Appleが開発した言語「Swift」とは?基礎から徹底解説!

Appleが開発した言語「Swift」とは?基礎から徹底解説!

Swiftは、2014年に発表されたまだ新しいプログラミング言語です。本稿ではSwiftの特徴や基本的な使い方について解説しています。

目次
  1. リリース間もないモダンな言語「Swift」
  2. Swiftとは?
  3. Swiftの特徴
  4. Swiftの使い方(基本編)
  5. あとがき

リリース間もないモダンな言語「Swift」

Swiftとは?

Swiftとは、ネイティブアプリを開発するためのプログラミング言語です。

対象としているOSは、MacOSとiOSです。iPhoneやiPadなどの端末で使えるアプリ、もしくはMacパソコン向けのアプリを開発することができます。

iOSやMacのネイティブアプリ開発では、これまではObjective-Cが使われてきました。現在でもObjective-Cは使えるのですが、Swiftはそれに代わる新たな言語として設計されました。

RubyやPHPなど最新の設計思想を盛り込んでいて、スクリプト言語のように簡単にアプリを開発することができます。

Swiftの概要については、下記の公式サイトでも紹介されています。

image

Swift - Apple(日本)

Swiftの特徴

SwiftはXcodeを使って開発をします。そのため、Xcodeが動作するMacパソコンが必要です。XcodeはApple IDがあれば無料でダウンロードすることができます。

それでは、Swiftの主な特徴についてご紹介します。Objective-Cとの違いに注目しながら紹介していきますね。

コーディングが簡単になる

Objective-Cは他の言語と比較して学習コストがそれなりにありましたが、Swiftはそうではありません。RubyやPythonなどのスクリプト言語の設計も採り入れていることがその理由です。

具体的には、型の指定が必要ないことや、セミコロン(;)が必要ないことなどがあげられます。メモリの解放もコンパイラが行ってくれるので、コードに書く必要がありません。

軽量に動作する

SwiftはLLVMと呼ばれる高速なコンパイラを採用しています。そのため、Objective-Cよりも最大で2.6倍、Python 2.7よりも最大で8.4倍のスピードアップが可能と発表されています(Apple公式サイトより)。

スマホの普及によって情報量も増えていますから、アプリが軽快に動作することは大きなメリットになりますね。

Swiftの使い方(基本編)

Swiftを使って「Hello World!」までのコードを書いてみましょう!基本的な構文(制御文)についてもご紹介しているので併せて参考にしていただければと思います。

Playgroundを作成する

Xcodeをひらきます。

「Welcome to Xcode」と表示されたダイアログで、「Get started with a playground」をクリックしましょう。

※ちなみにPlaygroundとは、Swiftの動作やロジックの確認をすることのできる機能のことです。

image

Playgroundの名称を入力して「Next」を、保存場所を指定して「Create」をクリックします。

image Playgroundが作成できました。

image

Hello Worldを書く

基本構文が確認できたところで、最後に「Hello World!」を出力してみましょう。

さきほど作成したPlaygroundを見てみてください。下の行がありますので削除をしてください。

[code] var str = "Hello, playground" [/code]

次に、下の行を記述してください。

[code] print("Hello World!") [/code]

少し待つと、右側のコンソールに「Hello World!」と出力されましたね!おめでとうございます。

image

なお、上のキャプチャでは「Hello World!」のあとに改行コード「\n」が表示されていますね。これをなくしたいときは、下のように入力してください。改行が入らなくなり、「\n」の表示がなくなります。

[code] print("Hello World!", terminator: "") [/code]

あとがき

Swiftが使えるとアプリ制作が楽しくなりますよ。

プログラミング学習やアプリ制作のキッカケにしていただければと思います。

中西洋平
ライター
中西洋平

関連記事