機械学習入門者に最適な書籍10選



機械学習入門者に最適な書籍10選
目次
  1. 機械学習が解る参考書
  2. IBM-奇跡のワトソン-プロジェクト
  3. ITエンジニアのための機械学習理論入門
  4. ウェブデータの機械学習
  5. Python機械学習プログラミング
  6. とりあえず機械学習を試してみる参考書
  7. 知りたい分かりたい人の体験する機械学習
  8. 初めてのWatson
  9. さわってわかる機械学習
  10. クラウドではじめる機械学習
  11. より具体的な情報をサポートする専門書
  12. 日経Big Data
  13. ビッグデータ・IoT・AI総覧 2016-2017
  14. まとめ

何かと 目 と 耳 にする機会が増えてきた 機械学習。プログラミング・スキルが社会で求められていることと同じように、機械学習も年々社会的要求度が増してきています。

そこで機械学習のことがわかる、イメージできる、そして試せる参考書籍を集めてみました。

機械学習が解る参考書

IBM-奇跡のワトソン-プロジェクト

IBM奇跡の“ワトソン”プロジェクト

¥1,994 中身検索OK 2011年発売

機械学習サービスとして活躍している IBM 社の Watson。このサービスの成り立ちを知ると、機械学習もイメージしやすくなるのではないでしょうか。

こちらの本は、2011年に世界屈指の難易度を誇るアメリカのクイズ番組で、人間チャンピョンを破った『ワトソン』の開発ドキュメンタリーをまとめたものになります。人工知能、機械学習の知識のみならず、IBM 社の企業精神やビジネス感覚を養える一冊となっています。

ITエンジニアのための機械学習理論入門

ITエンジニアのための機械学習理論入門

¥2,786 中身検索× 2015年発売

高校レベルの数学知識と Python の基礎知識があれば楽しめる一冊となっています。この本では、機械学習のアルゴリズムの世界に触れることができ、多くの読者から感謝のレビューが投稿されています。

エンジニアの方で、これから機械学習をはじめる方にとっては見逃せない一冊でしょう。

ウェブデータの機械学習

ウェブデータの機械学習

¥3,024 中身検索× 2016年8月発売

データサイエンスを学ぼうとする学生や研究職の人を対象に書かれた本になります。内容は、実践的なプログラムの紹介というよりも、機械学習を実際の業務にどう活かすか?という点に焦点があてられています。

東大の卒業生で、現在もそれぞれの大学で情報工学を研究する方々が執筆しています。データサイエンティストを目指す方必見の一冊といえるでしょう。

Python機械学習プログラミング

Python機械学習プログラミング

¥4,320 中身検索× 2016年6月発売

Pythonを機械学習にどう活かせばいいか?ということについて追求された一冊になります。本著は、洋書の Machine Learning (機械学習)部門で第二位の売上を誇る本の日本語版になります。邦書では中身検索×ですが、洋書では中身を拝見できます。

そのため、「どんなコードが書かれているか」や「目次は?」などを事前にチェックすることができます。紹介されているフレームワークには、Theano や Keras が見当たります。

とりあえず機械学習を試してみる参考書

知りたい分かりたい人の体験する機械学習

知りたい分かりたい人の体験する機械学習

¥2,160 中身検索OK 2015年発売

難しい数式や Python などのプログラミングなしで機械学習を実行できる Weka というソフトを使って、機械学習を体験することができる一冊です。とりあえず理屈よりも機械学習をやってみたい、という方にオススメの本です。

もちろんサンプル以外にも、機械学習の種類や特徴などの基礎知識も掲載されています。

初めてのWatson

初めてのWatson 

¥2,376 中身検索OK 2016年10月発売

最近導入企業が増えている IBM の Watson の使い方を指南した一冊になります。人工知能や Watsonに関する基礎情報をはじめ、Watson を使って Twitter Bot と画像認識アプリを制作する例題が紹介されています。

この書籍を通して、難しい数式や人工知能の理論抜きに効果的な機械学習のアプローチ方法を習得することができます。尚、Watson には JavaScript の基礎知識が必要となります。

さわってわかる機械学習

さわってわかる機械学習 

¥2,916 中身検索× 2016年6月発売

Windows ユーザーで機械学習に興味があれば、本著が役立つと思います。理屈抜きに、とりあえず Azure ベースで機械学習を試すことができます。日本マイクロソフト社が監修した本格的で安心できる一冊に仕上がっています。

クラウドではじめる機械学習

クラウドではじめる機械学習 

¥2,808 中身検索OK 2015年発売

こちらも Azure Machine Learning の指南書になります。先程のものに比べると、やさしいタッチの本になります。

より具体的な情報をサポートする専門書

日経Big Data

日経Big Data

¥5,000 中身検索× 月刊誌

ビッグデータにまつわる最新ニュースをお届けしている雑誌になります。ビッグデータをはじめ、機械学習やディープラーニング、AI など機械学習者として知っておきたい情報が満載です。

活用事例も多数紹介されていますし、日経ブランドなので安心して読めると思います。

ビッグデータ・IoT・AI総覧 2016-2017

ビッグデータ・IoT・AI総覧 2016-2017

¥185,000 中身検索× 2016年8月発売

2桁ほど値段が違う専門書になります。毎年最新データのモノがリリースされています。図書館などにあるといいですよね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?しっくりくる本はありましたでしょうか?機械学習の参考書は、2015年ぐらいから増えています。今後もディープラーンイングや Python などのフレームワークと絡めた機械学習本が出てくると思います。

今の内にしっかりと基礎を抑えて、アプリ開発や Web 開発に機械学習、利用したいですね。

人工知能を勉強してみたいという方には、【初心者向け】人工知能(AI)を知るためにオススメの入門書籍まとめもおすすめです。

オシママサラ
この記事を書いた人
オシママサラ
\ 無料体験開催中!/自分のペースで確実に習得!
オンライン・プログラミングレッスンNo.1のCodeCamp