ゼロから始めるJavaScript講座VoL07 for文を使った繰り返し処理



ゼロから始めるJavaScript講座VoL07 for文を使った繰り返し処理
目次
  1. ゼロから始めるJavaScript講座for文を使った繰り返し処理
  2. for文とは
  3. for文の書き方
  4. 補足.変数iについて
  5. 課題

ゼロから始めるJavaScript講座for文を使った繰り返し処理

for文とは

繰り返し処理を行うことができ、ループとも呼ばれます。まずはお手本にある通り、for文を使ったプログラムを書いてみましょう。


<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
    <meta charset="UTF-8">
    <title>for文</title>
</head>
<body>
<script>
    for (var i = 0; i < 10; i++) {
        document.write(i);
    }
</script>
</body>
</html>

javascript-for1-639

for文の書き方

以下のような書式でループを行います。

for(初期値式条件式増減式

for文の開始時に1度だけ実行される初期値式条件式増減式

おそらくこれだけでは具体的にどのような順番で処理が行われるのか理解が難しいと思いますので、次にfor.htmlを例に、処理の詳細な順番を示します。

for.htmlの詳細な処理の順番は以下となります。

javascript-for-2-639

javascript-for-3-639

javascript-for-4-639

javascript-for-5-639

javascript-for-6-639

このように最初に初期値式が実行され、これ以降は

「条件式→繰り返し行う処理内容→増減式」

の順に実行されていき、条件式の結果がfalseとなると、for文が終了します。

重要なのは条件式で、for文の中に記載する繰り返し行う処理内容は条件式がtrueとなった場合に実行されるため、最初の判定でfalseとなった場合、1度も実行されません。

javascript-for-7-639

また、条件式がfalseとなるまでループが継続されるため、条件式によっては無限ループとなることがありますので、気をつけましょう。

javascript-for-8-639

補足.変数iについて

「i」という変数名は、プログラムでよく使われる変数名です。「index」の略称で、1から順番を数えるときによく使います。iにしなければいけないわけではありませんが、for文ではiが一般的に使われています。

また、iを使っている最中にさらに変数が必要となることがありますが、この場合は「j」がよく使われます。これはアルファベットのiの次の文字ということで使われますが、こちらもjでなければいけないわけではありません。

課題

1から100までの間で、3の倍数の数だけを足した合計値を表示してください。

NEXTLESSONwhile文を使った繰り返し処理while文を使った繰り返し処理

PREVLESSONIf文を使った条件分岐の方法If文を使った条件分岐の方法

CodeCampus編集部
この記事を書いた人
CodeCampus編集部
\ 無料体験開催中!/自分のペースで確実に習得!
オンライン・プログラミングレッスンNo.1のCodeCamp