【初心者必見!】プログラミングを始めるために必要なもの



【初心者必見!】プログラミングを始めるために必要なもの

プログラミングに興味があっても、「仕事にできるレベルまで行けずに挫折してしまうかも」「高いパソコンが必要なのかな?」なんて不安が邪魔をして、一歩を踏み出せないでいる方も多いのではないでしょうか。

でも大丈夫!プログラミングに高価なパソコンや特別な設備は必要ありません。 できるだけ安く、気軽にプログラミングを始めるために、 "最低限"必要なものについて解説します。

目次
  1. まずはパソコンを選ぼう
  2. デスクトップ?ノートパソコン?
  3. 何を作りたいか決めてメーカーを絞り込もう
  4. マウスはなくてもいい?
  5. ネット環境はやっぱり光回線?
  6. まとめ

まずはパソコンを選ぼう

"プログラミングができるパソコン"というと、ハイスペックなものを想像するかもしれませんが、どんなパソコンでもプログラミングはできます。 現役で活躍しているエンジニアも、ごく一般的なパソコンを使っている方が多いんです。

そうは言っても、その"ごく一般的なパソコン"の定義が曖昧ですよね。 プログラミング初心者はどんなパソコンを選んだらいいのか解説します。

デスクトップ?ノートパソコン?

デスクトップパソコンは、メモリ容量やCPU(処理速度)などの面でノートパソコンより優れていますが、ノートパソコンでも問題なくプログラミングに対応できます。

実際にノートパソコンのみで仕事をしている現役エンジニアはたくさんいます。 モニターを併用している方も多いですが、これからプログラミングを始める段階でモニターまで用意する必要はありません。

リモートワークやフリーアドレス(オフィスに決められた自席がなく、働く席を自由に選択できるスタイル) を採用している企業も増えていますし、エンジニアはイベントや勉強会も多いので、移動先でも普段と同じ環境で利用できるノートパソコンのほうが便利です。

何を作りたいか決めてメーカーを絞り込もう

Webサービスやスマホアプリ、ゲームにAI(人工知能)…プログラミングで作れるものはたくさんありますが、どんなものを作ってみたいですか?

もし作りたいものがイメージできなければ、まずはWebサービスか、スマホアプリの開発から入るのがおすすめです。 普段から利用しているものであれば、どんな機能があればよいか、最終的にどのようなものになるかを想像しやすいので、比較的スムーズに開発できます。

作りたいものが決まったら、どのメーカーのパソコンにするかを決めていきましょう! パソコンと言えばアップルやマイクロソフトが有名ですよね。 アップルのパソコンにはMac OS、マイクロソフトのパソコンにはWindowsという、コンピューターを動かすために必要なソフトウェア(OS)がもともとインストールされています。

それぞれのOSによって使用できるプログラミング言語が変わるため、作りたいものを決めてからパソコンを選ぶ必要があるのです。

"仮想化"という作業をおこなうと、ひとつのパソコン内で複数のOSを使用できますが、有料ソフトの導入が必要だったり、トラブルが起きたりする場合もあります。 作りたいものがiPhoneアプリであればMacを利用するのが一般的です。

なんとなくエンジニア=Macというイメージが世の中に定着しているので、「やっぱりプログラミングをするならMacでしょう!それも、『MacBook Pro』 !!」と思われる方も多いかもしれません。 MacBook Proは確かに素晴らしいパソコンです。ただ、それだけに価格が高め。

実際にエンジニアのMac所有率はかなり高く、みんなMacBook Proを使っている…と思いきや、MacBook Airを愛用している方もたくさんいます。

性能面ではもちろんMacBook Proに軍配が上がりますが、プログラミングをするには十分なスペック、持ち運びの楽さ、そして何より値段の安さから、MacBook Airのエンジニア人気は相当高いようです。

MacBook Proの最上位機種は288,800円と高額ですが、MacBook Airであれば、最上位機種でも134,800円で購入できます。(2020年5月調べ)

マウスはなくてもいい?

多機能ボタン付きタイプ、人間工学に基づいたデザインマウスなど、たくさんの種類がありますが、パソコンと同様にマウスも特別なもの・高価なものは必要ありません。

「集中してタイピングをしている時に、キーボードから手を離してまでマウスを操作するのはストレスになる」という理由で、マウスを使わずトラックパッドのみで操作するエンジニアも多いです。

マウスをすでにお持ちであればそれで十分ですし、新しく購入する場合も機能重視ではなく、自分が作業しやすいものを選んでください。

ネット環境はやっぱり光回線?

通信速度も回線も安定している光回線でないとプログラミングはできない、なんてことはありません。 基本的に繋がれば何でも大丈夫です! マンションの無料インターネット回線でも対応できます。

既存のネット環境がない場合は光回線を新規契約するのが理想的ですが、工事の初期費用を考えるとハードルが高いですよね。 そこでおすすめなのがモバイルルーターです。

モバイルルーターは工事の必要がなく、持ち運べるので場所を選ばずにプログラミングができます。 大手ブロバイダのギガ放題プランでも、月額使用料は3000〜4000円程度です。 ただ、プログラミングに必要なソフトは容量が大きく、ダウンロードにかなり時間がかかる場合もあります。必要に応じてネットカフェなどを利用しましょう。

Webサイト担当者としてのスキルが身に付く

CodeCampの無料体験はこちら

まとめ

今回は、プログラミングを始めるために必要なものについて解説しました。 パソコンもマウスもネット環境も、特別なものは何もいりません。 この記事を読んで、プログラミングのハードルを少しでも下げられたなら幸いです。

そしてパソコンやネット環境が準備できたら、勇気を出してプログラミングに触れてみましょう!

CodeCampでは現役エンジニアとして活躍する講師陣が、マンツーマンで丁寧に指導します。

ひとりだけわからないまま置いていかれるなんてことはありません。 あなたに合わせたオーダーメイドの学習プランで、きっとプログラミングが好きになるはず!

まずは無料体験で、プログラミングの楽しさを感じてみてください。

関連記事

CodeCampus編集部
この記事を書いた人
CodeCampus編集部
\ 無料体験開催中!/自分のペースで確実に習得!
オンライン・プログラミングレッスンNo.1のCodeCamp