【人気のプログラミング言語Java】出来ることと他言語との比較



【人気のプログラミング言語Java】出来ることと他言語との比較

Javaってよく耳にするけど、結局Javaで何ができるの?と思っている方も多いのでは。
そこで今回はJavaでできる代表的な事例をピックアップし、あわせてPHPやRubyなどの言語と比較してみました。
コードを実行するだけで体験できるJavaアプリやイメージングを手伝ってくれる動画も紹介していますので、お楽しみください。

image

目次
  1. 【人気のプログラミング言語Java】出来ることと他言語との比較
  2. Javaとは?
  3. Javaで出来ること10選
  4. 他言語との比較
  5. まとめ

【人気のプログラミング言語Java】出来ることと他言語との比較

Javaとは?

出典:Go Java

Javaでできることをご紹介する前に、改めてJavaについてご紹介します。

■概要■
Javaは、マーケットシェア、ユーザーシェア共にトップクラスのプログラミング言語です。 シェアが高い理由として、Webからスマホアプリ、銀行のATMにクレジットカード、ブルーレイに人工知能、自動運転にロボットなど世の中の機械やコンピュータを制御できるからです。

Javaの文法、構文はプログラミング言語の中でも比較的キッチリしており、プログラマ個人の独自解釈や独自記法を減らし、異国間であってもプログラムを共有作業できる特徴があります。 そしてオブジェクト指向によって大規模開発も可能にし、複数人もしくは複数チームによるプロジェクト開発も可能となっています。

この結果、金融やクレジットカードをはじめとする大規模開発、それからG-mailやTwitterなどの社会インフラもJavaによって提供されています。

■教育環境■
現代社会の多くの部分に浸透したJavaは、既存システムの拡張やメンテナンス、そして新規プロジェクトの開発によってプログラミング言語の中でも最も求人件数が多い特徴があります。

教育的インフラとしては、情報科を選考する高校生や大学生、専門学校生の多くがJavaを学習中。 そしてプログラマやシステムエンジニアとしてIT企業に就職するパターンが一般的です。 しかし、長い間情報産業は人材不足であったたため、情報科を専攻してこなかった人でも、一定の基礎学力があればIT企業へ就職・転職できる基盤ができてきています。

■将来性■
現在Javaは、主にオラクル社によって管理・開発されています。 オラクル社の企業体力に依存するところは懸念材料ですが、2017年9月に3年ぶりとなる新バージョンJava9がリリース。また近年のIoT化に伴って、インフラ規模の案件も拡大し、オラクル社のJavaを使ったソリューションが拡大しています*

現在の普及状況と今後の展開から考えても、無くなりいくいプログラミング言語であることは間違いないでしょう。 ただしGoogleが、2017年5月にAndroidアプリの開発言語に Kotlin を採用すると発表し、今後Javaのシェアが若干低くなる可能性も考えられます。

もっとJavaについて知りたい方は、初心者必見!Javaとは?をわかりやすく解説!を参照ください。

Javaで出来ること10選

image それではここからJavaでデキることを10ご紹介させて頂きます。

■1. デスクトップ・アプリの開発(GUI App)■
パソコンで操作するワードやエクセルなどのアプリも、プログラムによって動いています。(ワードやエクセルは、C++)

こうしたパソコン上で操作するソフトウェアやアプリもJavaを使って開発することができ、例えば「Netbeans」や「Eclipse」「UltraMixer」などはJavaでできていますね。 この他にも医療系のアプリケーションやシュミレーション系など、様々なジャンルのアプリ*にJavaは使われています。 PCで閲覧されいる方、よろしければデスクトップ・アプリ、起動させてみませんか?

【タイマーアプリ】
Simple Timer

■2. Webアプリの開発■
WebアプリっていうとRubyやPHPなどの言語が有名ですが、Javaを使って開発することも可能。 特に対象ユーザーが地球規模となるような大規模アプリにJavaは強く、G-mailやTwitter、Amazon*のメイン言語としてJavaが使われています。 Ruby on Railsのように開発を加速させるフレームワーク(PlayやSpringなど)も充実しており、複雑で規模の大きいWebアプリの開発もスピーディーに制作することが可能です。

■3. スマホアプリの開発■
Androidアプリのネイティブ言語は、Javaです。 Android Studioという開発キットとJavaを使って、プログラミング初心者でも無料でオリジナル・アプリを開発することができます。 また最近では使わなくなったスマホをIoT用のデバイスにする事例も増えて、この時にJavaができると開発がはかどるでしょう。

■4. ロボット制御やロボット用アプリの開発■
ロボット系というとCやC++、Pythonも使われますが、Javaでロボット制御をすることも可能。 Robot Classというベースコードが公開されていたり、Java Robot Contestが開催されていたり、Javaでロボット制御を楽しめます。

また既成品のPapper君やNaoといったロボット用アプリの開発もJavaでOK。 付け加えると、子供のプログラミング教育でよく使われる「レゴ マインドストーム」もJavaで制御することが可能です。 お子さんが、ビジュアルプログラミング言語の限界を感じたらJavaにシフトするのもあり・・ですね。

