【初心者向け】無料で使えるHTMLのおすすめエディタ5選

【初心者向け】無料で使えるHTMLのおすすめエディタ5選

HTMLを書く上で、欠かせないのが、テキストエディタです。プログラミング初心者にとっては、どのテキストエディタを使えば良いのか、迷いどころだと思います。

エディタには、有料のものもありますが、無料で利用できるものも、多々あります。今回は、無料で使えるエディタを厳選して紹介します。

目次
  1. テキストエディタとは?
  2. Sublime text
  3. ATOM
  4. Notepad++
  5. Liveweave
  6. Emacs
  7. まとめ

テキストエディタとは?

テキストエディタとは、その名の通り、文章を編集することができるツールのことです。HTMLを書いていく上でも、通常エディタを使って書いていくことになります。エディタが使いにくいと、書くコードにも影響を与えてしまいます。この点を考慮に入れると、自分にあったエディタを選ぶことは非常に重要です。

Sublime text

image

利用者も多く、人気の高いエディタであるSublime text。Windows,Mac,Linuxに対応しています。見やすいデザインが特徴です。日本語でも利用可能。最新版はSublime Text3ですが、Sublime Text2は無料で利用できます。Sublime Text2でも、十分な機能が揃っているので、問題なく使えます。

私も、プログラミングの学習を始めた時は、Sublime text2から使い始めました。パソコンに入っているテキストエディタ(メモ帳等)は、シンプルすぎてコードを書くモチベーションが上がらなかったものです。一方、Sublime textはデザインがお洒落なので、コードを書くモチベーションが一気に上がりました。初心者にも、とっつきやすいエディタともいえます。

ひとつ問題点としては、無料で使い続けていると、頻繁にSublime Text3へのアップグレードを進めるアラートが表示されることです。無料で使いたくて、これが邪魔に思うようなら、他のエディタも検討してみると良いでしょう。もしくは、有料ですがSublime text3へのアップグレードするのもアリだと思います。

Sublime textのインストール方法は、「Windows - Sublime Text 3 のダウンロードとインストール」を参考にしてみてください。

ATOM

image Sublimeと並んで人気の高いエディタATOM。Githubが作成したエディタということもあり、初心者から上級者まで幅広いレベルの人が使えるように気が使われています。

ATOMもまた、Windows、Mac、Linuxと使っているマシンに関わらず使えます。拡張機能が豊富で、便利な機能が豊富に取り揃えられています。利用者が多いことから、情報も多く出回っているため、必要な情報が手に入りやすいです。

私も、最初はSublime textを利用していましたが、最近はATOMを使っています。ATOMのインストール方法については、「Mac - テキストエディタ「Atom」のインストール」 を参考にしてみてください。

Notepad++

image 高機能・多言語対応のテキストエディタNotepad++。こちらも無料で利用可能です。しかし、対応OSはWindowsのみ。

開発者が動作の軽さを追求しているだけあり、動作は軽く、シンプルなインターフェースが特徴です。

日本語にも対応しています。日本語対応版をインストール方法は、「フリーかつ高機能・多言語対応なテキストエディタ「Notepad++」に詳しく書かれています。

Liveweave

image 今まで紹介したエディタを利用する場合、動作確認の際には別画面で確認する必要があります。リアルタイムに、同画面で動作確認できたら素晴らしいなと思いませんか?それを可能にするのが、テキストエディタLiveweaveです。このエディタを使えば、書いたコードの編集結果をリアルタイムで確認しながら作業することができます。

ブラウザ上で動作するので、エディタを別途インストールする必要もなし。先ほど紹介したNotepad++のように、エディタによっては対応OSが限定されていますが、Liveweaveの場合その心配はありません。インターネットさえあれば、どこでも、どのパソコンからでも編集作業ができてしまいます。

Liveweaveのリンクを開くと、4分割された画面が表示されます。左上にHTML,左下にCSS、右上にJavascriptを記入します。結果は、右下の画面に表示されます。

コードのエラーチェックも自動で行ってくれるので、初心者がコードの練習をする際のエディタとしては最適です。試しに使って見たい場合は、こちらのLiveweaveの使い方紹介記事を参考にしてみてください。

Emacs

image

高機能なエディタ Emacsもまた、オススメエディタのひとつです。Java, C, C++, PHPなどに対応しており、パッケージを追加すれば、その他の言語も利用できます。検索機能が優れており、数あるファイルの中からすぐにファイルを探すことができます。ファイル探しって意外と時間が取られてしまったりするので、これは有難い機能です。

また、カスタマイズ性も高く、必要な機能を選択して設定することができます。日本語にも対応しているのが嬉しいですね。Windowsユーザーも、Macユーザーも利用できます。インストール方法は、こちらの記事を参考にしてみてください。

まとめ

今回は、無料で使えるエディタのみを厳選して紹介しました。どのエディタも、初心者にとって使いやすいものばかりです。エディタによっては、拡張機能を使えば、更にエディタの機能をアップすることができるものも含まれています。

最初は、まずエディタを使い、慣れることからはじめてみて、後は自分のレベルや必要に応じて、使いやすい機能を追加していくと良いと思います。また、私のように、一つのエディタを使っていて、「合わないかも・・」と思ったら、試しに違うエディタを使ってみるのも一つの手です。

Ayumi
ライター
Ayumi

関連記事