【初心者向け】今すぐ使えるようになる!WordPressの始め方とは?



【初心者向け】今すぐ使えるようになる!WordPressの始め方とは?

カスタマイズが自由で、個人ブログから企業サイトまで幅広く使うことができるWordPress。今では多くのブロガーがWordPressを使ってブログを運営しています。

しかし初心者の方がいざWordPressを始めようとしても、「サーバー」「ドメイン」といった馴染みのない単語が多く、使用を諦めてしまうこともしばしば。使いこなすと便利なWordPressですが、最初のハードルが高いのも事実です。

そこで今回は、初心者向けにWordPressの始め方を解説しました。

image

目次
  1. WordPressを始める際に用意するもの
  2. レンタルサーバー
  3. ドメイン
  4. WordPressをインストール
  5. WordPressのインストール後に設定しておきたい最低限の事
  6. 一般設定
  7. パーマリンク設定
  8. まとめ

WordPressを始める際に用意するもの

image ここからは実際にWordPressをはじめるために、具体的にどうしたらよいのかを説明していきます。

WordPressでサイトを作るためには、最低でもこれらの2つをする必要があるのです。

  • サーバー
  • WordPressのインストール

レンタルサーバー

サーバーとは、「インターネット上にあるマンション」のようなものです。サーバーを借りることは「大きなマンションの1部屋を借りる」とイメージしてもらうとわかりやすいかもしれません。

WordPressを使うときに借りるレンタルサーバーには数多くのサイトが入っています。そして、数あるサイトのうち1サイトとして、自分のサイトをWordPressを使用して置く形になります。

アメブロやはてなブログ、Wixなどの無料でサイトを作れるサービスでは、サーバーがすでに用意されています。

しかし、WordPressを使ってサイト制作を行うことは「1からサイトを作ること」であるため、無料のサービスではする必要がないこともやらなければなりません。

ここからは、オススメのレンタルサーバーを3つご紹介します。

エックスサーバー

image

画像出典:【エックスサーバー

高速で多機能、安定性も高いサーバーがこちらの「エックスサーバー」です。

管理画面がわかりやすく、かつ24時間365日のサポートを受けることができます。電話でのサポートもあり、もしものときでも安心です。

WordPressのインストールやセキュリティ設定も簡単にできてしまうので、初心者にはピッタリのサーバーと言えます。

利用料は月額1,000円からと、比較的高めな印象がありますが、今後サイトを本格的に運営していきたいのであれば損ではないでしょう。

wpX

image

画像出典:【wpX

「エックスサーバーは高すぎる」「まずは1つのサイトをしっかり育てていきたい」と考えているかたにおすすめなのが、こちらの「WpXクラウド」です。

wpXクラウドは、先述のエックスサーバーが提供しているサービスなのですが、初期費用ゼロの月額500円で使用できます。

また、wpXという名前にもあるように、このサーバーはWordPressサイトに特化しているのです。そのため、通常のサーバーよりも高速・安全にWordPressサイトを運営できるようになっています。

ロリポップ!

image

画像出典:【ロリポップ!

