【プログラミング初心者必見】HTMLを学習できるサービス10選

【プログラミング初心者必見】HTMLを学習できるサービス10選

ウェブサイトを作ってみたい。プログラミングを勉強してみたい。プログラミングの世界に初めて足を踏み入れる人にとって、まず一番最初に学んでおきたいのが、HTMLです。HTMLとは、Hyper Text Mark Languageの略です。HTMLは、プログラミングの基礎となる言語です。

他のプログラミング言語に比べて、とっつきやすいことから、まず始めに学ぶと良い言語とも言われています。今回は、HTMLを勉強するのに役立つ学習サービスを紹介していきます。

目次
  1. HTMLを学習できるサービス10選
  2. Code Camp
  3. TECH::CAMP
  4. progate
  5. schoo
  6. ドットインストール
  7. KEN スクール
  8. Web塾超現場主義
  9. TECH ACADEMY
  10. Codecademy
  11. W3Schools

HTMLを学習できるサービス10選

Code Camp

image

Code Camp

WEB製作の基礎知識を学びたい人にとって打ってつけなのが、Code CampのHTML/CSS3コース。最終的に実際のWEBサイトの製作ができるようになることを目的にし、WEBサイトの仕組みや製作の基礎を学ぶことができます。

CodeCampの授業は、7時〜24時まで受ける事が可能です。自分のスケジュールに合わせて学習スケジュールを組むことができ、学業や本業で忙しい人でも空いた時間で勉強を進めることができます。

12月末まで無料体験の受講者限定で、有料コースが1万円オフになるキャンペーンも実施中です!

CodeCamp無料体験の詳細はこちら

TECH::CAMP

Webアプリケーション開発に必要なスキルを全て学べます。

「人生を変える1ヶ月」という、目を引くテーマを掲げたプログラミング学習サービスTECH::CAMP。 短期集中コースと夜間コースがあり、短期集中コースの場合2ヶ月間で全てのプログラムを受講することになります。短期集中で、エンジニアになりたい人に最適のスクールです。

TECH CAMPが提供しているコースを受講すれば、エンジニアになるための基礎をまんべんなく勉強できるので、HTMLもしっかり勉強することができます。

progate

東大生が休学して起業したプログラミングスクールとして有名なprogate。progateの特徴は、簡単なWEBサイトを作りながら、徐々にHTMLの基礎を学んでいくことができるという点です。HTMLコースは、初級、中級、上級にわかれており、上級を終えると、通常のWEBサイトを作成することができるようになります。

基本のコースは無料で利用できますが、更に学習を進めたい場合は有料コースが用意されています。まず試しに使ってみて、自分の学習スタイルに合うようだったら有料会員を考えてみると良いかもしれません。

schoo

schoo

オンラインスクールのschooでは、プログラミングやデザインといったITに関する講座も多数公開されています。HTMLの関する講座もあるので、自宅で自分のペースで勉強したい人に適した学習サービスです。

講義は、生放送のものか録画した映像を視聴することができます。無料会員の場合、映像視聴は1ヶ月1本ですが、月980円の有料会員になると無制限に映像を見ることができます。

ドットインストール

ドットインストール

3分動画でマスターするプログラミングサイトとして有名なドットインストール。HTML入門は、全24回となっており、HTMLの基礎の考え方から、HTMLのコードを実際に書いてみる実践まで包括しています。

1本の動画が3分と手短なのが特徴。自分のペースで学習することができるのが嬉しいですね。無料会員でも、HTML入門の動画は全て見る事ができます。月額980円のプレミアム会員に加入すると、文字起こしテキストを見る事ができたり、ソースコードが閲覧できるようになります。

KEN スクール

KENスクール

パソコンスクールであるKENスクールでは、Webデザイン・制作に関連する多様なプログラムが提供されています。HTML/CSSクラスでは、基本コーディングの知識を身につける事ができます。

未経験者をプロに育てるのを強みとしており、就職や転職のサポートも充実しています。キャリアアップとしてHTMLを学習したい人には心強いはずです。

Web塾超現場主義

スクールWeb塾現場主義

マンツーマン講座を強みとしているスクールWeb塾現場主義。まずは、体験講座を試してみて、カウンセリングを受け、どの講座を受講するのか決めるスタイルです。「何がしたいのか、何ができるようになりたいのか」という学習者の希望から学ぶべき事をカスタマイズしてもらえます。HTMLの講座もしっかり揃っています。

短期間で、効率よく学習を進めたいのであれば、マンツーマンで教えもらえるのは、大きな利点ではないでしょうか。

TECH ACADEMY

TECH ACADEMY

オンライン学習サービスのTECH ACADEMYでは、HTMLのみのコースはありませんが、HTMLを含んだ多様なコースが用意されています。例えば、jQueryを使ってWebサービスを開発することを目的としたフロントエンドコースや、Ruby on Railsを学ぶWebアプリケーションコースにHTMLのカリキュラムが含まれています。

4週間プラン、8週間プラン、12週間プランがあり、自分のスケジュールに合わせて学習スケジュールを選ぶことができます。

Codecademy

Codecademy

アメリカのプログラミング学習サイトCodecademy。こちらは、実際にコードを打ちながら、実践的に勉強を進めていくスタイルです。HTMLやCSSを始め、多種多様なコースが取り揃えられています。HTMLを学んだ後は、「Make a website」をいうコースが用意されています。このコースでは、学んだHTML とCSSの知識を使って少しずつWEBサイトを作っていく、という流れになっています。

HTMLは、ベースが英語となっているので、英語で勉強すると、より効率よく勉強ができるはずです。codecademyは、無料で利用し始めることができ、コースによっては有料となります。HTMLを一から勉強したい人だけではなく、コーディングの練習をしたいという人にもオススメです。

W3Schools

W3Schools

完全に無料でHTMLを学習できるサイトが、W3Schoolsです。こちらも英語サイトになりますが、HTMLの基礎がしっかりと説明されており、サンプルコードを用いて、習ったHTMLの要素を試してみる事ができるようになっています。

各コースの最後にはクイズが用意されており、理解度を確認することができます。W3Schoolには、参考になるコードが沢山紹介されています。W3Schools以外の他の方法でHTMLを勉強する場合でも、W3Schoolは参照ウェブサイトとして知っておくと便利ですよ。

HTMLは、プログラミングでは基礎となる大事な言語です。自分に合った学習サービスを使って勉強を進めてみてはいかがでしょうか。

Code部では、【レベル別】HTMLの学習に役立つサイト8選をまとめましたので、合わせてご覧頂くとHTMLへの理解を深めるようなサイト、サービスに出会えるかと思います。

Ayumi
ライター
Ayumi

関連記事