プログラミングとは?プログラミングの概要から学習方法までわかりやすくまとめてみた



プログラミングとは?プログラミングの概要から学習方法までわかりやすくまとめてみた

IT化の進んだ現代、多くの家庭や職場でパソコンが使用されるようになりました。パソコンでできることと言えば、インターネットやデジタル写真の管理、絵を描くなど様々ですが、プログラミングと答える人は一般の方ではあまり多くないかもしれません。

プログラミングという言葉は皆さん耳にしたことがあるとは思いますが、一体プログラミングとはどういうものでしょうか。英語を使って何か難しそうなことをするというイメージを持たれている方も少なくはないはずです。

そこで今回は、プログラミングとはどういうものか、プログラミングを学べばどういう利点があるか、またその勉強方法などをできるだけ分かりやすく解説していきます!

目次
  1. プログラミングとは?
  2. プログラミング言語の種類と違い
  3. C/C++
  4. C#
  5. Java
  6. JavaScript
  7. Ruby
  8. Swift
  9. プログラミングのスキルは就職に有利なのか?
  10. プログラミングのおすすめ学習法とは?
  11. 本やWebページで学習
  12. スマートフォンで学習
  13. スクールで学習
  14. プログラミング初学者向けのおすすめな本
  15. プログラミング入門講座――基本と思考法と重要事項がきちんと学べる授業
  16. おうちで学べるプログラミングのきほん
  17. ちゃんと使える力を身につける Webとプログラミングのきほんのきほん
  18. おすすめのプログラミングスクール
  19. CodeCapmp
  20. TechAcademy
  21. TECH::CAMP
  22. まとめ

プログラミングとは?

そもそも、プログラミングと何なのでしょうか。ざっくり簡単に言うとプログラミングとは「プログラムを行う行為」のことで、プログラムとは「コンピュータ(機械)に行わせたい命令」です。つまりプログラミングとは「コンピュータ(機械)に行わせたい命令を作る行為」と言えます。

身近なところで、電子レンジで動いているプログラムを例を挙げてみます。電子レンジでセットされた時間あたためを行う場合、細かいところは省きますが、以下のようなプログラムが行われます。 image

このように電化製品にもプログラムというものが存在し、それは人の手によってプログラミングされています。

もちろん、プログラミングは電化製品だけではなく、この世界の様々なところに存在し私たちが気付かない間もずっと動いているのです。そう考えるとプログラムは私たちにとって、とても身近なものであるとも言えます。

さらに、プログラムは「コンピュータが分かるように作成する必要がある」ということもポイントです。なぜあんな英語で分かりにくいのかというと、そう書かないとコンピュータが理解できないからです。コンピュータを動かすには様々な「決まり事」があり、それに従ってプログラムを作成しないとコンピュータが動いてくれません。その決まり事に関してはここでは説明しませんが、皆さんがプログラミングに興味を持ったら避けて通れない道でもあります。

プログラミング言語の種類と違い

プログラミングを学習しようとした場合、よく聞くのが「プログラミング言語」という言葉です。プログラムを行う言語には様々な種類があって、それぞれに特徴があります。なぜプログラミングが1種類ではないのかは様々な理由がありますが、一番の理由はそれぞれに得意分野があって、それを使い分けた方が効率が良いからです。人にも得意分野があるのと同じですね。

プログラミング言語の種類は細かいのまで入れると100種類を超えてしまいますので、メジャーな言語を簡単に解説していきます。

C/C++

C言語(シーげんご)は1970年代に生まれたとても古くからあるプログラミング言語のうちの1つです。1970年代に生まれたといってもまだ現役で使用されている職場もあります。自由度が高く、動作が軽快なため、銀行など広く様々な現場で使用されました。C言語はプログラムの基本を学ぶには最適ですが、メモリ管理などのコンピュータの知識が必要な部分もあり、初心者には難解に感じることもあるかもしれません。また、将来性という意味でも他の言語にも一歩遅れています。

C++(シープラスプラス)はC言語の拡張版として生まれた言語で、「オブジェクト指向」というプログラミングの考え方が取り入れられ、より現代的になっています。

C#

C#(シーシャープ)はC++やJavaなどをもとに作られ、2000年頃Microsoftにより発表された言語です。用途はWebアプリケーションやゲーム開発など様々で、最近ではVRなどの開発などにも使用されているようです。

