ゼロから始めるIllustrator講座Vol.10 パネルを使った変更


ゼロから始めるIllustrator講座Vol.10 パネルを使った変更
目次
  1. [変形]パネル

ゼロから始めるIllustrato講座Vol.10 パネルを使った変更

[変形]パネル

[変形]パネルを使うと、描画後のオブジェクトのサイズ・座標・回転角度などを変更できます。[基準点]の9つの点は、バウンディングボックスを表示した時の8つのハンドルとオブジェクトの中心に対応しており、基準点をクリックすると、変更できます。

10040020_010 10040020_020


オブジェクトのサイズ変更

オブジェクトを選択し、[変形]パネルのW(Width:幅)H(Height:高さ)を変更します。

10040020_030


オブジェクトの座標変更

オブジェクトを選択し、[変形]パネルのX(水平方向)Y(垂直方向)を変更します。原点(XYともに0)は、アートボードの左上角になります。

10040020_040


オブジェクトの角度変更

オブジェクトを選択し、[変形]パネルの[回転]を変更します。

10040020_050

数値入力し確定すると、[回転]は0度になりますが、長方形のプロパティの[長方形の角度]に回転角度の情報が残ります。ここを0度にすることで、回転をリセットできます。

10040020_060

Try  [変形]パネルを使った操作をしてみましょう

  1. 長方形を描画し、サイズを変更しましょう。
  2. 基準点を左上にし、長方形の座標を原点にしましょう。
  3. 長方形を回転し、回転角度をリセットしましょう。

NEXT LESSON ☛ パネルを使ったオブジェクトの整列

PREV LESSON ☛ バウンディボックスを使った変更

目次 - ゼロから始めるIllustrator講座 -


関連記事

CodeCampus編集部
この記事を書いた人
CodeCampus編集部
\ 無料体験開催中!/自分のペースで確実に習得!
オンライン・プログラミングレッスンNo.1のCodeCamp