「徹底解説」JavaScriptの基礎から最新動向まで



「徹底解説」JavaScriptの基礎から最新動向まで

一昔前のイメージと違って、JavaScriptの最新動向がスゴイことになっています。

そこで今回は、プログラミング初心者やノンプログラマーの方でもサクッとJavaScriptの最新事情が分かるように情報をまとめてみました。

目次
  1. 基礎編
  2. やっぱりスゴイ!汎用性
  3. バージョンアップを気にしなくていい
  4. 最新動向
  5. 右肩上がりの生産性
  6. 強力なサーバー・エンジン Node.js
  7. Googleシートや Microsoft エクセルでの利用
  8. 学習しやすい環境
  9. 仕事としての JavaScript
  10. まとめ

基礎編

やっぱりスゴイ!汎用性

クライアントサイド(フロントエンド、ブラウザ)でも、サーバーサイド(バックエンド)でも、スマホでも、動作するのは JavaScript だけです。

そのためPHPやRubyなど他のプログラミング言語を学習することなくアプリケーションを作成することができ、学習コストと時間を節約することができます。

またMonacaなどのハイブリッド・アプリケーション開発ソフトを利用すると、開発したJavaScriptコードを使ってAndroid やiOSアプリも制作することができます。

バージョンアップを気にしなくていい

ブラウザで稼働するJavaScriptは、PHPやRubyなど他の言語に比べて、バージョンアップによる互換性の心配をほとんどすることなく、学習と開発に専念できます。

ちなみに今のJavaScriptの最新バージョンは 1.8.5 (2010年公開)で、こちらをクリックすると今お使いのブラウザの JavaScriptのバージョンをチェックすることができます。 参考/バージョンアップの歴史

最新動向

右肩上がりの生産性

Webデザインやアプリ開発で使える JavaScript ベースのライブラリーやフレームワークが多数公開されています。代表的なものに、jQuery(2006年)、AngularJS(2010年、Google)、Meteor(2012年)、React(2013年、Facebook)などがあります。

またjQueryを更に加速させるプラグインは 2,600以上公開され、AngularJSについては 2,000以上のモジュールなど日々便利なツールが登場しています。

もはやJavaScriptを知らなくてもカッコイイWebサイトやアプリを作れちゃうかも? ですね。

強力なサーバー・エンジン Node.js

最近のアプリ開発では、データベースに入った情報を即座に端末に反映させる傾向が強いです。(Gmail の受信通知や Facebookのいいね!通知など)こうした機能については、多くの開発現場で Node.js が使われています。

Node.jsは、Googleが開発したV8エンジンを搭載したJavaScript対応のサーバーソフトになります。Non-Blocking I/O 機能が特徴的で、膨大なデータ処理もスムーズにこなしてくれます。

また、npmというNode.js用パッケージ管理システムでは、28万以上のソフトが登録されていて、バックエンドの開発を強力にサポートしてくれます。

JavaScript初心者、プログラミング初心者でも Node.js とnpmを使うと割と本格的なアプリが作れたりします。Node.js・・・サーバーソフトの Apache のようなもの、と認識するとイメージしやすいと思います。

詳しくは『 初心者にもわかりやすく解説!サーバーサイドJavaScript、Node.js とは? 』をご参照下さい。

Googleシートや Microsoft エクセルでの利用

クラウドでのデータ管理が常態化しつつある昨今、JavaScriptがあるともっと便利に効率的に仕事ができそうです。

例えば、Googleシートに自分好みの計算処理(関数)を設定したり、Google シートを データベースとして利用* したりなど、JavaScriptが使えると毎日のツールが飛躍的にパワーアップします。

またMicrosoftエクセルも 2016年8月にAPIを公開したので、今まで以上にシームレスにエクセルデータを活用することができるようになります。他には、PhotoshopやIllustratorの自動処理にJavaScriptを利用して、単純作業を処理することもできます。

学習しやすい環境

最近では、ネット・本・スクール、どれをとっても教材が豊富で、自分にあったスタイルで学習を進めることができます。

また最近注目のCode.orgでもJavaScriptレッスンは多数公開されていて、レッスン172ある内の23レッスンがJavaScript対応のレッスンとなっています。

仕事としての JavaScript

現在JavaScriptは、Googleトレンドをベースにした注目のプログラミング言語ランキングでは、5位となっています。

一方、JavaScriptの求人は、Java、PHPの次に多い 3374件(キャリコネ)となっています。求人内容を見てみると、初心者 & 未経験者からベテラン勢まで幅広い層に求人がでています。

またそのうちNode.jsエンジニアの求人も増加傾向で、219 件でNode.jsエンジニアを求めています。シニアクラスになると年収 1000万円超えもザラなので、JavaScript未経験の方は自分にフィットするかどうか一度チャレンジしてみたいですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?スクリプト言語として、唯一ブラウザに標準搭載されていJavaScriptは、今後も見逃せないプログラミング言語の一つと思います。

またエクセルやGoogleシートなどへの活用から、日常生活にもJavaScriptが使えると便利ということが分かりました。

尚、本稿で物足りない方は、『 初心者必見!JavaScriptとは?最新の動向まで細かく解説!』が参考になると思います。

関連記事

オシママサラ
この記事を書いた人
オシママサラ
\ 無料体験開催中!/自分のペースで確実に習得!
オンライン・プログラミングレッスンNo.1のCodeCamp