Microsoftが発表した言語ということもあり、Windowsの環境がないと開発などができないため、Macなどの端末をお使いの方にはおすすめできません。また、C、C++と文法などが似ており、C言語などを学習した方なら比較的学習しやすい環境と言えます。

Java

Javaは1995年頃登場したプログラミング言語で、WindowsやMacなどのOSに依存しないで動作する汎用性の高さから登場から今日まで広く使用されてきました。用途はWebアプリケーションや銀行などのオンラインシステム、スマートフォンアプリなど幅広く、あの有名なTwitterにも使用されている言語です。

将来性、プログラミング言語としての汎用性の高さ、多くの現場で使用されていることから、将来プログラミングを仕事にしようとする方にはおすすめです。しかし、開発環境をそろえるのが少し難しいので、そこさえ乗り越えるのに少し手間取るかもしれません。

JavaScript

JavaScriptはJavaと名前がついていますが、Javaとはあまり関係ありません。主な用途はWebページに様々な動作を与えることができます。JavaScriptを使用することで、それまで動きのなかったWebページが見た目にも華やかなアニメーション機能などをつけることができます。

JavaScriptはInternet explorerやGoogle chromeなどのWebブラウザがあれば簡単に作成することができますので、他のプログラミング言語のように開発環境を整備する必要はほとんどありません。将来Web系のクリエイターになりたい方にはピッタリの言語です。

Ruby

Rubyはプログラミング言語には珍しい日本人が作ったプログラミング言語です。日本人が作ったプログラミング言語ですが、プログラミング自体は英語で行います。用途は主にWebアプリケーションなどの作成で料理レシピサイトで有名なクックパッドもRubyで作成されています。

文法なども日本人が作っただけあって日本語の学習サイトや資料もたくさんあり、比較的学習しやすい環境にあると言えます。WebサイトやWebサービスの分野に興味のある方に最適の言語です。

Swift

SwiftはiPhoneやiMacでおなじみのApple社の製品で使用されているプログラミング言語です。開発にはMacなどを用意する必要があるため、Windowsをお使いに方には開発することはできません。

Swiftはシンプルで分かりやすく、iPadがあればSwift Playgroundsという初心者向けのSwift学習アプリがあるため、簡単に学習することができます。今やiPhoneの市場はとても広くアプリだけでもすさまじい数が公開されており、将来iPhoneアプリの開発などを行いたい方は挑戦してみてはいかがでしょうか。

プログラミングのスキルは就職に有利なのか?

プログラミングを行う職場の場合、プログラミングのスキルを事前に習得するということは言うまでもなくメリットです。ただ、プログラミングを行わない仕事の場合はどうでしょうか。

たとえば、プログラミングを行わなくてもパソコンを使用する職場の場合、仕事内容にもよりますが、マクロといって単純作業を自動化するプログラムなどを作成し、使用することによって仕事の効率を上げることができます。

仕事でパソコンを使わない場合でも、プログラミングの学習効果の一つに「論理的思考」というものがあります。これは物事を順序立てて考えられるかという思考能力で、プログラミングを行うことで養うことができる能力です。この論理的思考は社会人として働くうえで必要な能力の1つで、直接プログラミングが仕事で必要とされなくても、「論理的に物事を考えられる人」という印象は与えられるはずです。

以上のことから、プログラミングのスキルを身につけることで得られる就職でのメリットは大きいと考えられます。

プログラミングのおすすめ学習法とは?

それではプログラミングのおすすめ学習法をご紹介していきます。

本やWebページで学習

本やWebページを使う勉強はもっとも基本的な学習方法です。本での学習は自分の好みに合った学習本を購入して自分のペースで学習を進めます。本には学習環境の整備からプログラミングの基本まで1冊である程度の知識を身につけることができます。Webページもほぼ同様ですが、無料で閲覧できる分、説明や情報が不足している場合があります。

また、書いている内容が分からない場合、自分で調べる必要があり、調べても分からない場合は学習に詰まってしまうこともあります。学習のペースも自分で設定しなければならなく、モチベーションを自分で保たなければ学習が進まなくなります。

スマートフォンで学習

スマートフォンでのプログラミング学習は最近になって増えてきた学習方法です。スマートフォンで学習アプリなどをインストールし、学習を進めます。学習方法はインストールするアプリによって違いますが、動画で学校のように授業を受けるものやクイズ形式で問題に答えていくものなど様々です。

