HTMLの特殊文字ゼロから始めるHTML/CSS講座Vol04



HTMLの特殊文字ゼロから始めるHTML/CSS講座Vol04
目次
  1. ゼロから始めるHTML/CSS講座HTMLの特殊文字
  2. HTMLの特殊文字
  3. 代表的な特殊文字

ゼロから始めるHTML/CSS講座HTMLの特殊文字

HTMLの特殊文字

HTMLの中に半角の「<」や「>」を記入すると、HTMLタグの一部だと認識されます。

そのため、文字としてHTMLタグを表示させたい場合、特別な書き方をする必要があります。実際にHTMLタグをそのまま表示できるか試してみましょう。

ファイル名:entity.html

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
    <head>
        <meta charset="UTF-8">
        <title>HTML5</title>
    </head>
    <body>
        <p>HTMLは<body></body>の中に文章内容を記述</p>
    </body>
</html>

html-charcter1-639

「<body>」「</body>」はタグとして認識されてしまい、表示されません。

「<」と「>」を意味を持つ記号ではなく、文字として表示したい場合は以下のように記述します。


<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
    <head>
        <meta charset="UTF-8">
        <title>HTML5</title>
    </head>
    <body>
        <p>HTMLは&lt;body&gt;&lt;/body&gt;の中に文章内容を記述</p>
    </body>
</html>

html-charcter2-639

「&lt;」「&gt;」と書くことで、ブラウザ上では「<」「>」とそれぞれ表示されます。

このようにHTMLにおいて特別な役割を持っていたり、キーボードから直接入力できないような特殊文字を表すための書式が用意されています。

代表的な特殊文字

用意されている特殊文字の一部を以下に紹介します。

ブラウザでの表示 特殊文字の書き方 名称・解説
< &lt; 小なり
> &gt; 大なり
& &amp; アンパサンド
  &nbsp; 空白
© &copy; 著作権記号

特殊文字は数多く用意されています。必要に応じて調べて使いましょう。

NEXTLESSON☛HTMLでよく使われるタグ

PREVLESSON☛HTMLの基本構造

CodeCampus編集部
この記事を書いた人
CodeCampus編集部
\ 無料体験開催中!/自分のペースで確実に習得!
オンライン・プログラミングレッスンNo.1のCodeCamp