Ruby on Rails 初心者必見!パッケージ管理ツール『gem』を徹底解説



Ruby on Rails 初心者必見!パッケージ管理ツール『gem』を徹底解説

Ruby on Rails の開発現場では欠かすことのできない gem。 知らないうちに gem コマンドを入力している方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そこで今回は Rails 初心者向けに、分かりやすく gem についてご紹介したいと思います。

目次
  1. Ruby on Rails 初心者必見!パッケージ管理ツール『gem』
  2. gemとは
  3. gemのメリット・デメリット
  4. gemの使われ方
  5. 古いバージョンのライブラリすべてを削除
  6. ライブラリ arel 6.0.3 バージョンのみ削除
  7. ライブラリ arel の 6.0.3 以前のすべての古いバージョンを削除
  8. 新しいライブラリを自分で作る
  9. トレンディーなライブラリを入手する
  10. まとめ

Ruby on Rails 初心者必見!パッケージ管理ツール『gem』

gemとは

photo : blog.rubygems.orgblog.rubygems.org

gem(じぇむ)は、Ruby用のパッケージ管理ツールになります。

もう少し分かりやすく表現すると、Ruby用のライブラリを使う時に必要となるソフトウェアになります。

パッケージ管理ツールgemのおかげで、Ruby用ライブラリのインストール、アンインストール、バージョン管理などを簡単に実行することができます。

gem自体はプログラミング言語Rubyのファイルに付属されていて、無料で誰でも使うことができるソフトになります。

gemの正式名称はRubyGemsで、ネット上でgemを調べるときもRubyGemsとキーワード入力した方が、情報を探しやすくあります。

同じようなパッケージ管理ツールとしては、JavaScript用のnpmやweb用のbower、iOSアプリ用のswift-package-manager、PHP用のcomposerがあります。

RubyGems の公式サイト:https://rubygems.org

gemのメリット・デメリット

 メリット 

  • gemのおかげで、簡単にRuby用ライブラリをインストールでき、Ruby on Rails 初心者でも素早く本格的なアプリ機能を装備することができます。
  • アプリ内で使う各種機能・レイアウトをライブラリとしてパッケージ管理できるので、Rubyプログラマーの技術力優劣に左右されない安定したアプリを構築できます。
  • 誰でもRuby用ライブラリを作成・公開することができます。

 デメリット 

  • 各gemのドキュメントは基本的に英語です。
  • セキュリティーリスク**
  • Ruby on Rails との相関性、Railsのバージョンを上げると実装済みのライブラリにエラーが発生することがあります。
  • 基本的にコマンドプロンプト(コンソール)での操作になります。

gemの使われ方

実際のRails開発現場では、ライブラリのインストールや管理などにgemは利用されています。**用意されていて、簡単に素早くライブラリの管理を実行することができます。

基本的に、コマンドプロンプトもしくはターミナルを利用してgemを利用します。

gemのコマンド例 gem list

gem-list

現在 PCにインストールされているライブラリ一覧を表示します。
また参考までに、RubyGemsドキュメントサーバーを立ち上げて http://localhost:8808 にアクセスしても同様の結果を表示することができます。

gemのコマンド例 gem outdated

gem-outdated

手元のRuby ライブラリに最新版があるかどうかチェックできます。
上記画像にある Arel (6.0.3 < 7.0.0) の場合、現在 6.0.3 で最新版 7.0.0 に更新できることを意味します。
最新版へ更新する際は、コマンドに以下のコードを入力します。

gem update arel

arel-update


すべての Ruby ライブラリを更新する場合は、以下のコマンドを入力します。(終了までに時間がかかります)

gem update

更新が終わって再度 gem list を叩くと、新しいライブラリと古いライブラリが混在することに気づきます。

gem-update


古いバージョンのライブラリが不要な場合は、以下のコードで削除することができます。

# 古いバージョンのライブラリすべてを削除
<strong>gem cleanup rjb</strong>

# ライブラリ arel 6.0.3 バージョンのみ削除
<strong>gem uninstall arel --version 6.0.3</strong>

# ライブラリ arel の 6.0.3 以前のすべての古いバージョンを削除
<strong>gem uninstall arel --version '&lt;6.0.3'</strong>

プラグイン arel 6.0.3 バージョンのみ削除 ライブラリarel6.0.3バージョンのみ削除

そもそもRuby on Rails のインストールもgemベースで実行されていますよね。

gem install rails

新しいライブラリを自分で作る

gem-create-app

Ruby on Rails の技術力が身についてくると、自分なりに使いやすいプログラムも作りたくなってくると思います。
そんな思いを手伝ってくれるのが gem です。
ライブラリを設定したい Rails の bin ディレクトリで以下のコードを実行すると、新規ライブラリをマウントすることができます。

rails plugin new test_app

また作成中もしくは完成したライブラリは、GitHub上で公開することもできますし、プライベートな管理で利用することができます。

トレンディーなライブラリを入手する

photo : Best Gemsphoto : Best Gems

せっかくgemを学んだなら、Railsの開発に活かしてみたいですよね。

そんな時参考にしたいのが、Best Gems ではないでしょうか? 人気のRuby ライブラリや定番のライブラリ、世界が注目しているライブラリなどを参考にすることができます。

web サイトのガラケー対策も galakei jpmobile などのライブラリでスッキリ解決です!

まとめ

いかがでしたでしょうか?gem自体が表立って目に見えるものではないので、どうしてもイメージしにくいと思います。そこでRails初心者の方には、まずはgemを触ってみる、使ってみることをお勧めします。

関連記事

オシママサラ
この記事を書いた人
オシママサラ
\ 無料体験開催中!/自分のペースで確実に習得!
オンライン・プログラミングレッスンNo.1のCodeCamp