ワンクリックで写真がみるみる綺麗に!無料で使えるPhotoshopアクション素材10選



ワンクリックで写真がみるみる綺麗に!無料で使えるPhotoshopアクション素材10選

使いこなせるようになればPhotoshopでの作業効率がグンとアップするのが、Photoshopアクション。アクションは自分で作成する他に素材として公開されているものを読み込む事もできるのですが、今回はそんなアクション素材のうち便利に使えて無料のものをご紹介しますね!

目次
  1. Photoshopアクションとは?
  2. 便利な無料アクション素材
  3. ノスタルジックな雰囲気を演出したい時にぴったり
  4. 春の光や夏の日差しを再現した季節感漂うアクション
  5. 流行りのトイカメラ風加工をワンクリックで!
  6. 面倒なビンテージ風加工も、これさえあれば一発でできちゃう
  7. 深みのあるモノクロ加工でひと味違った味わい深い写真に
  8. 写真をかわいいイラスト調に加工するなら
  9. 肌の修正を一発で!ポートレートに使えるスグレモノ
  10. 20以上の手順でファンシーな雰囲気に仕上げてくれる”妖精”アクション
  11. 冬の寒々しい感じをワンクリックで表現!
  12. 撮影時間さえ変更できてしまうアクション
  13. まとめ

Photoshopアクションとは?

Photoshopアクションは複数の動作を記録して自動処理として登録しておけば、次からはボタンを一回クリックしただけで同じ処理をかける事ができる機能。例えば100枚の写真全ての解像度を横幅6000pxから横幅1000pxに落としたい時などは「メニューからイメージを選択して、画像解像度のダイアログで横幅に1000pxと打って、OKボタンを押して…」みたいな作業を100回行うわけですが、面倒すぎてやりたくないですよね。そんな時に役立つのが、このアクション!

ちなみにオリジナルのアクションを作る方法はこちらの記事でご紹介していますので、ぜひこちらもご覧くださいね。

20151018_i

便利な無料アクション素材

今回はこちらの画像に実際にアクションをかけながらご紹介しましょう。ちなみにこれは松茸ではなく「松きのこ」という300円以下で入手した新種のきのこです。

20151025_1moto

ノスタルジックな雰囲気を演出したい時にぴったり

Glitter in the Air film emulation actionsはノスタルジックな雰囲気を演出するのにぴったりなアクション。

中には強い光の表現を加えたアクション、「shine」や 20151025_1_1 光を遮るような加工を加えて立体感のある仕上がりとなるよう組まれた「shade」、 20151025_1_2 中央にハイコントラストが入るように調整され、ノスタルジック感がよく出た「galaxy」と3パターンのアクションが同梱されており、それぞれ違った雰囲気が出ていいですね。中身もトーンカーブ修正や描画モード変更を何度も行うなどかなり凝った事をしてくれています。 20151025_1_3

春の光や夏の日差しを再現した季節感漂うアクション

Glitter in the Air film emulation actionsには「Spring break」「summer vacation」の2種類のアクションが同梱されており、それぞれ春休み/夏休みの名にふさわしい季節感を再現する画像修正が自動でかかるようになっています。

「Spring break」では幻想的な春の光を演出するために彩度や色相調整が多く入っており、 20151025_2_2

「summer vacation」ではいくつもの描画モード変更を重ねる事によって夏の夕暮れのような温度感の感じられる修正が自動で加えられます。 20151025_2_1

流行りのトイカメラ風加工をワンクリックで!