■5. 人工知能を用いたアプリ開発■
近年飛躍的に普及してきている技術のひとつに「人工知能」がありますね。 人工知能分野のアプリ開発では、C++やPython、それからJavaが使われます。 Javaが使われるケースとしては、既存アプリや既存システムに人工知能機能を追加するときにJavaを使ってAIアプリが開発される傾向。 反対に、C++やPythonで人工知能アプリが開発される場合は、Javaシステムとは関係のない場合、もしくは新規システムの構築時に使用されています。

最近ではJavaを使って、個人レベルで車を自動運転車にカスタマイズするなど、チョット前はスゴかった技術も普通・・になりつつあります。 TensorFlowやAIMLをはじめとするライブラリやプラグインなどが充実し、開発レベルの敷居は下がってきていますね。

【個人が作った自動運転車】
ラジコン編シビック編

■6. IoTシステム■
モノがネットにつながり、管理コストを飛躍的に削減できるIoT。 3年後の2020年には、国内市場規模が4,850億円から1兆3,800億円へと2倍以上に伸びると言われています*。 医療に物流、工場、インフラ、農業などほぼすべての要素がIoTと関係してくるでしょう。 モーターやセンサー、Webやアプリ、人工知能とも相性のいいJavaにとって最も得意な分野といわれています。

■7. システム用のソフト開発■
ブルーレイにクレジットカード、ATMにレジ、自動販売機など多くのシステムにJavaは使われています。 CやC++で開発されるケースも多いですが、処理容量が肥大な場合はJavaが好まれる傾向です。

【Javaベースのシステム開発事例】
自動販売機のソフト部分Webカメラを監視カメラに

■8. ゲームソフトの開発■
ゲーム用のプログラミング言語といえばCやC++、C#が有名ですが、Javaでもゲームを作れます。 Javaベースで開発された有名なソフトといえば「マインクラフト*」でしょう。 またその他にもJavaに書き換えられたゲームが多数ネット上に公開されています。

【Javaで作られたゲーム】
スーパーマリオ(ゲームのみ)スーパーマリオ(コード)

■9. 宇宙開発用のソフト開発やNASAのデータを使ったアプリ開発■
NASAの宇宙開発用ソフトでJavaは使われています。 またNASAが公開するデータもJavaを使ってアクセスでき、世界の今の気象データや車の動きなどのデータを利用することが可能。 NASAのデータを使って何かおもしろいこと、はじめられそうですね。

【JavaベースのNASAソフト】
デモ公式ページ

■10. Blockchainの作成■
3、4年前は単なるビットコインの取引記録でしかなかった「Blockchain」も今は、私達の生活を支える社会保障番号(アメリカ)の基幹システムとして検討されたり 、医療データの管理システムに採用されています(エストニア)*。 国内では社内データの保管や携帯電話の修理データ操作に検討されるなど、徐々に社会へ浸透中。 Blockchainの操作は、Java以外にCやC++、JavaScriptなどでも可能ですが、アプリとの連携やシステム全体の構成を考える上で、Javaは外せないでしょう。

他言語との比較

image Javaでできることをご紹介する中で、Java以外の言語で代用できることもご紹介させていただきました。 Javaと他の言語の違いを説明しようと思うと、「英語」と「中国語」の違いみたいに壮大なテーマになりますので、こちらでは簡易的に比較。 イメージをつかんで頂き、自分が本当に学ぶべきプログラミング言語に一歩お近づき頂ければ幸いです。

Java PHP Ruby Python C/C++ C#
デスクトップ・アプリ - -
Webアプリ -
スマホアプリ - - - -
ロボット用アプリ - -
人工知能アプリ - -
IoTシステム - - -
ゲームソフト - - -
宇宙開発ソフト - - -
ブロックチェーン - -

Javaってなんでもできる・・・んですね。

まとめ

Javaでできる代表的な例をご紹介させていただきましたが、これからも技術革新によってJavaでできることは増えてくると思います。 また自動運転車で見られるように、技術の民主化もますます広がり、個人でデキることもこれから増えてくるでしょう。 そんな未来を想像した時に『Java』ができるか、『プログラミング』ができるかで、自分の市場価値と幸福感は変わってくるでしょうね。

Javaの学習は、正直はじめのうちは退屈かもしれませんが、オブジェクト指向やクラスあたりに進むと絶対楽しいと思います。 「Java、ちょっとはじめてみようかな」、「プログラミングって自分でもできるのかな?」そんなことを思い始めたら、気軽に利用できる「CodeCampの無料体験」いかがでしょうか? 無料体験ではHTMLやCSS、JavaScriptといった基礎言語の体験になりますが、プログラミング未経験者にとっては刺激的な一時ひとときになる と思いますよ。

image

オシママサラ
この記事を書いた人
オシママサラ
\ 無料体験開催中!/自分のペースで確実に習得!
オンライン・プログラミングレッスンNo.1のCodeCamp