ゼロから始めるPHP講座Vol10 配列とは

      2015/12/18

Code部

ゼロから始めるPHP講座 配列とは

配列とは

以前変数はデータを入れる箱と例えましたが、配列はその箱を複数集めた、大きい箱のようなものです。
まずはお手本にある通り、配列を使ったプログラムを書いてみましょう。
ファイル名: array.php

<?php
    $class = array('鈴木', '佐藤', '斎藤', '伊藤', '杉内');
    print $class[2];
?>

php-array1-639
2行目に書いた5つの苗字のうち、「斎藤」が表示されます。

図で例えると、$classという大きい箱(配列)の中には箱が5つあり、それぞれの箱の名前と中身は、「箱0の中身が鈴木」「箱1の中身が佐藤」「箱2の中身が斎藤」「箱3の中身が伊藤」「箱4の中身が杉内」となっています。

php-array2-639

このように、配列とは複数の箱と値を1つにまとめて扱うことができ、 配列という大きい箱の中にある1つ1つの箱の名前のことを「キー」と呼びます。

 

配列の書き方

PHPにおける配列の書き方は以下となります。

php-array3-639

「array(値1, 値2, 値3, …)」と書くことで、配列を定義できます。

この他にも箱の名前を省略せずに書く書き方や、複数行に分けて書く書き方など、配列には様々な書き方があります。

例えば下記のように配列を書くこともでき、書き方1と書き方2で、配列$classの中身は同一になります。

php-array4-639

配列の書き方にかかわらず、キーがセットで1つ1つの箱になっております。

また、箱の中身(値)を取り出すには、配列名とどの箱(キー)かを指定する必要があります。

php-array5-639

配列はキーと値のセットで複数の値を1つにまとめることができます。

配列と後に説明する「foreach文」を組み合わせて利用すると、効率的なプログラムを書くことができます。具体的な例については「foreach文」で説明します。

 

課題

東北, 関東, 中部, 近畿, 中国, 四国, 九州を1つの配列でまとめ、中部を表示してください。

ファイル名: challenge_array.php

 

NEXT LESSON ☛ 連想配列とは

PREV LESSON ☛ if文を使った条件分岐の方法

 - PHP/MySQL, プログラミング, プログラミング基礎