教育現場におけるARの活用方法とARゲームによる影響とは?



教育現場におけるARの活用方法とARゲームによる影響とは?

教育技術に関する技術を配信している「EdTechReview」は、ARを用いた教育活用方法を自社のメディアにて掲載。ARを活用することでスマート端末上にオブジェクトを開示して、生徒に視覚的学習を提供します。

ARは、バーチャルな物体を使用することのできる技術。端末画面を介して現実世界に、オブジェクトを投影することができます。ということはつまり、現実と非現実世界の差を、ユーザーに感じさせないということ。このAR技術は、実はたくさんの会社に採用されています。

image

目次
  1. 教育現場におけるARの現状と存在
  2. 各教育分野における、4つのAR活用方法
  3. ARゲームの評価と影響力

教育現場におけるARの現状と存在

2010年にAR研究者たちは「ARは素晴らしい能力を持ち、その才能や実績は現実社会に結びつく発見です」と、コメントしました。ARは教育やビジネスなど様々な環境で利用可能です。最近は、さらにAR技術が発達し、モバイル端末やタブレット、その他ワイヤレス端末を利用し重要な役目を担っています。

多くの教授や教育者は、天文学や科学、生物、物理においても、ARを取り入れつつあります。さらに、子供から中等・高等教育においても同様です。実際、AR体験は学習にとても役立ちます。しかし、まだわずかな学校にしかこの技術は採用されていません。ある研究結果で、ARが教育現場に公認されない理由は、政府からの経済支援問題だと挙げられています。

数十年前から、たくさんの研究者はアプリを開発し続け、教育現場でのARの使用を推奨。これらの発達し続ける発明は、教育の質を高め、さらに効率を上げることに貢献しています。ARは、非常に効果的な技術で、大学でも使用。ARアプリを使った生徒は、複雑な分野においても知識や技術を高めることが可能です。

各教育分野における、4つのAR活用方法

image 1. 天文学

主に太陽と地球の関係の学習にARは使用されています。デバイス画面上で3Dで太陽と地球の姿をARで拡張。
  1. 科学

    教員がARを使い、分子や原子の実験を行います。

  2. 生物学

    教員がARを活用して生徒へ人体模型や、解剖学を見せます。生徒は臓器の違いや、3Dでどのように見えるか体験可能。生徒自身で端末を操作し、学ぶことも可能です。

  3. 物理学

    ARの応用が最適だと言えます。AR技術を使えば、様々な運動学的特性を簡単に理解できるでしょう。

ARゲームの評価と影響力

image

ARは、ゲーム界においても最適です。2010年のホライズンレポートでは、「ARゲームは現実と非現実をつないで見せ、新しい画期的な方法を築いています」と、評価されました。

ARゲームは目的に合わせ、ユーザーがバーチャルの世界と融合する手助けをします。現実世界にいながら問題を解決しつつ、特別なARの世界に入ることができるのです。

記事寄稿:GETAR

記事URL:小学生から使える!Google Tango対応スマホで開発した「AR煙疑似体験アプリ」

image

関連記事

GET AR
この記事を書いた人
GET AR
\ 無料体験開催中!/自分のペースで確実に習得!
オンライン・プログラミングレッスンNo.1のCodeCamp