プログラミングで挫折しそうになった際に試してみたい5個の対処法とは?

プログラミングで挫折しそうになった際に試してみたい5個の対処法とは?

便利で見やすいウェブサービスや本が続々と登場し、独学がしやすくなったようにも見えるプログラミング。実際、独学でプログラミングをはじめるかたも少なくないでしょう。

しかし、独学には挫折がつきものです。ちょっとしたところでつまづいたり、いくらやっても作れないなど、その理由は様々あります。そこで今回は、プログラミング学習で挫折しそうになったとき試したい対処法についてまとめました。

目次
  1. プログラミングで挫折しそうになった時に試したい5個の対処法
  2. 小さな目標を設定する
  3. エンジニアの質問サイトを利用する
  4. プログラミングのメンター・仲間を見つける
  5. 勉強法を変えて勉強を再スタートする
  6. プログラミングスクールを利用してみる
  7. まとめ

プログラミングで挫折しそうになった時に試したい5個の対処法

さっそく、挫折への対処法をまとめていきます。気になるものがあれば今すぐにでも試してみましょう。

小さな目標を設定する

image

まずは自分が1日以内で達成できるような、小さな目標を設定しましょう。そして、目標を達成できたという感覚をひとまず得ます。「スマホアプリを作りたい!」「Webサービスを作りたい!」といった大きな目標を立てることはもちろん大切です。しかし、大きな目標だけでは挫折しやすいのも事実。

大きな目標を確実に達成するためにも、そこから逆算した小さな目標を作ることは重要です。この小さな目標は「簡単に達成できる」ことが大切で、難しい目標ではいけません。とにかく、自分が立てた目標をちゃんと達成することができたという感覚を身につけること。これがプログラミングの挫折から抜け出す第一歩になるでしょう。

エンジニアの質問サイトを利用する

image

どうしてもわからないところがあって、いくらがんばっても解決しないから挫折しそうになっているかたはいませんか?そんなときはエンジニア専用の質問サイトを利用してみましょう。teratailQA@ITのようなサイトは、知識のあるエンジニアから素早くかつ正確な回答を得られます。しかも、その利用は無料ですので、使わない手はありませんよね。

わからないことがあって、プログラミングを挫折しそうになっているかたは要チェックのサイトですよ。

プログラミングのメンター・仲間を見つける

image

普段からプログラミングについて相談することができるメンターや仲間を見つけておくことも、プログラミング学習の挫折を防ぐためには非常に大切です。

完全に独学だと学習の効率が悪い部分もあり、サクサクと効率よくプログラミングを学びたければメンターや仲間を作りましょう。わからないところは質問することができるのもメリットですし、プログラミング学習に対する強制力が働くのもよいポイントです。

自分の作ったものを見せて率直な感想や技術的なフィードバックがもらえるのも嬉しいですね。自分のプログラミングに対して、第三者の視点から意見をもらうことができる環境を作りましょう。

勉強法を変えて勉強を再スタートする

image

どんな勉強法にも人によって合うものと、合わないものがあります。他人にとっては非常に有効的な学習の方法だったのに、いざ自分がやってみるとしっくりこないことは往々にしてあります。そして、当然プログラミングの学習法でも人によっては全く合わないものもあるでしょう。

先述の方法を試してみて、それでもやっぱり解決しないというときは、ガラッと学習方法を変えてみてください。たとえば、今まで勉強していた本ではなく別の本で、もしくはウェブ上のサービスでプログラミングを学習するなどです。

教材によって学習のポイントが違っているので、同じプログラミングを学んでいてもその内容は変わります。心機一転、新たな勉強法を試してみると、意外にスイスイと学習が進むかもしれません。

プログラミングスクールを利用してみる

image

わからないところがあったり、挫折しそうになっていても、経験豊富な講師がサポートしてくれるプログラミングスクールを利用するのも一つの選択肢だと言えます。

個人のペースで進めることができ、かつ確実にプログラミングの知識が身につく個別指導方式のスクールがおすすめです。本気でプログラミングを身につけたいのであれば、投資をすることも考える必要があります。

独学で何十時間も無駄にするよりも、お金を払ってプログラミングをしっかり学習できるほうが効率がよいですよね。

独学かプログラミングスクールか、というのはあくまで手段の話にすぎません。大きな目的を確実に達成できる方法を選ぶのが、本来やるべことではないでしょうか。

まとめ

image

プログラミング学習の挫折について、その対処法をまとめました。これらをかたっぱしから試していくのも一つの手段ですが、できれば自分が挫折している根本的な原因を考えたいものです。目標設定がうまくいってないのか、技術的に問題を抱えているのかでも対処法が全く変わってきます。なので、まずは自分が抱えている問題を洗い出すところからはじめてみてはいかがでしょうか。

プログラミングはちょっとやればすぐに身につくものでもありません。ことあるごとに現状分析をして、よりよい学習方法を模索していく必要があります。

独学で挫折した後にプログラミング学習サービスの利用を考えている人はCodeCampの無料体験を受けてみるのも1つの手ではないでしょうか?

黒田剛司
ライター
黒田剛司

関連記事