ゼロから始めるJavaScript講座Vol21 jQueryの基礎と使い方



ゼロから始めるJavaScript講座Vol21 jQueryの基礎と使い方
目次
  1. ゼロから始めるJavaScript講座jQueryの基礎と使い方
  2. jQuery
  3. jQueryの使い方

ゼロから始めるJavaScript講座jQueryの基礎と使い方

jQuery

JavaScriptでプログラムを書いていると、「メソッドの名前が長くて覚えづらい」とか、「目的の処理を作るのに必要なコードが多い」と思ったことがあるかと思います。またブラウザによって使えるメソッドが異なったりすることがあり、「Google Chromeだと正常に動作するが、Internet Explorerだと動作しない」という問題が発生することがあります。

jQuery(ジェイクエリー)はJavaScriptのコードをより簡単に記述できるようにするために設計されたライブラリで、このような問題を解決することができます。ライブラリとは、よく使われる機能や処理を関数としてまとめたようなものです。

jQueryは「著作権表示だけしておけば、無償で自由に扱っても構わない」という形で公開されており(MITライセンス)、jQueryのサイトからダウンロードすれば、誰でも簡単に利用する事ができます。

非常に便利かつ自由に扱うことができるため、「JavaScript+jQuery」とセットで扱うのがJavaScriptの基礎となるほど、広く使われています。

jQueryの使い方

まずはjQueryを公式サイトからダウンロードしてきましょう。

参照:http://jquery.com/

image

トップページよりjQueryダウンロードページへ進みましょう。

image

ダウンロードページへ進むと、[jQuery1.x][jQuery2.x]という2つが出てきます。

jQueryには1.x系と2.x系と呼ばれる2種類のバージョンがあります。1.x系はInternetExplorer8以前の古いブラウザも対応しており、2.x系はInternetExplorer8以前のサポートを廃止することで、より速く、安定した動作を行うことができます。

どのバージョンを利用するかは要件に合わせて選択しましょう。

ダウンロードしたjQueryを利用するには、外部ファイルとして読み込む指定を行います。ダウンロードしたバージョンに合わせファイル名を指定してください。

image

本講義では執筆時点で1.x系の最新バージョンである1.11.0をダウンロードし、使用します。

またダウンロードしなくてもjQueryがCDN(Contents Delivery Network)で用意しているjQueryを利用することもできます。

image

CDNとは、あらかじめライブラリファイルを特定のサーバに設置しておくことで、利用者はそのサーバからファイルを読み込んで利用できるサービスです。jQueryに関してはその他にGoogleやMicrosoftなど多数の企業が提供しています。

CDNは手軽に利用できるため便利ですが、その管理を外部に任せていることになるため、実際のサービスではダウンロードして利用することを推奨します。

NEXT LESSON 👉 jQueryの書き方

PREV LESSON 👉 DOM操作繰り返し実行

CodeCampus編集部
この記事を書いた人
CodeCampus編集部
\ 無料体験開催中!/自分のペースで確実に習得!
オンライン・プログラミングレッスンNo.1のCodeCamp