Jimdoでホームページの作り方をご紹介!メリット・デメリットも解説します!


Jimdoでホームページの作り方をご紹介!メリット・デメリットも解説します!

無料でホームページを作ることができる便利なホームページ作成サイトである「Jimdo」。今回はJimdoで実際にホームページを作ってみた感想とJimdoでホームページを作るうえにあたってできることとできないこともまとめてみました。

結論から述べると、Jimdoはビジネス用のサイトやサロン向けのサイトには向いていないように感じました。趣味やサークルのような非ビジネス用のサイトであればJimdoで作ってみるのはアリ。その上を踏まえてさっそく見ていただければと思います。

目次
  1. Jimdoとは?
  2. Jimdoの有料と無料プランの差は?
  3. Jimdoのホームページを作る流れをご紹介
  4. Jimdoでホームページを作ってみた感想
  5. Jimdoのメリット|パソコン初心者でもホームページが作れる
  6. Jimdoのデメリット|ビジネス用サイトには向いていない
  7. Jimdoで作るならこんな人におすすめ
  8. 趣味活用のサイトにお勧めのCMSは?
  9. コミュニティーやサークル用のサイトにお勧めのCMSは?
  10. まとめ

Jimdoとは?

Jimdoとはドイツの若者3人の手によって作られた低コストで作れるホームページ作成サービスです。

一般的にホームページ・WEBサイトを制作する場合はHTMLやCSSと言ったプログラミングを自身でゼロからスクラッチで作るか、WordPressを代表とするCMSを使って作成するものが中心でした。

しかし、Jimdoは今までのホームページ作成サービスとは全く異なった新しい形のサービスが提供されています。

Jimdoの有料と無料プランの差は?

Jimdoは基本的には無料プランで作成することが可能。 有料プランにすると、独自ドメインの利用とJimdoホームページ内の広告を削除することができます。

無料プランの場合はJimdoホームページのドメインは

https://OOOOO.jimdosite.com

となりますが、有料プランにすると独自ドメイン

https://OOOOOO.com

に変更することができます。 独自ドメインにしたいというこだわりがあったり、広告を削除したい場合はこの有料プランにすることになります。

ちなみに個人利用であれば月額990円。ビジネス用プランであれば1,590円。

Jimdoのホームページを作る流れをご紹介

ホームページの流れは全部で以下の4段階となります。 1.Jimdoにアカウントを登録後ログイン 2.デザインのテンプレートを選択 3.さらにデザインや付け足したい機能を追加 4.ホームページの公開と集客開始 有料プランにしたい場合は③の時に有料プランに加入することになります。 機能としてはカバー、サイト概要、ニュース、テキスト、画像、スライドショー、カラム、リスト、バナー、ミュージック、予約、メニュー、問い合わせがありパソコン音痴の方でも感覚的に選択し、ホームページを作成することが可能です。

Jimdoでホームページを作ってみた感想

Jimdoのメリット|パソコン初心者でもホームページが作れる

自分に合ったホームページのテンプレートを選ぶことが可能です。「パソコン音痴」という方や、「ウェブサイトが欲しいけどサイト作るのはハードルが高い」などと感じてる方はぜひ試して見ることをお勧めします。

また飲食店や美容・健康と言ったジャンルのようにテンプレートを用意されているので細かいことはしなくても大丈夫です。 テンプレートを選んだあとは、自分でブロック機能を使い感覚でホームページを作ることができます。ホームページに必要な機能はブロック機能にあるので心配をする必要はありません。

Jimdoのデメリット|ビジネス用サイトには向いていない

無料プランのままではSEO対策がしづらい点があげられます。 ただし、有料プランのビジネスプラン1590円があり、この有料プランにすると独自ドメインと広告非表示に加えて検索エンジン最適化(SEO)とホームページのアクセス解析、最優先サポートのカスタムが追加されます。

しかし、SEO(検索エンジン最適化)とはそもそもコンテンツの質によって自分のホームページの検索順位が上がるものです。

なので、ホームページだけでなくブログページを作りユーザーの課題解決になるような記事を追加することが大事となるため、ホームページを用意しただけでは多くの集客力は見込めない可能性が高いです。

そのため、Jimdoではビジネス用としては汎用性が低いため、現時点(21年9月時点)でウェブからの集客を期待する目的のビジネスでの利用はお勧めできません。

Jimdoで作るならこんな人におすすめ

ウェブからの集客を期待するビジネス用のホームページを作るのであれば、WordPressで作ることをおすすめします。

Jimdoの有料プランと比べるとWordPressでホームページを作ることにかかる費用も比較してもそこまで大差はありません!

WordPressも有料のテーマやプラグインという拡張機能を利用しない限りは、サーバーとドメインに年間約1万5千円(サーバー代:月1000円ほど。ドメイン代:年1000円ほど)ほどしかかかりません。(※条件次第でもっと安く抑えることも可能です!)

WordPressのデメリットとしては、初めに必要となる設定が少し難しいことが難点です。 一度、初期設定や開発環境を用意することができれば、運用自体はハードルはとても低いです。そのため、プログラミングスクールなどで 初心者向けのWordPressコース を選択し受講するのがお勧めです。

趣味活用のサイトにお勧めのCMSは?

趣味用のサイトであればJimdoはおすすめ。 趣味友達を作りたい際に「こんなことをしています!」と言えるようにホームページを作ってみるのはありです。カメラやカフェ友達募集など使ってみるといいでしょう。

コミュニティーやサークル用のサイトにお勧めのCMSは?

同好会や社会人・学生サークルとしてJimdoを使ってみることもおすすめ。 社会人サークルとしてSNSで告知をする際に、イベント情報を掲載、連絡先を載せるためにホームページを作りたいという方であればまずはJimdoで作ってみよう。

Webサイト担当者としてのスキルが身に付く

CodeCampの無料体験はこちら

まとめ

Jimdoでビジネス用のホームページサイトを作るのはおすすめしない。趣味やサークル向けのホームページであればJimdoでも代用は可能。

Jimdoの他にもWix.comなど無料でホームページ作成ツールは他にもあリますが、ビジネスとして行うサイトであれば必ずWordPressのような自分でも管理ができるCMSツールを使って運用をするのがお勧めです。

無料ホームページ作成でまずは自分の頭の中の理想のデザインをアウトプットとして用いるのもありです。


関連記事

八木俊樹
この記事を書いた人
八木俊樹
\ 無料体験開催中!/自分のペースで確実に習得!
オンライン・プログラミングレッスンNo.1のCodeCamp