プログラミング未経験親子にオススメ、Scratchとは?

プログラミング未経験親子にオススメ、Scratchとは?

いよいよ迫ってきた、2020年度の“小学校でプログラミング教育必修化”。プログラミング教育といっても、そもそもどういうことをするものなのか、大人でも見当がつかないのではないでしょうか?

しかしプログラミングには、子どもが直感的に、楽しくわかりやすく学べるように開発された言語がいくつかあります。「Scratch(スクラッチ)」は、子ども向けプログラミング言語のひとつ。子どもがプログラミングで作品を作り上げることはもちろん、親子でプログラミングに触れるのにもオススメですよ。

Scratchについての概要と、使い方を簡単にご紹介します。

目次
  1. Scratchとは
  2. Scratchの概要
  3. Scratchの特徴
  4. アカウント認証して使う
  5. アカウント登録
  6. アカウント認証
  7. Scratchを実際に使ってみる
  8. 画面と名称
  9. スプライト(キャラクター)を動かす
  10. 音を出す
  11. 背景を入れる
  12. 実行する
  13. チュートリアルに従って作る
  14. 他の人が作った作品で遊ぶ
  15. まとめ

Scratchとは

Scratchの概要

image

画像出典:公式サイト

公式サイト

Scratch(スクラッチ)とは、マサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボのライフロングキンダーガーテングループが開発した、ビジュアルプログラミング言語です。

ビジュアルプログラミングとは、キーボードでコードを打ち込むスタイルではなく、マウスやタッチパッドで、「命令」となる物(オブジェクト)を動かしてプログラムを組み上げていくこと。ドラッグ&ドロップなどといった、視覚的にもわかりやすい操作でのプログラミングであるために、子どものプログラミング教育の現場でも使われてます。

Scratchの特徴

直感的にわかりやすいビジュアルプログラミング

これがScratchのプログラム画面です。

image

画像の中央にある、パズルのピースのような形の「スクリプト(動きや見た目、音など)」のブロックを、動かし組み合わせるのが、Scratchの基本。命令やキャラクター、サウンドなどを組み合わせ、ゲームやアニメーションを自分で作ることができます。

Webブラウザー版、オフライン版がある

ScratchにはWebブラウザー版、ダウンロードしても使用できるScratch 2 オフラインエディタがあります。操作方法はほとんど同じです。

Webブラウザー版はダウンロードの手間がなく、すぐに利用できます(※サインインを行わないと利用できない機能もあります)。簡単に始められる反面、常にインターネットに接続する必要があるため、子どもが他のサイトで遊んだり、意図せず悪意のあるサイトへアクセスしたりといった危険性があることも否定できません。ダウンロード版を使うことで、これらのリスクを避けることができます。

世界とつながる

作った作品はインターネットに公開し、世界各国の様々な人に見てもらうことができます。世界の仲間と協力して一つの作品を作り上げていく取り組みをしている子どもたちもいます。

無料

Scratchは現在もこれからもずっと無料です。

と公式サイトで明言されています! チュートリアルや素材も無料なので、子どもでも安心してチャレンジできますね。

アカウント認証して使う

アカウントが「認証済み」になると、プロジェクトの共有、コメントの投稿、スタジオの作成が可能になります。認証されていないアカウントであってもプロジェクトの作成や保存など一部の機能は利用することができますが、プロジェクトの共有はできません。

ここではアカウント認証をして使い始めるまでの手順をご紹介します。

アカウント登録

image

公式サイトのトップページにある「Scratchに参加しよう」をクリック。

image 画面が表示されるので、アカウント、パスワード、生年と月、性別、電子メールアドレスを入力します。指示に従って進めてください。

アカウント認証

情報の入力が完了した後、登録した電子メールアドレスに、メールアドレスの認証を求めるメールが届きます。

image

指示に従って認証ボタンを押すと、アカウント認証は完了します。

Scratchを実際に使ってみる

認証されたアカウントでサインインをし、トップページの「作る」から、プログラム画面に入ります。

image

画面と名称

image

スクラッチのプログラム画面は、「ステージ」「スプライトリスト」「ブロックパレット」「スクリプトエリア」に分かれています。

  • スプライトリスト:スプライトとは、キャラクターのこと。プログラムに登場するスプライトがここで管理されます。
  • ブロックパレット:いろいろなブロック(命令)が用意されています
  • スクリプトエリア:ブロックパレットに用意されているブロックを設置するエリアです
  • ステージ:スプライトが、スクリプトエリアに置かれたブロックの命令通りに動きます

スプライト(キャラクター)を動かす

初めてのプロジェクトでは、この「Scratchキャット」というスプライト(キャラクター)がステージに設置されています。このスプライトを動かしてみます。※スプライトはScratchキャットが選択されている状態です。

image

ブロックパレットから「10歩動かす」というブロックをスクリプトエリアへドラッグ&ドロップ。このブロックをクリックすると、ステージでスプライトが右へ10歩動きます。"10"の数値は、キーボード入力で変更することができます。

音を出す

image

ブロックパレットから「1のドラムを0.25拍鳴らす」というブロックを「10歩動かす」のブロックの下へ。ピッタリとはまります。このブロックをクリックすると、ステージでスプライトが右へ10歩動き、ドラムが0.25拍鳴るという連続した動きになります。

背景を入れる

image

背景は、スプライトリスト横のアイコン(赤枠で囲んだ場所)を選択すると、

image

Scratchで用意されている背景ライブラリーが表示されます。好きな背景を選びましょう。

実行する

image

命令に「(緑の旗)がクリックされたとき」というブロックを加えると、プログラム開始時からプログラムが実行されるようになります。この画面では、緑の旗のアイコンをクリックすると実行されます。

チュートリアルに従って作る

手順に従って作品を作る「チュートリアル」もいくつかあります。

image プログラム画面の「ヒント」(赤枠で囲んだ場所)を選択すると、「バースデイカードを作ろう」などのチュートリアルが表示されます。慣れないうちは、手順に従って作っていくと良いでしょう。

他の人が作った作品で遊ぶ

他の人が作った作品で遊ぶこともできます。 トップページから、「見る」を選択すると、下記のページが表示されます。

image ここから好きな作品を選択できます。

また見て遊ぶだけでなく、改造して、自分の新しい作品を作ることもできます。この改造のことを「リミックス」といいます。他の人のプログラムを見たり、流用して改造すること、あるいは改善のための議論を行ったりすることも、プログラミングの大事な要素ですよ。

まとめ

外国生まれのプログラミング言語ですが日本語に対応しており、わかりやすいチュートリアルも充実しているので、子どもが挑戦しやすいのではないでしょうか?子どもだけでは不安という方は、ぜひ親子で、どんな言語かチェックしてみてくださいね。

小学校・中学校のためのプログラミングスクールCodeCampKIDSでは、Scratchプログラミングコースを用意しています。無料体験事業もありますので、ご興味があればぜひご参加ください!

murase miho
ライター
murase miho

関連記事