プログラミング初心者がまず最初にやるべき5つの大原則!



プログラミング初心者がまず最初にやるべき5つの大原則!

プログラミングをこれからはじめたいと考えている初心者のかたにとっては、まずは何からはじめたらよいのかがそもそもわからなかったりします。筆者もプログラミングを学びはじめのころは、効率的な学習方法をインターネットで検索したものです。

どうせやるのであれば、効率よく、挫折することなくプログラミングを学んでいきたいですよね、そこで今回は、プログラミングを始める人が初めにやるべきことをまとめました。

これからプログラミングをはじめていきたいかたも、プログラミングの学習をはじめたばかりというかたも、参考にしていただけたら幸いです。

目次
  1. 目的を明確にする
  2. 学ぶ言語を決める
  3. コミュニティへ参加する
  4. 効率よく勉強できる方法を知る
  5. 無料サービスを利用する
  6. まとめ

目的を明確にする

image

まず大前提として、「プログラミングを学んで何がしたいのか」という目的を明確にしましょう。目的をはっきりさせることで、プログラミングを学習するモチベーションを上げたり、学習意欲が下がったときに持ち直すことができるようになります。

ただなんとなく流行っているから、という理由でプログラミングをはじめたかたもいらっしゃるかもしれませんが、そのままだと挫折して学習自体をやめてしまう確率が高いでしょう。

なんとなくという理由を入り口としてプログラミングをはじめてもよいですが、これからもしっかりと学習を継続したいのであれば、プログラミングを学習する目的を見つけることをおすすめします。

学ぶ言語を決める

image

目的が明確になったのであれば、次は実際に学んでいくプログラミング言語を決めていきましょう。とはいえ、世界にあるプログラミング言語は200種類以上あると言われています。

そんなたくさんの言語の中から、あなたの目的に合わせて選びましょうと言われてもなかなか難しいですよね。おすすめなのは、プログラミングを学ぶ目的から作りたいものを考えてみることです。

「Webサイトを作りたい」「スマホアプリを作りたい」といった目的があれば、学ぶ言語は自ずと決まってきます。作りたいものと言われても…というかたは、Webプログラミングからはじめることがおすすめです。

RubyやPHP、Pythonといった、Webプログラミングの言語で、用途が広く、かつ習得しやすいものを選びましょう。

コミュニティへ参加する

image

どうがんばっても解決することができないエラーや、いくら考えてもわからない問題にぶつかることが、プログラミングを学習していると多々あります。それらの対処法を考えながらもがくことも大切ですが、気持ちが切れてしまうと挫折の原因にもなってしまいます。

そこで大切なことの一つが、プログラミング学習のコミュニティに参加することです。自分からコミュニティをつくってもよいでしょう。エラーや疑問点の解決はもちろん、プログラミング学習時の悩みなども共有することができて、結果としてモチベーションの維持につながります。

一緒にプログラミングを学んでいく同士を意識的につくることで、一人で学ぶよりも効率よく、かつ楽しくスキルを身に着けていくことができるでしょう。

効率よく勉強できる方法を知る

image

プログラミングを学習するうえで、全てを暗記する必要があると考えている初心者のかたは少なくありません。プロのプログラマは、自分が扱うことのできる言語の文法も細かいルールも頭の中に全て入っているものだ、と考えているかたは、今すぐにでもその考えを捨てるべきでしょう。

プログラミングは暗記…ではなく、理解です。理解することこそが、プログラミング上達において大きな比重をしめるポイントになります。コードについても、全てを手書きで入力するものではありません。たとえ何千行というコードを書く必要があったとしても、効率よくスピーディにコードを打ち込める方法がちゃんとあります。

確かに、愚直にコードを書いて学習しようとする姿勢は大切です。しかし、それと同じく「どのようにしたらより効率よくなるか?」ということを考えることも重要なのです。

無料サービスを利用する

プログラミングを学習するときに、いきなり書籍を購入するのもいいですが、無料サービスの利用を考えてはいかがでしょうか。プログラミング自体が流行しているということもあってか、無料でも優良なサービスがたくさん出てきているのです。

ドットインストールというサービスは、動画でプログラミングを学習できるサービスで、初心者からプロまで幅広い実力のかたが使用しています。動画で実際にコードが書かれるところを見ながら学習をすすめることができるので、用語がわからなくてもビジュアルで理解していくことが可能です。

一部の機能は課金する必要がありますが、無料のままでも十分便利なサービスですよ。

ドットインストールを利用する

また、ドットインストールと並行して、Progateというサービスで学習するのもおすすめです。Prpgateではスライドを見ながら、実際にコードを書いてプログラミングを学習することができます。

学習を進めていくと自分のレベルが上がるようになっているので、楽しみながらプログラミングを学ぶことができるでしょう。初心者がつまづくポイントでもある、環境構築やコンソールといった部分はすでに用意されているので、プログラミングの楽しい部分だけを感じることができます。

こちらも一部の機能を利用するためには課金をする必要がありますが、無料でもしっかりと学習することができますよ。

Progateを利用する

まとめ

image

プログラミング初心者がまず取りくむべきことについて説明しました。いかがでしたか。プログラミングをはじめたい!と思った当初は、熱量もあって意欲的にプログラミングを学習することができるかもしれません。

ただ、自分の熱量に頼らずともプログラミングを学習できる仕組みづくり、もっと言えば熱量がなくなってきたとしても、継続してプログラミングを学習できる仕組みづくりをすることが大切です。

継続は力なりです。しっかりとポイントをおさえたうえで、楽しくプログラミングを学習していきましょう。この記事が、これからプログラミングをはじめたいと考えているかたの参考になれば幸いです。

関連記事

黒田剛司
この記事を書いた人
黒田剛司
\ 無料体験開催中!/自分のペースで確実に習得!
オンライン・プログラミングレッスンNo.1のCodeCamp