Photoshopのショートカットキー12選!これでストレスフリーになること間違いなし!



Photoshopのショートカットキー12選!これでストレスフリーになること間違いなし!
目次
  1. command + N : 新規ドキュメント作成
  2. command + S : 保存
  3. command + Shift + alt + S : Web用に保存
  4. command + A : すべて選択
  5. command + D : 選択を解除
  6. command + Shift + I : 選択範囲を反転
  7. command + alt + Z = 1段階戻る
  8. command + Shift + Z : 1段階進む
  9. command + F : フィルターの繰り返し
  10. Shift + F5 : 塗りつぶし
  11. command + +/- : 画面の拡大 / 縮小
  12. command + Shift + Alt + K : ショートカット一覧
  13. まとめ

みなさんはAdobePhotoshop(フォトショップ)でショートカットキーを使っていますか?様々な機能が盛りだくさんで、それだけで便利に思えてしまうPhotoshopですが、ショートカットキーを使うとさらに利便性が増します。

まだPhotoshopを使い始めたばかりで、初心者だという方ほどショートカットキーが作業効率を上げてくれます。

今回ご紹介するショートカットキーを覚えて、普段の制作をより効率よくしましょう。

※本記事でのショートカットキーはMac環境を想定しています。Windowsの場合は、commandキーをCtrlキーに置き換えてください。

command + N : 新規ドキュメント作成

スクリーンショット 2016-11-21 21.14.00

メニューバーにある「ファイル」をクリックして、「新規」を選ぶことで、新規ドキュメントを作成する画面が現れます。かなり頻繁に行うことだからこそ、ショートカットキーで手間を短縮する効果は大きなものになるのです。

command + N を覚えて、すぐに新しいファイルを作れるようになりましょう。

command + S : 保存

スクリーンショット 2016-11-21 21.14.54

作業したらまずやりたいのが「保存」です。他のたいていのソフトと同様に、command + S で簡単に上書き保存できるのでこまめにやる習慣をつけましょう。

ちなみに、Shiftキーを追加して、「Shift + command + S」にすると、別名で保存することができます。

command + Shift + alt + S : Web用に保存

スクリーンショット 2016-11-21 21.15.25

Photoshopで作成したものは、.psdという形式のファイルで作られます。

しかし、Webサイトなどでは.jpgや.gif、.pngといった形式のファイルが必要になります。そんなときは、「別名で保存」のショートカットにさらにAltキーを追加で押すと、「Web用に保存」をすることが簡単にできます。

command + A : すべて選択

スクリーンショット 2016-11-21 21.15.57

画像の一部分を選んでから作業をはじめるというのが、Photoshopで写真や画像を加工するときの基本になります。

画像を選択するためのツールがPhotoshopにはたくさんありますが、画像全体を選択する場合は command + A を使用しましょう。全体にフィルターをかけて加工する際にも便利です。

command + D : 選択を解除

スクリーンショット 2016-11-21 21.16.16

Photoshopは基本的に何かを選択してから作業をはじめるのですが、次の部分を作業しようと思ったら、今までしていた選択を一度解除しなければなりません。

そんなときは、 command + D が役に立ちます。選択していた部分の点線が消えて、別の作業にすんなりと入ることができますよ。

command + Shift + I : 選択範囲を反転

スクリーンショット 2016-11-21 21.32.07

スクリーンショット 2016-11-21 21.31.57

スクリーンショット 2016-11-21 21.32.17

選択範囲に関するショートカットとしては、 Shift + command + I の「選択範囲を反転」の使用頻度が高いでしょう。自分が選択した部分以外を選ぶので、必要な画像を最初に選んでいれば、後は効率的に使うことができます。上の画像例では、最初に1ドル札を選択しています。

そしてその後に、 Shift + command + I で1ドル札以外の部分全てを選択して、背景を塗りつぶしました。便利なショートカットなので、覚えておいて損はないでしょう。

command + alt + Z = 1段階戻る

スクリーンショット 2016-11-21 21.35.24

Photoshopで加工をしていると、「前に戻ってやり直したい…」ということはよくあります。デフォルトの前に戻るショートカットキーである command + Z を押しても、Photoshopでは1つ前までしか戻ることができません。

そこで覚えておきたいのが、 command + Alt + Z です。このショートカットキーによって、ひとつ前から順番に元に戻ることができます。

command + Shift + Z : 1段階進む

スクリーンショット 2016-11-21 21.35.33

前述の command + Alt + Z (1段階戻る)とは逆に、「前に戻ったけど、さっきの方がやっぱり良かったな…」というときに使いたいショートカットキーです。

今度は「 command + Shift + Z」 を押しましょう。ひとつ後から順番に進むことができます。好きなところまで戻ったり進んだりして、自由にやり直しができるというのは非常に便利ですね。

command + F : フィルターの繰り返し

スクリーンショット 2016-11-21 21.34.31

スクリーンショット 2016-11-21 21.35.33

スクリーンショット 2016-11-21 21.35.47

Photoshopでは、何種類もフィルターを重ねることで自分の理想の表現に極限まで近づけることができます。フィルターは、メニューバーの「フィルター」にあるものの中から、自分の好みのフィルターを選択することができるようになっています。

そこで、何度もフィルターをかけたいときには、いちいちメニューバーから選なくても command + F で「フィルターの繰り返し」を行いましょう。上の画像例のように、 command + F でフィルター効果を繰り返すことができます。

Shift + F5 : 塗りつぶし

スクリーンショット 2016-11-21 21.37.01

command + N で新しいファイルを作ったあとに、カンバス全体の色を変えたいなと思ったときは、このショートカットキーを使います。Shift + F5 を押すと、「塗りつぶしツール」ダイアログが表示されます。

そしてプルダウンメニューから、いま塗りたい形式を選択できます。一から塗りつぶしていくよりは圧倒的に楽な作業になります。

command + +/- : 画面の拡大 / 縮小

スクリーンショット 2016-11-22 17.10.37 100% → 150% → 200% → 300% → 400%というふうに、表示を段階的に拡大したり縮小したりすることができるショートカットキーがこちらです。

全体のバランスを見たり、細かいところを修正したりする作業をPhotoshopですることがあるかたは、このショートカットキーは必須ですね。

command + Shift + Alt + K : ショートカット一覧

スクリーンショット 2016-11-22 16.12.41 ショートカットキーの確認やカスタマイズをしたいときは、こちらのショートカットキーを使いたいですね。自分の好みのショートカットキーにしたい、なんてときにもここから作ることができます。

まとめ

いかがでしたか。「多い!」と思っているかたもいらっしゃるかもしれませんが、覚えてしまえば作業のスピードは見違えるほど速くなるはずです。

ショートカットキーを覚えるために一番大切なのは、なんとしてでも使うことです。思い出したり、調べたりしながらでも使っていくことで、自然と指が覚えていくものですよ。効果的にショートカットキーを使って、サクサク快適に作業していきましょう。

また、Photoshopの学習に役に立つサイト11選をまとめてみましたので、ぜひこちらも参考にしてみてください!

関連記事

黒田剛司
この記事を書いた人
黒田剛司
\ 無料体験開催中!/自分のペースで確実に習得!
オンライン・プログラミングレッスンNo.1のCodeCamp