WordPress管理画面が10倍効率よく使えるプラグイン10選

WordPress管理画面が10倍効率よく使えるプラグイン10選

WordPressの管理画面もプラグイン活用によって大幅に使いやすくなります。また使いやすい管理画面に設定しておくと作業時間を短縮できますし、長期にわたってストレスフリーで楽しくブログを続けることもできます。投稿や固定ページの作成・編集・管理も今回ご紹介するプラグインで効率よく作成・管理できるようになります。

目次
  1. 管理画面を10倍使いやすくするプラグイン10選
  2. ページの編集・管理なら「Advanced Page Manager」
  3. ページをツリー式に表示する「CMS Tree Page View」
  4. 投稿の新ジャンルを制作できる「Admin Columns」
  5. 管理画面をスマートにする「WP Total Hacks」
  6. 管理メニューを編集する「WP Admin UI Customize」
  7. 投稿⇔固定ページなら「Post Type Switcher」
  8. 決まった書式投稿なら「Advanced Custom Fields」
  9. 予約投稿なら「WP Scheduled Posts」
  10. 管理画面で統計をみる「Google Analytics Dashboard for WP」
  11. ページのコピーなら「Duplicate Post」
  12. まとめ

管理画面を10倍使いやすくするプラグイン10選

ページの編集・管理なら「Advanced Page Manager」

advanced page managerAdvanced Page Manager

企業系やECサイト系では複数の固定ページを作成する場面もあると思います。ノーマルのWordPressでは一回一回固定ページの新規作成をしなければならず、手間と時間がかかります。このプラグインを利用すると、一気に10ページまで固定ページを作成できますし、サブページの作成・編集も簡単に行えるようになります。

ページをツリー式に表示する「CMS Tree Page View」

cms-tree-page-viewCMS Tree Page View

固定ページが20を超えてくると、ページ構成や管理にかかるストレスが大きくなります。そんな時に役立つプラグインが「CMS Tree Page View」になります。WordPress管理画面上に固定ページの構成をツリー式に表示し、ページの移動・編集・挿入などサイトの管理負担を大幅に引き下げてくれます。

投稿の新ジャンルを制作できる「Admin Columns」

admin-columnsAdmin Columns

標準のWordPressには、管理画面に「投稿」と「固定ページ」しか投稿できるジャンルは用意されていません。投稿の管理については、一般的に各投稿の中でカテゴリー分けやタグ付をして管理されていると思います。しかし、場合によっては2年3年たった後の記事整理が複雑になってきます。一定の決まった情報(不動産物件情報、商品情報など)を投稿・管理する場合は、このプラグインを活用して管理画面に「不動産物件」など自分ならではの投稿ジャンルを制作することをお勧めします。

管理画面をスマートにする「WP Total Hacks」

wp-total-hacksWP Total Hacks

WordPress管理画面トップの表示内容に満足されていない方も多いと思います。特に統計系プラグインを入れていると、「WordPressニュース」などの不要な情報は削除したいところでしょう。従来はfunction.phpなどでダッシュボードを操作していましたが、このプラグインを使うと簡単に表示内容を編集することができます。プラグインも日本語表記なので初めてでも扱いやすくあります。

管理メニューを編集する「WP Admin UI Customize」

wp-admin-uiWP Admin UI Customize

管理画面のサイドメニューやトップの管理メニューを編集できるプラグインになります。不要な表示を削除でき、すっきりとした操作画面に仕上げることができます。またwordpressは標準の状態であれば、サイトアドレスにfeedを加えると自動的にRSSが出力されます。
(例)https://blog.codecamp.jp/feed/
勝手にRSSを出力されたくない方は、このプラグインで簡単にRSSの非出力を操作することができます。

投稿⇔固定ページなら「Post Type Switcher」

post-type-switcherPost Type Switcher

ブログサイトを作っていると、時々投稿から固定ページに内容を移したいと思うときもあると思います。またその逆パターンもあると思います。通常であれば、投稿内容をコピーして、固定ページに貼りつけ、そして元の投稿を削除となりますが、このプラグインを使うとそのような煩わしい手間をかけなくても変更することができます。

決まった書式投稿なら「Advanced Custom Fields」

advanced-custom-fieldsAdvanced Custom Fields

お店情報や商品情報など決まった書式の投稿を簡単にしてくれるプラグインが「Advanced Custom Fields」になります。ページのコピペ・編集に比べると作業を早く進めることができます。商用以外にもコレクター向けブログには適していると言えそうです。

予約投稿なら「WP Scheduled Posts」

wp-scheduled-postsWP Scheduled Posts

今すぐ投稿するのではなく決まった日時に投稿したい、という場面も中にはあると思います。アップロードしたいタイミングに自分が操作できればよいのですが、それもストレスになると思います。そんな時は「WP Sheduled Posts」を使えば、WordPressが用意しておいた記事を自動的に投稿してくれます。

管理画面で統計をみる「Google Analytics Dashboard for WP」

google-analytics-dashboard-for-wpGoogle Analytics Dashboard for WP

多くのブログ・サイト運営ユーザーは、サイト統計の情報をGoogleアナリティクスのサイトにいって確認していると思います。別々に管理すると操作にストレスを感じている方も少なくないと思います。そんな時はこのプラグインを使って、WordPressの管理画面にGoogleアナリティクスを表示することができます。管理が簡単になって、サイト制作や改良にもハリが出てくると思います。

ページのコピーなら「Duplicate Post」

duplicate-postDuplicate Post

WindowsなどのOS上であれば簡単にできるファイル・コピーの操作も、WordPressでは要領が違ってきます。投稿ページをコピーしたくても、標準の状態であればページを新規作成して、内容を貼りつける必要があります。そんな手間を省いてくれるプラグインが「Duplicate Post」になります。プラグイン導入後、投稿一覧からページを簡単にコピーすることができるようになります。

まとめ

WordPressでのサイト制作は、プラグインを知れば知るほど楽しくなってきます。今回ご紹介した管理画面系のプラグインは、デザイン系に比べると地味な存在ですが管理者のストレスを大きく低減してくれます。自分の作るサイトをイメージできた時に今回ご紹介した管理用プラグインを付け加えると、より楽しいWordPressライフを送ることができるようになります。テンプレートによってはプラグインと機能が重複している場合もありますので、双方の機能をよく理解して使うことをお勧めします。とりあえずプラグインのインストールは無料なので、どんどん試してみてくださいね。

オシママサラ
ライター
オシママサラ

関連記事