学習アプリは有料と無料のアプリがあります。有料と言っても数百円からありますので本を買うより安く済む場合もあります。無料より有料の方が豊富なサービスが受けられるため、しっかり学びたい方は有料アプリも検討してみてください。

スマートフォンでのプログラミング学習に興味のある方は以下の関連記事も読んでみてください。

関連記事:スマートフォンでプログラミング?スマホで学べるサービスをまとめてみた

スクールで学習

最後はスクールでの学習です。スクールにも2種類あり、学校に通うスクールと自宅のパソコンで授業を受けるオンラインスクールがあります。

スクールは本やスマートフォンアプリと違ってきめ細やかなサービスが受けられることが最大の特徴です。また、学習に行き詰った場合に質問できる環境ができており、学習をスムーズに進めることができます。学習プランも一人ひとりに合ったものを用意してくれるところも多く、モチベーションの維持にも一役買っています。

サービスが充実しているため、費用はかかりますが、1日でも早く技術を身につけたい方や一人での学習では続かないという方にはおすすめです。

プログラミング初学者向けのおすすめな本

それではプログラミング初めて学習する方におすすめな学習本を3冊ご紹介します。

プログラミング入門講座――基本と思考法と重要事項がきちんと学べる授業

image

プログラミング入門講座――基本と思考法と重要事項がきちんと学べる授業
ブックサイト https://www.sbcr.jp/products/4797383102.html
学べる内容 プログラミングの重要性/プログラミングの基礎
価格 1,580円(税別)
発売日 2016年9月28日

プログラミング入門講座はプログラミングの基本だけではなく、プログラミングスキルの価値や必要性などについても触れられており、世界的に見てプログラミングというものがいかに重要かということに気付かせてくれる本です。

学習は初心者用のプログラミング学習ツールとして知られている「LightBot」や「Scratch」などを使用し、プログラミングの基本を習得します。 その後はどのプログラミング言語を習得するべきかについての説明や、学習サービスなどの紹介が記載されていますので、学習したいプログラミング言語が見つかっていない方や、興味はあるがプログラミングを学習するべきか迷っている方にもおすすめの1冊です。

おうちで学べるプログラミングのきほん

image

おうちで学べるプログラミングのきほん
ブックサイト https://www.shoeisha.co.jp/book/detail/9784798130644
学べる内容 コンピュータとプログラミングの基礎
価格 1,980円(税別)
発売日 2013年4月22日

おうちで学べるプログラミングのきほんはプログラミングを学びたいけど、本を読んでも分からないという方のための学習本です。この本はプログラム動く仕組みを自分のパソコンを使って確認しながら理解していきます。「ハードウェアとプログラムの関係」「OSとプログラムの関係」などコンピュータ使用するうえで重要なポイントを押さえながら学習できるのでプログラムへの理解がより深まります。

プログラミング言語はJavaScriptとC言語が解説されており、同言語を学習してみたいと思っている方にも最適です。またプログラミングでは避けて通れない「オブジェクト指向」についても触れられているので、この1冊でコンピュータとプログラミングについてのある程度学習することができます。

ちゃんと使える力を身につける Webとプログラミングのきほんのきほん

image

ちゃんと使える力を身につける Webとプログラミングのきほんのきほん
ブックサイト https://book.mynavi.jp/ec/products/detail/id=35900
学べる内容 インターネットの基本/Webプログラミングの基礎
価格 2,480円(税別)
発売日 2015年2月19日

本書はWebプログラミングを通じてプログラミングの基礎を学びます。最初はインターネットでホームページなどを表示する際、どのようにWebプログラムが動くかという仕組みを学習してから、Webプログラミング言語の基本的な技術を習得します。基本を学んだ後はWebプログラム開発のトレンドやショッピングサイトなどで利用されているCookie(クッキー)の仕組み、データベースなど応用技術を学んでいきます。

最初のあたりで「文字コード」「IPアドレス」「DNSサーバ」「Webサーバ」などの説明などがあるため、コンピュータが全く分からない方には難しいかもしれませんが、将来Web関係の仕事に就きたい方やインターネットやホームページの仕組みを知りたい方には是非手に取ってみてください。