Free Lomo Photoshop Actionは流行りのトイカメラ風加工が一発でできるスグレモノアクション!こちらはフリー版とフル版が用意されており、フリー版では2種類のトイカメラ加工アクションが体験できる仕組み。内容はぼかし加工や露出光修正、グラデーション加工などかなり凝ってた内容になっており見た目もグッと変わるので、無料版だけでも十分な気はします。 20151025_3_1

20151025_3_2

面倒なビンテージ風加工も、これさえあれば一発でできちゃう

ビンテージ加工は様々なシーンで使えるお洒落加工ですが、やってみると結構面倒なものです。Photoshop Action 24は、そんなビンテージ加工が一発でできる便利なアクション。アクション内容を見てみると何度もトーンカーブ調整を行ったりレベル補正を行ったりと面倒そうな事をしてくれているので、重宝するアクションです。

20151025_4

深みのあるモノクロ加工でひと味違った味わい深い写真に

モノクロ加工はシンプルですが奥深い加工。Photoshopのデフォルト操作でも簡単に加工はできますが、それだとどうしてものっぺりとしたモノクロ写真になりがち。Silver Actionなら、グラデーションマスクやレベル補正、トーンカーブ修正など細部までこだわって調整された味わい深いモノクロ写真をワンクリックで手に入れる事ができます。 20151025_5

写真をかわいいイラスト調に加工するなら

ちょっとイラスト風に加工するならおすすめなのが、Watercolor and Acrylic Painting Effects。こちらは写真をまるでイラストのように加工してくれるアクションです。Photoshopフィルタのカットアウトのような加工ですが、境界が丸く加工されていたり斜めのストライプが入っていたりして全体的にかわいい雰囲気になっていますね! 20151025_6

肌の修正を一発で!ポートレートに使えるスグレモノ

Enhancing skin colorは人物の肌を一発で綺麗にするポートレート向けアクション。今回は食べ物で試してみましたが、色合いが明るくなったり赤味が加わったりして美味しそうになりましたね。内部ではいくつものレイヤーを重ねながらモードを変更したり、色相を調整したりとたくさんの処理をしてくれているので、これを自分でやるのかと考えるとありがたみが感じられます。 20151025_7

20以上の手順でファンシーな雰囲気に仕上げてくれる”妖精”アクション

Photoshop Fairy actionは、”妖精”の名の通りファンシーな雰囲気に仕上げてくれるアクション。ファイル内にはトーンカーブ修正や不透明度修正などを駆使した20以上の手順でふんわりとした雰囲気に仕上げてくれる「Fairy action」と、 20151025_8_1よりシャープな印象に仕上げてくれる「Sharpness [select original layer first]」が収録されています。これらは組み合わせて使っても良さそうですね。 20151025_8_2ちなみに今回は素材画像が悪かったのかちょっと毒キノコのような感じが出ていますが、お菓子などガーリーな素材に適用すると女の子が思わず「かわいい!」と言ってくれそうな効果を得る事が出来ます。 20151025_8_3

冬の寒々しい感じをワンクリックで表現!

こちらは少し変わり種アクションで、冬の寒々しい雰囲気を手軽に表現できるアクションPhotoshop Winter breeze Actionsです。中にはチャンネルミキサーでの調整や塗りつぶしレイヤーでの効果追加など数えるのも憚られるほどたくさんの修正を自動で行い、見るからに寒々しい感じに加工してくれる「Cold white action」と、 20151025_9_3

「Cold white action」よりも少し青みがかかった「Blue breeze action」が収録されています。 20151025_9_4

撮影時間さえ変更できてしまうアクション

最期にご紹介するPhotoshop sunlight and sundown actionは、日没と日光の描写を加えてくれるアクション。中には日没の光を表現する「Sundown action」と、 20151025_10_1 日光の暖かな光を表現する「Sunlight action」が同梱されています。 20151025_10_4

一流デザイナーのスキルが身に付く

CodeCampの無料体験はこちら

まとめ

今回は無料で使えるアクション素材を10選ご紹介しましたが、いかがでしたか?本当はまだまだご紹介したいユニークなアクションがたくさんあったので、実は選定にかなり悩みました。それぐらいアクション素材は豊富に配布されており、有償のものを併せるとさらに多くのアクション素材を手軽にダウンロード&使用する事ができます。世の中の有志の方々に感謝ですね!アクションは入れておくと画像編集の時間が飛躍的に短縮できるので、ここでご紹介している他にもぜひいろいろ発掘してみてくださいね!

関連記事

山崎 響
この記事を書いた人
山崎 響
\ 無料体験開催中!/自分のペースで確実に習得!
オンライン・プログラミングレッスンNo.1のCodeCamp