あなたも知らないうちに?プログラミング初心者が陥りやすいタブーとは?

あなたも知らないうちに?プログラミング初心者が陥りやすいタブーとは?

プログラミングへの注目が集まっている今、プログラミングをはじめたい!と学習をはじめるかたが増えています。しかし、意気揚々とプログラミングをはじめたかたの中には、学習法を間違ってしまったばかりに、その学習をあきらめてしまう人も。

いまはがんばってプログラミングを続けているというかたでも、「本当にこの学習法のままでよいのだろうか…」と悩むこともあるのではないでしょうか。

そこで今回は、プログラミングをはじめたばかりの初心者が陥りやすいタブーについてまとめました。

目次
  1. 目的を明確にしない
  2. コードを書かない
  3. 最初から難易度の高い言語に手を出す
  4. プログラミングを形にしない
  5. 流行の言語や技術に飛びつく
  6. まとめ

目的を明確にしない

image

突然ですが、あなたはプログラミングを学んでどうしたいのでしょうか?この質問に即答できないようでは、いずれプログラミング学習をあきらめてしまう可能性が高いといえます。ウェブサイトを作りたい!でも、iOSアプリを作りたい!でも大丈夫です。

まず自分がプログラミングを学ぶ目的をはっきりとさせましょう。

注意したいのが、プログラミングを学ぶことが目的になってしまうパターンです。あくまでプログラミングは手段です。手段が目的にならないように、気をつけましょう。

コードを書かない

image

プログラミングができる人というのは、一にも二にもコードを書いています。

すなわち、コードを書かないことには、プログラミングの上達は難しいと言えるのです。書籍や動画サイトなど、プログラミングを基礎から学ぶことができる環境は整っていますが、それらを眺めているだけではプログラミングの上達はありません。

プログラミングはとにもかくにもコードを書いて、身体で覚えるくらいの気持ちが大切です。こうして考えると、ある種プログラミングはスポーツに近いのかもしれません。

最初はわからなくても、とにかくコードを書いてみましょう。打席に立たないことにはボールを打てるようにはならないのと同じです。

最初から難易度の高い言語に手を出す

image

プログラミングといえばC言語!と考えている方もいらっしゃるかもしれませんが、C言語は難易度が高くそれゆえに挫折率も高い言語の一つです。他には、Javaも聞き覚えがある確率が高く、かつ難易度が高い言語といえます。

仕事や研究で使うといったような明確な目的があるならば話は別ですが、プログラミングを始めたいというだけでC言語やJavaにいきなり手を出すのはオススメしません。

これからプログラミングをはじめてみたいけど、どの言語からはじめようかな…と難易度で悩んでいるかたであれば、PHPやRuby、Javascript(Javaとは別物です)などからはじめてみましょう。

実際に言語を触りながら、プログラミングとはどういうものなのかという概念を学ぶことができますよ。

プログラミングを形にしない

image

プログラミングは、なにか形になるものができてはじめて、本当の意味での技術が身についていきます。

つまり、最適なプログラミング学習の方法は、なにかを作りながらその成果物を完成させるために必要な技術を身に着けていくことなのです。ただ単に書籍やサイトに書かれているコードをエディタに打ち込んでいるだけでは、その学習効果は微々たるものにしかならないといえます。

最初のうちは、概要や簡単な例を知るという意味でその方法も有効であるといえるでしょう。

しかし、それはプログラミング学習のほんの一歩に過ぎず、書籍やサイトに書いてあるコードを写すだけでは応用が効いたプログラミングができるようにはなりません。しっかりとプログラミングを形にしていくことで、同時にその技術も身についていくのです。

流行の言語や技術に飛びつく

image

プログラミングのことを調べていると、言語別年収ランキングのような記事にたどり着くことがあるかもしれません。

すると、「この言語を勉強すれば年収が高くなるぞ!」ということをモチベーションにプログラミングの学習をはじめてしまうかもしれませんが、それはやめましょう。年収のための学習は、モチベーションが続きにくいです。

そのうち、何のためにプログラミング学習をしているのかがわからなくなってくるでしょう。まずは初心者に向いている言語を、ノーマルな学習方法ではじめましょう。

まとめ

image

  • 目的を明確にしない
  • コードを書かない
  • 最初から難易度の高い言語に手を出す
  • プログラミングを形にしない
  • 流行の言語や技術に飛びつく

以上のことを、プログラミング初心者にはおすすめできないタブーとしてご紹介しました。プログラミングだけの話ではありませんが、大切なのは難しいことをするのではなく、基礎基本をじっくりと継続して行うことです。

独学で、かつ未経験 からはじめていくのであれば、上記のことはなおさら避けるべきでしょう。この記事があなたのプログラミング学習のためになれば幸いです。

黒田剛司
ライター
黒田剛司

関連記事