おすすめのプログラミングスクール

それでは手厚いサポートが受けられる、おすすめのプログラミングスクールをご紹介します。

CodeCapmp

image

CodeCamp(コードキャンプ)
公式サイト https://codecamp.jp/
運営会社 コードキャンプ株式会社
受講形式 自宅でのオンライン授業
学習内容 WEBサービス/WEBデザイン/スマートフォンアプリなど
受講料金(通常コース) 2か月プラン:148,000円(税別) 4か月プラン:248,000円(税別) 6か月プラン:298,000円(税別)

注意
上記の受講料金のほかに入会金10,800円が必要です。

CodeCampは通学不要の完全オンライン型プログラミングスクールです。通学の必要がないので時間に縛られず、自分のペースで学習を進めることができます。学習カリキュラムも一人ひとりに合ったものを用意してくれ、授業もマンツーマンで行われるのため授業が分からなくて進まないということを心配せずに済みます。

レッスンコースはHTMLやPHPを学ぶWebマスター、PhotoshopやIllustratorが学べるWebデザインマスター、スマートフォンアプリが作れるアプリマスターなど5種類ほどあり、その全てのカリキュラムが無制限で学べるプレミアムプラスコースなどあります。

講師も大手IT勤務、ベンチャー勤務、起業・独立経験者など経験豊富な現役エンジニアが学習だけではなく転職など様々なサポートしてくれます。体験レッスンも随時行っているため、是非業界トップクラスの講師陣の授業を体験してみてください。

TechAcademy

image

TechAcademy(テックアカデミー)
公式サイト https://techacademy.jp/
運営会社 キラメックス株式会社
受講形式 自宅でのオンライン授業
学習内容 プログラミング、デザイン、マネジメントなど
受講料金 4週間プラン:129,000円(税別) 8週間プラン:179,000円(税別) 12週間プラン:229,000円(税別) 16週間プラン:279,000円(税別)

注意
上記の受講料金は社会人の場合です。学生の場合は割引価格で受講できますので詳しくはHPを確認してください。

TechAcademyはメンターと呼ばれる第一線で活躍する現役プロが実務経験を元にマンツーマンでサポートしてくれます。サポートの内容としては週2回のビデオチャットでのマンツーマンサポート、毎日のチャットサポート、課題レビューなどが受けられます。

コースはプログラミングからデザイン、マネジメントまで様々で、1種類のコースでは物足りない方のために複数のコースをセットで学べるコースもあります。

メンターのサポートがしっかりしているので、1人では学習が続かない方や初心者でどう勉強していいかわからない方にはおすすめです。また、転職サポートも行っているので、次のステップに進みたい社会人の方も検討の価値があります。

TECH::CAMP

image

TECH::CAMP(テックキャンプ)
公式サイト https://tech-camp.in/technology
運営会社 株式会社div
受講形式 学校での受講
教室 東京、名古屋、大阪など
学習内容 Webサービス開発、アプリ開発、AI入門、デザイン、ゲーム開発など
受講料金 月額:14,800円(税別)

注意
上記の受講料金とは別に入会費用148,000円が必要となります。

TECH::CAMPはテクノロジーが主役の時代に成果の出せる人材を育成する新しいスクールです。学習はTECH::CAMPオリジナル教材TECH::MASTERで自学自習スタイルで進めていきます。もちろんメンターによるサポートも受けられるため、確かな成長を感じることができます。

学習できる内容はWebサービスやスマートフォンアプリの開発、今流行りAIやVRなども学習することができます。また、論理的思考、問題解決力、コミュニケーション力といったコアスキルを学べるテクノロジーセミナーなどもありプログラムだけではなく社会人として生かせそうなスキルもあります。

プログラミング系のスキルだけではなく、幅広い最新IT技術も学ぶことができるため、新しい技術を学びたい方には是非受講してみてください。また、転職やフリーランス、副業での目指す方へのサポートも行っているため、仕事に幅を持たせたい方にもピッタリです。

まとめ

プログラミングは今をときめくスキルです。将来プログラミングを仕事にしようと考えなくてもその考え方や技術はきっとどこかであなたの役に立つはずです。

今回ご紹介した本やスクールなどを上手に活用して、少しでもプログラミングに興味を持っていただけたら幸いです。

関連記事

ふろっく
この記事を書いた人
ふろっく
\ 無料体験開催中!/自分のペースで確実に習得!
オンライン・プログラミングレッスンNo.1のCodeCamp