格安のサーバーで、かつパフォーマンスも求めるのであれば、「ロリポップ!」を使うのがよいでしょう。

複数サイトを運営するとしても、最安のスタンダードプランなら月額500円で利用することが可能です。

「まずは安くサイトを運用して、そこそこアクセスがあれば大丈夫」と考えているかたにオススメですね。

ドメイン

サーバーの準備ができたところで、次は独自ドメインを取得します。

ドメインとは、つまるところURLのことです。Tech2GOでいうところの https://blog.codecamp.jp/ が独自ドメインです。

先ほどサーバーを「インターネット上にあるマンション」と表現しましたが、ドメインは「インターネット上の住所」と例えることができます。

ドメインを取らなくてもサイト自体は作れるのですが、SEOの観点でのメリットを考えると、ほぼ必須と言っても過言ではありません。

自分のオリジナルでドメインを作成するとそのサイトに愛着もわきますし、何よりアクセスアップに役立ちます。

ここからは、オススメのドメインサービスを3つご紹介します。

お名前.com

image

画像出典:【お名前.com

管理画面がシンプルでわかりやすく、サポートもシンプルにまとまっているのでおすすめなのが、お名前.comです。

メールやチャットでのサポートはもちろん、電話からの問い合わせにも対応しているので、初心者でもサポートを受けやすい体制であるといえますね。

キャンペーンでドメイン価格が安くなっているときがあるので、よくチェックしておトクな情報を逃さないようにしたいものです。

ムームードメイン

image

画像出典:【ムームードメイン

サーバーのところで紹介した「ロリポップ!」を使用するかたであれば、ドメインサービスは「ムームードメイン」が最もおすすめ。

というのも、ロリポップ!とムームードメインの運営会社が一緒なので、連携が簡単にできてしまうのです。

マニュアルがわかりやすく、初心者にも優しいので、ロリポップ!を利用していないかたにもムームードメインはおすすめできますよ。

WordPressをインストール

インストール手順について記述お願いします。

まずはWordPressをサーバにインストールしていきます。

詳しい手順については、過去の記事でまとめているので、そちらを参考にするとよいでしょう。

>>これから始める人向け!wordpressのインストール方法とは?

WordPressのインストール後に設定しておきたい最低限の事

WordPressのインストールが完了し、これから運営していきたいサイトに応じたテーマを選択したら、次は基本的な設定をしていきましょう。

一般設定

まずはサイトの管理に関する設定を行います。

ダッシュボードの「設定」から、「一般」をクリック。

image

すると以下のような画面になるので、設定をしていきます。

image

「サイトのタイトル」と「キャッチフレーズ」に関しては、必ず設定しましょう。

そして、「WordPressアドレス(URL)」や「サイトアドレス(URL)」は、独自ドメインをとったときなどに変更する必要が出てきます。

「メールアドレス」は、自分が使っているものと一致しているかだけ確認しておきましょう。

「メンバーシップ」や「タイムゾーン」は必要があれば触るくらいでよいですね。基本的にデフォルトで問題ありません。 一班設定とパーマリンク設定の箇所を最初に設定しておくと良いことを記述してください

パーマリンク設定

一般設定が整ったら、次はパーマリンクの構造を決めましょう。

パーマリンクとは、各投稿に与えられるURLのことです。理想は「URLを見ただけでどんなページなのかがわかるようなパーマリンク」ですね。

なので、投稿名をパーマリンクとして利用するのがよい…と言いたいところなのですが、リンクのなかにある日本語は以下のようにエンコードされてしまうのです。

%E9%A3%9F%E5%93%81%E8%AA%BF%E7%90%86%E3%81%AE%E4%B8%8D%E6%B0%97%E5%91%B3%E3%81%AE%E8%B0%B7%E3%82%92%E3%82%81%E3%81%90%E3%82%8B%E5%86%92%E9%99%BA%E3%80%82%E3%81%82%E3%82%8B%E3%81%84%E3%81%AF%E6%98%86

そのため、投稿名をパーマリンクとして利用するさいには、投稿編集ページでパーマリンクを英数字に編集する必要があります。

まずは、ダッシュボードの「設定」から「パーマリンク設定」へとアクセス。

image

そして、一番下のカスタム投稿設定で、ボックスの中に「/%postname%/」と記述します。

image

パーマリンク設定を終えたところで、実際に投稿のパーマリンクを変更してみましょう。

まず「新規投稿を追加」する際に、いったん下書きとして保存。

image

そして、そのまま「投稿の編集」ページで、「パーマリンク」の編集を手打ちで行いましょう。

image

パーマリンクの右にある編集をクリックすると、編集カーソルが現れます。

image

これで、基本的なWordPressサイトは完成しました。お疲れ様です!

まとめ

image WordPressを使う際に、どうやってはじめたらよいのかをご紹介しました。

「ひとまず形としてサイトをつくる」ということを目標に、この記事を参考として使用していただければ幸いです。

ここからは、カスタマイズなどの細かいノウハウを覚えていくとよいですね。

WordPressで納得のいく自分のオリジナルサイトを作っていきましょう!

image

関連記事

黒田剛司
この記事を書いた人
黒田剛司
\無料体験開催中!/自分のペースで確実に習得!
オンライン・プログラミングレッスンNo.1のCodeCamp