簡単、きれいをマスターしよう!Illustratorで図形を描く方法



簡単、きれいをマスターしよう!Illustratorで図形を描く方法

Illustratorで図形を描く方法には、いくつかの方法があります。長方形ツールなどを使用する方法は、とても簡単ですぐにできます。いっぽう、ペンツールでパスを使用することは、難易度が高く、慣れが必要です。これらの基本を実際にやってみて、ゆくゆくはオリジナルのイラストにチャレンジしていただきたいと思います。

目次
  1. 長方形や線のツールを使用する
  2. 長方形などの場合
  3. 直線の場合
  4. パスを使用する
  5. 1.バスで四角形を描く
  6. 2.バスでギザギザ線を描く
  7. 3.パスで波線を描く
  8. 色をつける
  9. 円柱にチャレンジ!
  10. まとめ

長方形や線のツールを使用する

いきなり高度なイラストを描こうとすると、つまづいてしまいます。まずは、一番簡単な長方形や円の描き方からスタートすると良いでしょう。

長方形などの場合

ツールボックスにある長方形のアイコンを長押しすると、描くことができるツール類が表示されます。下記の6つのツールが表示されます。

(1)長方形ツール (2)角丸長方形ツール (3)楕円形ツール (4)多角形ツール (5)スターツール (6)フレアツール

01square_r

始点を指定して、終点までをドラッグするだけで完成します。縦横のサイズが同じ図形にしたい場合(正方形や正円など)には、Shiftキーを押しながらドラッグしてください。

直線の場合

ツールボックスにある直線のアイコンを長押しすると、描くことができるツール類が表示されます。下記の5つのツールが表示されます。これらのメニューだけでも、いろいろな種類の図形ができますね。

(1)直線ツール (2)円弧ツール (3)スパイラルツール (4)長方形グリッドツール (5)同心円グリッドツール

01_2line_r

パスを使用する

ツールボックスにあるペン先のアイコンをクリックすると、ペンツールを開始することができます。このペンツールで引く線のことを、パスと呼んでいます。このパスは意外と難しいので、慣れるまで時間がかかります。

今回は、以下の3つのパスの引き方を説明します。なお、パスは指示しない限りずっと続きます。停止する方法は、Ctrl(Mac版はCommand)を押しながら、何もない場所をクリックしてください。

02path_r

1.バスで四角形を描く

ペンツールを選択したあとに、描きたい角の部分を順番にクリックしていきます。すると次々に、それぞれの辺の部分の線が自動的に引かれて、つながっていきます。そして最後に、始点と同じところを再びクリックすると、四角形が完成します。なお、それぞれの点をアンカーポイントと呼んでいます。

2.バスでギザギザ線を描く

このやり方も、実は難しくありません。上の要領と同じで、ペンツールを選択したあとに、描きたい箇所に次々とクリックしていくだけで、ギザギザ線は出来上がります。

3.パスで波線を描く

最初からきれいな波形は描けません。コツがあります。描きたい波線より、かなり緩めの傾斜でパスを引いていくと、それなりに整ってきます。ペンツールを選択したあとのやり方は、以下の通りです。

(1) 始点でクリックのみおこなう
(2) 最初の山で、クリックしながら右に水平にドラッグする
(3) いったんマウスを離す
(4) 次の谷で、クリックしながら右に水平にドラッグする
(5) (1)から(4)を繰り返す

色をつける

これは簡単なようで紛らわしいですが、図形のしくみを考えれば、理解できると思います。そもそも、図形は枠(線)の部分と、中身(塗り)の部分から構成されています。

Illustratorでは、これらの「線」と「塗り」を分けて、色を指定することができます。無色透明も可能です。設定するには、ツールボックスの一番下にあるそれぞれのアイコンをクリックしてください。

03color_r

円柱にチャレンジ!

立体的な図形も、これまで説明してきた内容で簡単に、きれいに描くことができます。複雑そうな円柱も、下記のとおり5ステップで完了します。

04round_r

(1)色違いの楕円を、楕円形ツールで作成する。
(2-1) ツールボックスの「ダイレクト選択ツール」を選び、下の楕円をクリックする。
(2-2) 下の楕円にある、上部のアンカーポイントを選択し、Deleteキーを押して削除する。
(3) ツールボックスの「ペンツール」を選び、(2)で作成した半円の上側に、パスにて四角で囲む
(4) 2つの図形を合体する
(5) 上の図形を選択した後に右クリックし、重ね順を前面に変更する

まとめ

ここまでいかがでしたでしょうか。Illustratorで図形を描くことは、だいたい出来てきましたか?意外と難しくなかったと思います。基本ができたら、あとは基本テクニックの組み合わせです。

Illustratorの機能に驚きつつ、楽しく作業ができれば最高ですね。

関連記事

西山一郎
この記事を書いた人
西山一郎
\ 無料体験開催中!/自分のペースで確実に習得!
オンライン・プログラミングレッスンNo.1のCodeCamp