もしやあなたも?プログラミングを挫折してしまう4つの理由

      2016/12/27

IMARIC20160805310323_TP_V
Code部

何事も経験!とプログラミング学習を始めてみたものの、自分にはハードルが高いと感じ挫折してしまった経験はお持ちでないでしょうか?

もちろん独学が素晴らしいことには違いないのですが、何度も大きな壁にぶつかってしまうと、「自分にこの問題が解決できるのか」から、果ては「そもそも自分には向いていないんじゃないか」というところまで悩んでしまいますね…。

 

プログラミングを学習していくと、こんな壁にぶつかります。

 

プログラミングを挫折してしまう原因

20150517_pencil_1269_w800

入門書が難しすぎる

プログラミングとはどんなものか一度見てみようと思い、なんでもいいから入門書を手に取ってみると、見たことのない専門用語がズラリ。

1ページ読むのにすら時間がかかるとなると、読み進める気力が萎えることでしょう。とはいえ何を読めばいいのか…。

 

学習に適切なプログラミング環境がわからない

大きな時間をかけて、最初の難関を突破。次は実際に試してみようと思っても、どうやったらプログラムを作成できるのかサッパリ。

 

プログラミング言語によってはエディタとブラウザだけで準備完了となるものもなくはないですが、大方の場合、環境設定やときにはサーバーの用意が必要になります。何事も新しいことを始めるのには苦労は付きものではあるものの、プログラミングの場合はその苦労が多いかもしれません。

 

不具合が直らない

あれこれ頑張ってようやくプログラミング開始。1本作ってみたけれど、エラーばかりで全く動かない…。

 

ベテランでも悩むのが不具合。不具合の修正こそが、技術力が伸びる大切な機会であることは間違いありません! とはいえ何時間もこのままでは、プログラムを放り出したくなる気持ちが生まれて当たり前です。

 

質問できる人がいない

独学で困るのが、何かあっても一人で解決しなければいけないこと。自分で解決方法を探すので相当な時間がかかります。そして問題は多数起こります。

 

もちろんインターネットの質問サイトなどでも技術力が高く親切な方はたくさんいらっしゃいますが、こういった方々は本業の傍ら貴重な時間を割いてくださっています。初心者のために、懇切丁寧に、しかも無料で指導を受けたいとなると…ちょっと自分勝手かも…? 相手に申し訳ない気持ちになりますね。

 

最終的にモチベーションが低下

このようにうまくいかないことがあまりに続き手詰まり状態になると、最終的にはモチベーション低下で学習を諦めることに…。

 

独学は尊ばれるべきものですが、それなりにリスクもあります。せっかく貴重な時間(とお金)を割いたのに、目に見える成果が出ないのはもったいない気がしますね。

 

途中で挫折しないためには

interview1-1

一人で学習すると挫折しやすい。その理由はシンプルで、「仲間がいないから」という点が最も大きいのではないでしょうか。

 

質問。相談。アドバイス。自分が作ったプログラムを評価してもらう。習熟度を客観的に見てもらう。いずれも相手がいないとできないことですね。技術力に秀でていて、同じ境遇を味わった仲間がいると、悩みを相談しやすく、モチベーションアップにも繋がりますね。いい意味で見守ってもらっている(見張ってもらっている?)ので、程よい緊張感もあります。

 

また学習にあたり、講師やアドバイスをくれる人が欲しくても仕事の関係で深夜にしか時間が取れないなど、独学せざるを得ない事情を抱えている人もいらっしゃることでしょう。自分の時間に合わせて授業を受けられると学習を続けやすいですね。

 

CodeCampには、豊富な実戦経験を持つ現役エンジニアの講師陣がいます。確かな技術を持つ講師とのマンツーマン授業は、生徒の習得度に合わせて学習が進められるので効率的。毎日7:00 ~ 23:40でレッスンを開講しているので、忙しくて昼間にまとまった時間が取れなくても、いつ、どこにいてもレッスンを受講することが可能です。CodeCampの無料体験レッスンもあります。

 

ともあれ、「プログラミングは楽しい!」と感じながら学習できれば、それが一番。挫折を乗り越えてワンランク上の技術力が得られるよう、応援しています!

 

また、プログラミング学習中に糧となる名言10選をまとめましたので学習中に行き詰まった方は御覧ください!

 - プログラミング ,