ゼロから始めるJavaScript講座Vol11 関数の基礎



ゼロから始めるJavaScript講座Vol11 関数の基礎
目次
  1. ゼロから始めるJavaScript講座 関数の基礎
  2. 関数とは

ゼロから始めるJavaScript講座 関数の基礎

関数とは

いくつかの処理をまとめて名前をつけておき、必要に応じて呼び出して使うことをできるのが関数です。

現実世界で考えると、ミキサーは関数の一種となります。

javascript-function-1-639

ミキサーでジュースを作りたい時には、まず素材となる果物をいくつか入れてミキサーがそれらを混ぜてくれます。

その結果として◯◯ジュースなるものが出来上がります。

ここでミキサーが何をしてるかを考えると、以下になります。

javascript-function-2-639

実はこれが関数の本質で、関数(ミキサー)は何らかの素材(これを引数と呼ぶ)を受け取り、それに対して「混ぜる」など独自の処理を行った後、その結果を返す(これを返り値と呼ぶ)。この1連の処理を行うものを関数と呼びます。

javascript-function-3-639

NEXT LESSON 👉 ユーザー定義関数の書き方

PREF LESSON 👉 連想配列とは

関連記事

CodeCampus編集部
この記事を書いた人
CodeCampus編集部
\ 無料体験開催中!/自分のペースで確実に習得!
オンライン・プログラミングレッスンNo.1のCodeCamp