojoJapanのおすすめポイント

  • 日本では全国に90校以上の道場(教室)があり通いやすい。
  • アニメーション、ゲーム制作やアプリケーション開発について学習が可能。
  • そしてなんといっても、、、無料!(基本的には)

CoderDojoJapanをおすすめする人

  • 道場的に自主的にプログラミングに取り組み、フィードバックや仲間が欲しい方
            
スクール名CoderDojo
対象年齢小1-高3
入学金¥0
教材・教具費¥0
月謝¥0
内容Scratch、 Hour of Code、HTML、 CSS、 JavaScript、PHP、Pythonなど
回数各道場により異なる
教室世界69か国・1250の道場(日本国内では90以上の道場が存在)
URLhttps://coderdojo.jp/

参考:CoderDojo Japan

高校生向けプログラミング教室

6.CodeCamp(コードキャンプ)

image 現役エンジニアによるプログラミング家庭教師サービス。利用者数は18,000名を突破する大人気のプログラミング教室です。

プログラミングを学習する時につまづきやすいのは、分からない時にすぐに質問ができず、止まってしまう時です。オンラインなら時間も場所も制約されず受講が可能。通常の教室に通うスタイルよりも安価に学べる点も嬉しいですね。

CodeCamp(コードキャンプ)のおすすめポイント

  • 理解が深まるマンツーマンレッスン
  • ヤフー、サイバーエージェントなどの有名企業出身の現役エンジニアがレッスンをサポート
  • 24時間受けられるレッスン
  • インターネットとパソコンがあれば、どこでも受講が可能
  • ITコンサルティング企業であるフューチャーアーキテクト株式会社で培われたノウハウを結集したカリキュラムを採用

CodeCamp(コードキャンプ)をおすすめする人

  • 現役エンジニアからいつでもどこでもオンラインレッスンを受けたい方

CodeCamp(コードキャンプ)のTOPICS

コードキャンプとトライグループが業務提携 高校生向けに「エンジニア・IT起業家 育成講座」を提供

オンラインプログラミングスクールを運営するコードキャンプ株式会社と、トライ式高等学院を運営する株式会社トライグループは業務提携して、2017年6月よりエンジニアを目指す高校生向けに、プログラミング教育の提供を開始しています。

両社の業務提携により、コードキャンプはトライグループが運営する通信制高校・サポート校であるトライ式高等学院に通うエンジニアを目指す高校生を対象に、「エンジニア・IT起業家 育成講座」として専門的なプログラミング教育を提供こととなりました。

初心者でもアプリ開発が可能、200社を超える企業研修の実施、Yahoo!やMicrosoftなど有名企業への多数の就・転職支援実績を持つCodeCamp(コードキャンプ)。さらに2017年からは高校生向けのプログラミング教育にも着手しています。

将来エンジニアになりたい高校生、Webサービスやアプリなどを開発してみたい高校生、プログラミングに少しだけ興味がある、、、という高校生はまずCodeCamp(コードキャンプ)の無料体験レッスンを受けてみよう!

参考:CodeCamp(コードキャンプ)

7.N高等学校(番外編)

image やや番外編になりますが、学校法人角川ドワンゴ学園が運営するネットの高校、N高等学校のご紹介です。新しい高校の誕生として話題となっているN高校。

VRでの入学式などの様子をネットニュースで見た方も多いのではないでしょうか? 一般の方は受講できないのですが、高校のあり方や高校生がプログラミングを学ぶ選択肢としてご紹介させていただきます。

N高等学校のおすすめポイント

  • ドワンゴのトップエンジニアが教えるプログラミング授業にネットから参加できる
  • 初心者から学べる実践的なカリキュラム
  • ニコニコ動画のシステム(だいたい)を1から自分で作成できる&オリジナルのスマホアプリを作成できる

N高等学校のプログラミング授業をおすすめする人

  • IT×グローバル社会を生き抜く創造力を身につけ、世界で活躍する人材を目指す、N高等学校生

N高等学校のTOPICS

2018年4月より 通学コースに「プログラミングクラス」を開設

2017年4月に開校したN高校では生徒がそれぞれの興味や希望に応じて自由に選択できるカリキュラムが特徴です。これまでもプログラミング学習は授業として実施してきていましたが、2018年度からは、これまで通り幅広く自由に選択履修するコースを「本科クラス」として、新たにプログラミングを重点的に学習する「プログラミングクラス」が設置されるようです。

プログラミングクラスは「1日中モノ作りに熱中。高校在籍中にプロになる。」をコンセプトに、一流のプログラミングコーチによる学習サポートとプログラミングを学ぶ上で最適な機材設備の環境のもとで実践的な学習が展開されます。また、IT企業でのインターンシップカリキュラムや、IT企業であるグループ会社の株式会社ドワンゴの採用目線からの就活サポートなど、高校卒業後に即戦力として社会に出られる支援体制を整えられています。

角川ドワンゴ学園によると「多くの産業がIT化する中でプログラマのニーズは高まり続けている社会状況を鑑み、2022年度から計画されている高校でのプログラミング学習の必修化に先駆けて、N高・通学コースではプログラミング学習をより一層強化していきます。」と発表されていました。

新しい時代には、新しい学びの場を、ということでネット高校という新しい形の学びとして話題のN高校でもプログラミングは非常に重要なスキルとしてかなり深い学びが提供されているようです。 これからの時代の必須スキルとして中学生・高校生がプログラミングを学んでいく先端的な事例として今後も注目です。

参考:N高等学校

まとめ

中学生・高校生向けプログラミング教室を7教室まとめさせていただきました。

プログラミング教室は都心を中心に増えてきてますが、まだそう多くはないのが現状ですし、都心以外だとなかなかまだ通える教室がない、、、という方も多いはず。オンラインで学べる環境も増えてきているようですので、是非ご参考にして頂けますと幸いです。

夏休みや冬休みには短期でのプログラミングキャンプが開催されていたり、無料の体験授業を行なっている教室もありますので、ぜひまずはプログラミングを体験してみるところからスタートしてみてください!

Tech 2 GO編集部
ライター
Tech 2 GO編集部

関連記事